結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  > 結婚式でのご祝儀のマナー

結婚式でのご祝儀のマナー

結婚式に招待された際、意外と悩むマナーがご祝儀に関するもの。

どのくらいの金額を包めば良いの?ご祝儀袋はどんなものを選べば良いの?欠席する事にしたけどご祝儀はどうするの?などなど。

今回は、そんなあなたのお悩みを解決するために、結婚式でのご祝儀について様々なマナーを紹介します。

ご祝儀の金額はどのくらい?

初めて招待された方は悩みどころ。まずはご祝儀の金額について紹介します。

友人へのご祝儀は3万円が基本!?

友人へのご祝儀金額は3万円が基本相場です。ただし、社会人になりたての20代の方は2万円でも大丈夫です。

もし2万円にするか3万円にするか迷った場合は、同じような立場の友人や同僚とよく相談すると良いでしょう。相談相手がいないのであれば、あとで後悔しない安心料と割り切り高い金額を選ぶとよいでしょう。

結婚式へ夫婦で招待された場合の金額は?

1人分の額を基準に、奇数の額を考えます。

1人で出席していた時は、友人や会社の同僚の結婚式で、だいたい2~3万円でした。夫婦での出席の場合は、1人分の2倍に近い奇数額を包むのが良いとされています。

友人や会社の同僚の結婚式に、夫婦で出席する際には5万円を包むことが多く、兄弟姉妹や親戚の結婚式に出席する際には、10万円がご祝儀の金額の目安となるようです。

ご祝儀に適さない金額

4万円は「死」、9万円は「苦」を意味する凶数なので絶対にやめておきましょう。

8万円は偶数ですが、「末広がり」の意味でご祝儀に使用される事も多いようです。

いとこなどの親族へのご祝儀や、世代別・地域別のご祝儀相場について、以下の記事が参考になります。

ご祝儀袋の選び方

最近のご祝儀袋は種類も様々です。また百貨店以外にも、コンビニや100円ショップ、駅構内の売店でも購入できるなど便利になりました。百貨店や専門店では、購入時に店員さんに相談する事もできますが、そうでない時のために、基本的なご祝儀袋の選び方を覚えておきましょう。

ご祝儀袋の水引は「結びきり」のものを選ぶ!

ご祝儀袋を選ぶ際に、絶対に間違えてはいけないマナーです。

結びきりの水引は、ほどけない事から「二度と繰り返したくない」という意味があり、何度も繰り返したくない結婚祝いに使われます。蝶結びの水引のものを選んではいけません。

結婚祝い用の一般的なご祝儀袋に使われている、あわじ結びは結びきりの応用です。

結びきり(真結び・結び留め)

水引:結びきり(真結び・結び留め)

あわじ結び(あわび結び)

水引:あわじ結び(あわび結び)

蝶結び(花結び)

水引:蝶結び(花結び)

水引の色について

慶事用の色である「金銀」「赤白」「金赤」を選びましょう。この中でも「金銀」は慶事用でもっとも格上のものです。

水引については、以下の記事が参考になります。

包む金額とご祝儀袋の「格」を合わせること!

ご祝儀袋を数多く取り揃えているお店に行くと、シンプルなものから豪華な飾りが付いているものまで様々な種類があります。

ご祝儀袋を選ぶ際は、包む金額にふさわしい袋を選ぶことが大切です。

「豪華な袋で中身が少ないことをごまかす」という考え方は、ご祝儀袋の選び方としてはマナー違反です。中身に合ったご祝儀袋を選ぶようにしましょう。

友人へのご祝儀(2万円、3万円)に適したご祝儀袋

サイズ:9cm×18cm。友人の結婚式に適したご祝儀袋です。

友人の結婚式に適したご祝儀袋

参考画像提供・アドバイス:結納屋さん

今回は、友人の結婚式で2~3万円を包む際のご祝儀袋を紹介しました。その他の金額に適したご祝儀袋の選び方については、以下の記事が参考になります。

スポンサーリンク

ご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋の表書きには、贈る趣旨を伝える「上書き」と贈り主の名前を書きます。

結婚祝いの基本は「寿」

結婚祝いの上書きで、もっとも一般的なものは「壽」「寿」です。ちなみに「寿」は略式です。

最近のご祝儀袋には、「寿」「壽」といった上書きが既に印刷されているものが多いので、自分で書く必要はないでしょう。

名前の書き方

名前は名字だけでなく姓と名を書きます。

稀に「誰の名前を書くの?」と迷う方もいらっしゃいますが、ご祝儀袋に書く名前は、ご祝儀の贈り主である「あなた」の名前を書きます。

個人の名前の書き方の見本

ご祝儀袋の書き方(個人の名前)

ここに注意!個人の名前の書き方

名前を書く際は以下の事に注意しましょう。

  1. 名前は楷書で丁寧に
  2. 袋や水引きとのバランスを考えて
  3. 文字の大きさもバランスよく。文字数が多い場合は要注意
  4. 名前の書き始めが上過ぎて水引きにかからないように

名前を書くときの書体について
相手に礼を尽くすために、楷書で丁寧に書きましょう。昔は、目上の人には楷書、友人や同僚には行書、目下の人には草書で書きました。ただし現在では、全て楷書で読みやすく丁寧に書くことが基本となっています

基本は毛筆。ボールペンはNG

結婚式でのご祝儀袋に表書き(名前)を書く場合は、原則として毛筆で書きます。もちろん便利な筆ペンで書いても大丈夫ですよ。しかし、手軽・便利ということで万年筆やボールペンで書くのはマナー違反です。

