結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚式でのご祝儀袋と中袋の書き方(金額や夫婦・連名など)

結婚式でのご祝儀袋と中袋の書き方(金額や夫婦・連名など)

結婚式のためにご祝儀袋も購入。
さて、自分の名前などを書こうと思ったあなた、ご祝儀袋やその中袋の正しい書き方については大丈夫ですか?

今回は結婚式における、ご祝儀袋や中袋の書き方を紹介します。

結婚式での表書き(上書き)について

ご祝儀袋の表書きには、贈る趣旨を伝える「上書き」と贈り主の名前を書きます。

結婚祝いに使われる祝儀袋には、「寿」「壽」といった上書きが既に印刷されているものが多く、自分で書く必要はありません。

結婚祝いでの表書き(上書き)の例

自分で書く際の参考に、結婚祝いで使われる上書きを紹介します。

  • 寿
  • 祝御結婚
  • 御結婚御祝

もっとも一般的なものは「壽」「寿」です。ちなみに「寿」は略式です。

四文字の「祝御結婚」は、死文体といって嫌う人もいます。「祝御結婚」を使う場合は、「祝」の文字を少し大きめに書くか、やや離して書くようにします。

上包みへの名前の書き方

名前は名字だけでなく姓と名を書きます。

稀に「誰の名前を書くの?」と迷う方もいらっしゃいますが、ご祝儀袋に書く名前は、ご祝儀の贈り主である「あなた」の名前を書きます。

豪華な水引や檀紙など細かい凸凹がある祝儀袋には、「壽」などの上書きが印刷された短冊が付いています。この場合は名前を短冊に記入します

個人の名前の書き方の見本

ご祝儀袋の書き方(個人の名前)

ここに注意!個人の名前の書き方

名前を書く際は以下の事に注意しましょう。

  1. 名前は楷書で丁寧に
  2. 袋や水引きとのバランスを考えて
  3. 文字の大きさもバランスよく。文字数が多い場合は要注意
  4. 名前の書き始めが上過ぎて水引きにかからないように

名前を書くときの書体について
相手に礼を尽くすために、楷書で丁寧に書きましょう。昔は、目上の人には楷書、友人や同僚には行書、目下の人には草書で書きました。ただし現在では、全て楷書で読みやすく丁寧に書くことが基本となっています

中袋(中包み・内袋)の基本的な書き方

ご祝儀袋に同封されている中袋(中包み・内袋)の書き方を紹介します。

中袋の表側には金額を書きます。そして裏側には住所と名前を書きます。住所を書く際は、郵便番号やマンション・アパート名も書いておくと親切です。

中袋の書き方の見本

ご祝儀袋の中袋(内袋)の書き方

金額は表側の中央に縦書きで書きます。

もしあなたが3万円を包むとしたら、「金参萬円」と書きます。
「金」という文字と金額は少しだけ離して、数字は、1は「一」「壱」、2は「ニ」「弐」、3は「三」「参」といった漢字で書きましょう。

中袋への金額は旧字体で

ご祝儀袋の中袋に金額を記入する場合は、「旧字体」で書くのが正式マナーです。ただし、「絶対に旧字体で」という程でもなく、略式で書いても構いません。

結婚式でよく使う金額の旧字体漢字一覧

略式、正式(旧字体)での金額の書き方を表にまとめました。参考にしてください。

ご祝儀袋の中袋への金額の書き方
金額略式正式(旧字体)
5,000円金五千円金伍阡円
10,000円金一万円金壱萬円
20,000円金二万円金弐萬円
30,000円金三万円金参萬円
50,000円金五万円金伍萬円
100,000円金十万円金拾萬円

金額の漢字を大きなサイズで見たいという方は「三万円はどう書く?旧漢字(大字)の書き方」を参考にしてください
※三万円以外も紹介してます

中袋に記入欄が既に印刷されている場合(横書きなど)

