結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚祝いで選ぶ、ご祝儀袋(のし袋)の水引の結び方

結婚祝いで選ぶ、ご祝儀袋(のし袋)の水引の結び方

デパートのフォーマル売り場やネットショップ、最近ではコンビニなどでも取り扱っているご祝儀袋(のし袋)。いろいろな種類のものがあり、用途に応じて選ぶ事が大事ですが、結婚式に使うものでは特に水引の結び方は重要です。

今回は、結婚祝いのご祝儀袋を選ぶ際、”絶対間違えてはならない水引の結び方”についてお話します。

水引とは

水引は本来、和紙を細長く切ってよった「こより」を、米のとぎ汁ひいて乾かしてつくっていました。水のりを引くことから水引と呼ばれます。

水引の歴史

飛鳥時代、隋(中国)からの贈り物に、紅白の麻紐が結ばれていた事が始まりといわれており、この事がきっかけで、宮中への献上品は紅白の麻紐で結ぶ慣わしとなったとされています。

室町時代のころには、贈答用に細い帯紙が結ばれるようになり、江戸時代になると水引の色や結び方を、用途に応じて変えるようになりました。

水引の色について

水引の色には、「赤」「白」「金」「銀」「黒」「黄」などがあります。

結婚式のような慶事では、「赤白」「金銀」「金赤」を用います。

ピンクや黄緑などはダメ?
最近の華やかな祝儀袋には、ピンクや黄緑などの水引を用いたタイプも販売されています。しかし、あらたまった場面などでは、正式な水引の色を選ぶほうが良いでしょう。

水引の数

水引には本来、慶事での奇数、弔事での偶数という数のしきたりがあります。

吉は5本、7本、9本で、凶は2本、4本、6本でしたが、現在は吉凶(慶弔)とも5本になっている事が多いようです。

また本来は吉数の9本ですが、「苦」に通じるということで、婚礼では5本の倍である10本を用いることがあります。

結婚祝いに適した「水引」の結び方

ご祝儀袋には、水引の結び方にいくつかの種類がありますが、結婚祝いに適したものは、結びきりのものです。

結びきり(真結び・結び留め)

水引:結びきり(真結び・結び留め)

この結び方のものは、「一度きりで二度とあってほしくない事」に用いられます。
結婚は何度もあっては困るものですので、この結びきりの祝儀袋を用います。

あわじ結び(あわび結び)

水引:あわじ結び(あわび結び)

こちらは結びきりの応用版で、真結びの飾り結びです。縁起のよい"あわび"に形が似ていることから、結婚祝いでは、この結び方が使われます。

その他(輪結び・老いの波)

その他にも結びきりの一種の飾り結びで、結びきりの「切れる」ということを嫌って輪になっている輪結びや、目じりにしわができるまで添い遂げてほしいという意味がある老いの波という結び方があります。
どちらも結婚祝いの祝儀袋によく用いられます。

結婚祝いに適さない「水引」の結び方

祝儀袋の売り場には、水引が蝶結び(花結び)のものも多く取り扱っています。

蝶結び(花結び)

水引:蝶結び(花結び)

こちらは何度でも繰り返して(結びなおして)良いということで、出産や進学などといった「何度でも繰り返してよいお祝い事」に使用されるものです。

結婚は何度もあっては困るので、この水引は適しません。

祝儀袋を買う際は、絶対に間違えないようにしましょう。

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

このページの先頭へ