筆の場合でも筆ペンの場合でも、色は黒で書きます。特に結婚式などのお祝い事では、濃い黒を用います。

夫婦などの連名や会社として贈る場合などの書き方については、以下の記事が参考になります。

中袋の書き方

ご祝儀袋に同封されている中袋の表側には金額を書きます。そして裏側には住所と名前を書きます。

金額は旧字体で書くのが正式なマナー

ご祝儀袋の中袋に金額を記入する場合は、「旧字体」で書くのが正式マナーです。ただし、「絶対に旧字体で」という程でもなく、略式で書いても構いません。

例えば、結婚式のご祝儀でよく包まれる金額「三万円」はこのように書きます。

30,000円(三万円)

中袋の書き方の見本

ご祝儀袋の中袋(内袋)の書き方

中袋に記入欄が印刷されている場合

既に記入欄が印刷されている中袋もあります。その際は、記入欄をもとに各項目を記入します。記入欄が横書きの場合は、金額や郵便番号など数字の記入は算用数字で大丈夫です。

3万円以外の金額の書き方や、その他の中袋に関する書き方マナーについては、以下の記事が参考になります。

お金の入れ方について

中袋へのお札の入れ方やご祝儀袋(上包み)の包み方を紹介します。

お札は新品のお札を!

結婚式は慶事なので新品のお札を準備しましょう。中袋へ入れる際は、しっかりと揃えて入れましょう。

お札の向きについて

中袋へのお金の入れ方(お札の向き)ですが、お札の表側(肖像画がある方)が中袋の表側に向くように、また肖像画が上に来るようにしてお札を入れます。

中袋へのお金の入れ方

ご祝儀袋(上包み)の包み方

結婚式などの慶事は「嬉しくて万歳をする(上を向く)」という風に覚えて、上、下の順で折り、下の折り返しが上を向くように折るという事を間違えないように気をつけましょう。

横からみた祝儀袋

お金の入れ方やご祝儀袋(上包み)の包み方について、以下の記事では動画付きで詳しく解説しています。参考にしてください。

ご祝儀の渡し方

本来は挙式前に新郎または新婦の自宅まで直接届けるのが正式なマナーでしたが、最近は、結婚準備で忙しい新郎新婦の事を考え、挙式や披露宴に招待されている場合は、当日にご祝儀を持参し受付にて渡すのが一般的になっています。

受付でのご祝儀の渡し方

受付では「本日はおめでとうございます」といった、お祝いの言葉を述べ、祝儀袋を袱紗から取り出し受付係に渡します。スマートに袱紗からご祝儀を渡す方法は、この記事の「袱紗からの正しいご祝儀の渡し方」にて動画付きで紹介していますので参考にしてください。

事前にお祝いを贈っている場合
事前にお祝いを贈っている場合は、受付時に「お祝いは先日お届けいたしましたので」と、一言伝えれば良いでしょう。

披露宴に欠席する場合のご祝儀の金額と渡し方

披露宴に出席しない場合は、ご祝儀相場の3分の1から半額程度の金額を贈るのが一般的です。もしあなたが3万円を渡そうとしていたのなら、1万円程度の金額となります。

この場合は、披露宴の1週間ほど前までに相手の家に持参するか、現金書留で郵送します。

出席から急きょ欠席となった場合

結婚式の直前になり、急きょ欠席する事となった場合は、迷惑料も考え、結婚式当日に持参する予定だった金額をご祝儀とし、後日相手の家に持参するか現金書留で郵送します。もしあなたが3万円を渡そうとしていたのなら、そのまま3万円をお祝いとして渡すのがマナーです。

持参する場合、郵送する場合とも、お祝い金は必ずご祝儀袋に入れます。

持参するのが正式
持参して、こちらの気持ちを直接伝える事が正式ですが、どうしても伺えない場合は郵送します。

郵送の際は、現金書留の封筒に入れますので、祝儀袋も折れてしまわないよう小さめのものを用意すると良いでしょう。お祝いの手紙も同封すると丁寧です。結婚式に出席する際と同様、ご祝儀袋の表書きや中袋への記入を忘れずに行ないましょう。

袱紗の基本マナー

袱紗とは、小さな風呂敷のような布のことです。最近では、札入れのような簡易型の「金封ふくさ」といったものもあります。ご祝儀袋を持参する際は、「ご祝儀を汚さない」という意味でも、ふくさに包んで持参しましょう。

結婚式に適した袱紗の選び方

結婚式では「赤色」や「紫色」などの赤系統(暖色系)のものを使用するようにします。とくに「紫色」のふくさは、結婚式などのお祝い事、弔事の両方で使用できますので、持っていると便利ですし、赤やピンクといった他の暖色系のものに比べ、女性っぽいイメージもありませんので男性に最適です。

袱紗への入れ方

袱紗を左手で持った際に、右開きとなるようにします。

簡易型の袱紗への入れ方

出典:www.youtube.com

袱紗からの正しいご祝儀の渡し方

受付では、持参した袱紗を開いてご祝儀袋を取り出し、両手でご祝儀袋を渡します。結婚式などの慶事では袱紗は右側に開きます。

渡す際は、ご祝儀袋の文字を受付の方が読めるよう向きを整えて渡します

出典:www.youtube.com

袱紗の選び方や売っている場所、ハンカチでの代用方法や簡易タイプ以外の包み方など、袱紗についての詳細については、以下の記事を参考にしてください。

【文】GoGoWedding編集部

結婚式でのご祝儀のマナー:記事一覧

このページの先頭へ