コンビニなどで購入できるご祝儀袋に同封されている中袋には、既に住所や氏名、金額を記述する欄が印刷されているものがあります。

今回ご紹介した書き方と異なり、表側に住所と氏名、裏側に金額を記述する場合のものもあります。その際は、記述欄をもとに各項目を記入しましょう。

裏側に金額欄だけが印刷されているものもあります。その場合は、記述欄に金額を書き、余白に住所などを記入すると良いでしょう。表側にも改めて金額を書く必要はありません。

印刷されている欄が横書きの場合
中袋に印刷されている記入欄が横書きの場合は、金額や郵便番号など数字の記入は算用数字で大丈夫です

「也(なり)」は、付けても付けなくても良い

「金○○円也」のように「金○○円」の後、"也"付けるか付けないか迷われる方も多いかと思います。昔からの正式なマナーは「也」を付けるようですが、最近では付けなくても間違いではありません。

著名なマナー講師の方々が監修している書籍では「也」は付いていません。

「也」を付ける?付けない?
「也」を付ける付けないについて調査しました。興味がある方は「金参萬円に「也」は必要か不要か」という記事を参考にしてください

ご祝儀袋の包み方(上包みの折り方)や中袋へのお金の入れ方については、以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ご祝儀袋の書き方(個人名以外の書き方)

複数名や会社名義で御祝儀を出す場合といった、個人の名前以外の書き方について紹介します。

ご祝儀袋の書き方(夫婦連名の場合)

夫婦で結婚式に出席される方も多いと思います。

夫婦連名の場合は、まず夫の名前をフルネームで中央に書き、その左側に妻の名前(妻は名だけ)を書きます。夫の名の位置にそろえて書きましょう。

あっ、間違えて新郎新婦の名前を書かないように...。

夫婦連名の書き方の見本

ご祝儀袋の書き方(夫婦連名の場合)

ここに注意!夫婦連名の書き方

名前を書く際は、以下の事に注意しましょう。

  1. 夫婦連名の場合、妻は姓は書かず名のみ

ご夫婦で出席する場合のご祝儀金額についてお悩みの方は、「結婚式に夫婦で招待された際のご祝儀について」という記事を参考にしてください

ご祝儀袋の書き方(連名:3人までの場合)

複数の方が連名でご祝儀を贈る場合の書き方です。

贈り主が3人までの場合は、贈り主の中で格上、年長の順に、右から左に並べて書きます。同格の場合は、五十音順に右から左に並べて書きます。文字の大きさは全員同じにしましょう。

連名:3人までの書き方の見本

ご祝儀袋の書き方(連名:3人までの場合)

ご祝儀袋の書き方(連名:4人以上の場合)

贈り主が4人以上の場合は、まず代表者の氏名を中央に書き、その左側に「外一同」と書きます。「外一同」の文字は、代表者と同じか少し小さめに書きましょう。

連名:4人以上の書き方の見本

ご祝儀袋の書き方(連名:4人以上の場合)

贈り主全員の名前は、奉書紙もしくは和紙に書いてご祝儀袋の中に入れます。
まず紙の中央の上段に「寿」と表書きをします。そして下段に全員の氏名を書きます。格上、年長の順に右から左に並べて書きます。同格の場合は、五十音順に右から左に並べて書きます。文字の大きさは全員同じにしましょう。

連名(4人以上)の場合:贈り主全員の名前の書き方

ここに注意!連名の場合の書き方

連名で書く際は、以下の事に注意しましょう。

  1. 連名の場合、贈り主の氏名を書く順番に要注意

ご祝儀袋の書き方(会社名入りの場合)

おつきあいが浅く、名前だけでは判断できない場合など、表書きに会社名や肩書きを入れることがあります。
この場合は、名前の右側に少し小さめの文字で会社名などを書きます。

会社名入りの書き方の見本

ご祝儀袋の書き方(会社名入りの場合)

ご祝儀袋の書き方(会社名入りで連名の場合)

