結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > ご祝儀袋の包み方と中袋へのお金の入れ方

ご祝儀袋の包み方と中袋へのお金の入れ方

さあいよいよ結婚式も近づき、ご祝儀の金額に適したご祝儀袋も購入し、水引をいったん外してご祝儀袋を開き、お金を入れようと思ったあなた。

中袋へのお金の入れ方や、ご祝儀袋の正しい包み方(たたみ方)は大丈夫ですか?結婚式、つまり慶事用の正しいご祝儀袋の包み方(たたみ方)と、中袋へのお金の入れ方をご紹介します。

まだご祝儀袋を購入されていない方は、結婚式でのご祝儀袋の選び方という記事を参考にしてください。

ご祝儀袋の中袋へのお金の入れ方

最近のご祝儀袋には袋タイプの中袋がだいたい付属しています。コンビニやスーパーで購入できるご祝儀袋には、必ず封筒型の中袋が付いていると思います。

結婚式は慶事なので新品のお札を準備します。そしてお札をそろえて中袋に入れます。

ポイント
まれに、祝儀袋内に台紙のような厚紙が入っている場合があります。これは商品(祝儀袋)の型崩れを防ぐためのものです。使用時に厚紙は抜いてください。

中袋に入れる際のお札の向き

中袋へのお金の入れ方(お札の向き)ですが、お札の表側(肖像画がある方)が中袋の表側に向くように、また肖像画が上に来るようにしてお札を入れます。

ポイント
基本的にお金を入れた後に中袋への糊付けは不要です。ただし金額が多い場合には、糊付けをする事もあります。

中袋へのお金の入れ方

※肖像画が上に来るよう入れる、肖像画側を先に入れるなど、地域により一部内容が異なる場合があるようです。

中袋に金額を書く際は、旧字体で書くのが正式マナーというのはご存知ですか?
詳しい書き方については、以下の記事を参考にしてください。

一般的に、結婚式でのご祝儀の金額は三万円が相場といわれています。友人の結婚式の場合では、二万円でも失礼ではありません。ご祝儀を二万円か三万円かで悩んでる方には、以下の記事が参考になります。

中袋が無いもしくは、包み紙(中包み)タイプの場合

フォーマル専門店等で取り扱っているご祝儀袋(特に高額なご祝儀を入れるもの)などでは、中袋ではなく中包みタイプの場合があります。

結婚式といった慶事での中包みの正しい包み方は、三角の部分が左上と左下になるようにします。中包みへのお金の入れ方については、以下の動画が参考になります。

出典:www.youtube.com

ポイント
中袋も中包みも付属していなかった場合は、奉書紙や厚手の半紙を用います。コピー用紙で代用しても構いません。

スポンサーリンク

ご祝儀袋の包み方(たたみ方)

お金を中袋や中包みに入れたら、開いたご祝儀袋(上包み)で包みます。たたんであったご祝儀袋をいったん開いたわけですから、ある程度の折り目は残っていますよね。それにあわせて順番に、マナーを守ってたたんでいきましょう。

» 開いた際に表書きが中央のご祝儀袋
» 開いた際に表書きが左側にあるご祝儀袋

表書きが中央のご祝儀袋の包み方

ご祝儀袋の包み方(表書きが中央の祝儀袋)

  1. ご祝儀袋を開いて裏返します
  2. ご祝儀袋の真ん中辺り(元の折り目を参考)に、中袋の裏側を上に向け(住所・名前が書いてある方を上にして)のせる
  3. 左側を真ん中へと折る
  4. 右側を真ん中へと折る
  5. 上側を真ん中へと折る
  6. 下側を真ん中へと折って完成

表書きが左側にあるご祝儀袋の包み方

ご祝儀袋の包み方(表書きが左側にある祝儀袋)

  1. ご祝儀袋を開いて裏返します
  2. ご祝儀袋の真ん中辺り(元の折り目を参考)に、中袋の表側を上に向け(金額が書いてある方を上にして)のせる
  3. 左側を真ん中へと折る
  4. 右側を真ん中へと折る(表書きが手前にきます)
  5. 裏返して上側を真ん中へと折る
  6. 下側を真ん中へと折って完成

ポイント
中袋の表側とご祝儀袋の表側は、同じ方向を向くように包みましょう。また、祝儀袋を横からみたとき、下からの折り返しが上になるように折りましょう。

横からみた祝儀袋

ご祝儀袋の包み方については、以下の動画が参考になります。

出典:www.youtube.com

上と下を間違えると大変なマナー違反!

結婚式は慶事なので上、下の順で折りますが、これが弔事だと下、上の順なのです。

結婚式などの慶事は「嬉しくて万歳をする(上を向く)」という風に覚えて、上、下の順で折り、下の折り返しが上を向くように折るという事を間違えないように気をつけましょう。

短冊を重ねて

ご祝儀袋には「寿」など文字が入った短冊のほか、無地のものが入っている場合があります。これは書き損じ用の予備ではなく、表書きの短冊の下に重ねるためのものです。「喜びが重なるように」という意味を表します。

ポイント
2枚の短冊を重ねる際には、バラバラにならないよう中央の1箇所など、目立たない場所をかるく糊で貼っておくと良いでしょう。

袱紗へのご祝儀袋の入れ方

結婚式当日に受付で渡すご祝儀は、袱紗(ふくさ)に包んで持っていくことが正しいマナーです。

結婚式などの慶事では、袱紗を左手で持った際に右開きとなるよう、ご祝儀袋を袱紗に入れます。以下の動画が参考になります。

袱紗(簡易タイプ)へのご祝儀袋の入れ方

出典:www.youtube.com

以下の記事では、慶事に最適な袱紗の選び方や包み方などについて詳しく紹介しています。参考にしてください。

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