結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 二万円のご祝儀に関するお話

二万円のご祝儀に関するお話

20代の方々が、初めて友人や同僚の結婚式に招待された際のご祝儀・・・。悩みますよね。これ、私も悩みました。

何を悩んだかといいますと、ご祝儀を二万円にするか三万円にするかという事。
これ住んでいる地域によっても、意見が異なるんですよね。

今回は、この二万円のご祝儀についてお話を。

私は二万円のご祝儀にしたのであります

私が20代前半のころ、田舎の友人が若くして結婚をすることとなり、招待状が届きました。

初めての事でしたので、何がなんだか訳がわからず、同郷の友人たちと何回も何回も連絡を取り合い、服装はどうする?ご祝儀はどうする?などの相談をしました。

当時私は東京に住んでおりましたので、周りの知り合いに聞くと「友人のご祝儀は三万円だよ」との回答が多数。ところが田舎の友人たちは、全員「二万円でしょう」との事。一人だけ三万円というのも何かアウトローな感じでしたので、私も二万円をご祝儀として包みました。

二万円はご祝儀としてどうなのか

友人のご祝儀相場は、一般的に二万円から三万円と言われています。多くのマナー本でも、そのように書かれています。

なので二万円という金額は、当時20代前半だった事を考えれば、無理のない範囲の金額だったのかもしれません。

もし皆さんが二万円にしようか三万円にしようか迷った際は、あなたと似た立場の出席者(私の場合は同郷の友人たちでした)と、相談して決めると良いでしょう。

相談する人がいない場合は・・・
マナーデザイナーとして有名な岩下宣子先生が監修した書籍"冠婚葬祭しきたりとマナー事典"では、「二万円にしようか三万円にしようか迷った場合は、あとで後悔しないための安心料と考え高いほう(この場合は三万円)を選ぶと良いでしょう」と紹介されています。参考にどうぞ。

スポンサーリンク

祝儀袋に入れる際に悩んだ、二万円のお札偶数問題

ご祝儀の金額は二万円に決定したのですが、ここで新たな問題が。

ある友人が「偶数は割り切れるって事でいけないんだって」と連絡してきました。"偶数はダメだから一万円札を2枚ではなく、一万円札1枚と五千円札2枚を包む"というもの。そうなんだ・・・でも五千円も偶数では?あっ、偶数ってお札の枚数の話か・・・と思いつつ。

私は都内のデパートに祝儀袋を買いに行った際、フォーマルフロアの担当者の方に参考までに確認してみました。

その方の回答は「一万円札2枚で大丈夫ですよ」との事でした。

「でも、地域のしきたりや、新郎新婦のご家族の方で気になさる方がいらっしゃるかもしれないので、ご友人と合わせてみてはいかがですか」とアドバイスをいただいたので、結局友人たちと相談し、"一万円札1枚と五千円札2枚で二万円のご祝儀"という事になりました。

二万円は一万円札2枚で大丈夫?

様々なマナー本を確認しましたが、現在では一万円札2枚で大丈夫のようです。

かつては偶数を「割り切れる」という事でタブーとしてきたようですが、二(2)という数字に関しては、"夫婦"や"ペア"、"二重の喜び"などといった解釈をするようになり、気にされなくなってきたようです。八(8)も末広がりとの事で大丈夫。
しかし相変わらず、四(4)は"死"、九(9)は"苦"を連想させるということでタブーとされています。

五千円札2枚は一万円札がなかったと勘違いされる場合も・・・
マナーや作法で有名な近藤珠實先生は、ご自身の著書"冠婚葬祭・おつきあい大人のマナー事典"にて、「一万円札1枚と五千円札2枚だと、受け取った側が"一万円札がなかったのかな?"と、勘違いすることがあるため、一万円札2枚を入れたほうが良いでしょう」と解説されています。参考にどうぞ。

» ご祝儀袋へのお金の入れ方について

ご祝儀を二万円と、五~六千円のお祝いの品を贈るという方法も

二万円だと少ないし、三万円だと何か多いし・・・という事であれば、事前に五~六千円の品を結婚祝いとして贈り、ご祝儀は二万円を包むという方法もあるようです。

相談する人がいなくて迷いに迷った方は、このような方法を参考にしてみてはいかがでしょう。

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