会社名を入れ、複数の方が連名でご祝儀を贈る場合の書き方です。
まず代表者の氏名を中央に書きます。そして、その左側に「外一同」と書きます。「外一同」の文字は、代表者と同じか少し小さめに書きましょう。名前の右側に少し小さめの文字で会社名を書きます。

会社名入りで連名の書き方の見本

ご祝儀袋の書き方(会社名入りで連名の場合)

ご祝儀袋の書き方(宛名入りで連名の場合)

ご祝儀袋の左上に宛名を書いた場合について紹介します。
宛名はご祝儀袋の左上に敬称付きで書きます。宛名入りの場合、通常の連名の書き方とは異なり、宛名に近い方が格上となるため、格上、年長の順に左から右に並べて書きます。同格の場合は、五十音順に左から右に並べて書きます。文字の大きさは全員同じにしましょう。

宛名入りの書き方の見本

結婚式でのご祝儀袋の書き方(宛名入りで連名の場合)

ここに注意!会社名入りや宛名入りの場合の書き方

会社名入りや宛名入りで書く際は、以下の事に注意しましょう。

  1. 会社名を入れる場合、名前の右側に少し小さめに
  2. 宛名を入れた連名の場合、贈り主の氏名を書く順番が通常の連名と異なるので注意

基本は毛筆。ボールペンはNG

結婚式でのご祝儀袋に表書き(名前)を書く場合は、原則として毛筆で書きます。もちろん便利な筆ペンで書いても大丈夫ですよ。しかし、手軽・便利ということで万年筆やボールペンで書くのはマナー違反です。

筆で書くことがどうしても苦手という人は、黒のサインペンで書くと良いでしょう。最近は筆風サインペンという、サインペンの感覚に近い文具もあります。毛筆が苦手な方は利用してみてはいかがでしょうか。

なぜボールペンはダメなの?
ボールペンは事務用の筆記用具です。結婚祝いなど、儀礼的な場合には使わないようにします

文字の色は黒。結婚式などのお祝い事では濃い黒を

筆の場合でも筆ペンの場合でも、色は黒で書きます。特に結婚式などのお祝い事では、濃い黒を用います。

なぜ慶事は濃い墨、弔事は薄い墨?
表書きを書く際は、結婚式などの慶事は濃い墨、葬式などの弔事は薄い墨で書くのが良いとされています。弔事では「涙で墨も薄くなった」や「墨を磨る時間も惜しんで駆けつけた」といった意味から、薄い墨で書くのがよいとされていますが、結婚式は、喜びごと祝いごとである慶事。なので濃い墨、濃い黒の毛筆や筆ペンを用いて記入しましょう

上手でなくとも構いません。丁寧に書きましょう

ご祝儀袋に書く名前は上手でなくても大丈夫です。ただし、心をこめて丁寧に書くようにしましょう。

どうしても苦手という方は、デパートなどでご祝儀袋を購入した際、名前を代わりに書いてくれる代筆サービスを利用すると良いでしょう。

うっかりミスをなくすために、中袋に金額をちゃんと書こう

お金の入れ忘れという単純ミスを防ぐためには、ご祝儀袋に氏名などを書く前に、中袋に金額などを先に書くようにすると良いでしょう。

ご祝儀袋に氏名を丁寧に書き、ほっとしてお金を入れ忘れる...。
そんな事がないようにまず中袋の記入をしましょう。

中袋に住所、氏名、金額が書いてあると、新郎新婦側としては整理しやすい

中袋に住所、氏名、金額がちゃんと書いてあると、いただいた側が整理する際にとても助かります。

私自身、結婚式にたくさんの方に出席していただいたので、あとで確認する際に中袋に金額などが書いてあると、とても助かりました。(特に金額と氏名ですね)

先方が整理しやすいという意味でも、中袋には住所、氏名、金額を記入するようにしましょう。

ご祝儀袋の包み方(上包みの折り方)や中袋へのお金の入れ方については、以下の記事を参考にしてください。

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