結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚式に夫婦で招待された際のご祝儀について

結婚式に夫婦で招待された際のご祝儀について

友人の結婚式や親族の結婚式に、夫婦で招待される方も多いことでしょう。
また、夫婦だけでなくお子さんも一緒に、家族みんなで招待される場合もあります。

今回は、そんな夫婦や家族で招待された際の、ご祝儀のマナーについて紹介します。

夫婦2人で招待された際のご祝儀の相場

夫婦2人で結婚式に招待された場合の、ご祝儀の相場について紹介します。

友人の結婚式の場合

自分の立場や、相手とのつきあいの深さを考慮する必要がありますが、基本的には「1人分の倍の金額」が、夫婦で招待された際のご祝儀金額の基準額になります。

友人の結婚式の場合、1人あたりの相場は2万円から3万円ですので、その倍の4万円から6万円が基準となります。しかし、結婚式のようなお祝い事では、「奇数吉、偶数凶」と言われ偶数は忌み嫌われることがあります。基準額に近い奇数、今回の場合では5万円をご祝儀とすることが一般的です。

夫婦で3万円じゃダメ?

そんなに深い関係でない場合は、3万円でも良いとされています。ただし基本的な考えは「1人分の倍の金額」です。この場合は3万円のご祝儀とは別に、1万円程度の品物を贈ると良いでしょう。

立場的に5万円では少ないような

友人よりあなたが先輩だったりすると、立場的に5万円では少ないような気が...と思う方もいらっしゃるようです。そんな場合は、5万円のご祝儀とは別に、1万円程度の品物を贈ると良いでしょう。

親族の結婚式の場合

親族の結婚式に夫婦で招待された場合も、基本的には「1人分の倍の金額」がご祝儀金額の基準となります。ただし、友人の時とは異なり、親族への1人あたりのご祝儀相場は3万円から5万円となりますので、夫婦で招待された場合は単純に6万円から10万円が基準となります。

お祝い事での「奇数吉、偶数凶」の考えから、親族の結婚式に夫婦で招待された場合は5万円か7万円、あなた方ご夫婦のほうが年代が上、もしくはとても仲が良い関係の場合は8万円か10万円が目安となります。

8万円は偶数、9万円は奇数では?偶数の中でも最近は、2は「夫婦やペア、二重の喜び」、8は「末広がり」との解釈から大丈夫となっています。9は「苦」を表すとされ、4「死」とともに現在でも凶数とされています。

5万円では少ない気が...

5万円では少ないけど、7万円以上は厳しい...という場合は、5万円のご祝儀と1万円程度の品物を贈るという方法も一般的です。

親族の場合はご両親に相談するという方法も

親族の結婚式では、ご親族間で何かご祝儀に関する決まり事が存在する場合があります。あなたの結婚式の際は、親族の間でこういう風にしていた...など、そのような事もふまえ、まずはご両親に相談すると良いでしょう。

夫婦のほか子供も一緒に招待された際のご祝儀の相場

お子さんも一緒に招待された場合のご祝儀はどうすれば良いのでしょうか。

夫婦のほか子供も一緒に招待された際は、夫婦プラス子供の分のご祝儀を贈ります。プラスする子供の金額は、子供の年齢によって異なります。

子供の年齢によるご祝儀の目安金額

  • 0歳から2歳:席・食事が不要なので、ご祝儀も必要ありません
  • 3歳から6歳:幼児用の食事等を考え5000円から1万円
  • 小学生:お子様用の食事を考え1万円
  • 中学生:食事により1万円から2万円
  • 高校生:大人と同様の食事と考え2万円

30代の夫婦2人と3歳と2歳の子供が2人で招待された場合
夫婦1人あたり3万円、子供の分1万円の計7万円のご祝儀。もしくは夫婦2人で5万円のご祝儀と、1万円相当のお祝いの品物を贈ると良いでしょう。

夫婦で招待された際のご祝儀袋の書き方

夫婦連名で記入する場合は、まず夫の名前をフルネームで中央に書き、その左側に妻の名前(妻は名だけ)を書きます。夫の名の位置にそろえて書きましょう。間違えて新郎新婦の名前を書かないように...。

ご主人を代表者として書く場合は、ご主人の名前を中央にフルネームで書きます。

夫婦連名の書き方の見本

ご祝儀袋の書き方(夫婦連名の場合)

代表者のみの書き方の見本

ご祝儀袋の書き方(代表者のみ)

ご祝儀袋には連名で書く?代表者の名前だけにする?

夫婦で招待された場合のご祝儀袋は連名にするのでしょうか、ご主人の名前だけにするのでしょうか。

この件に関しては、特に決まりごとはありません。夫婦連名でも代表者の名前だけでも大丈夫です。

とはいえ気になった内容ですので、参考までに調査してみました。

マナー関連の書籍にて

ほとんどのマナー関連の書籍は、この件について触れていません。「夫婦連名の場合は」と連名での書き方に関して紹介されているだけでした。

唯一、誠文堂新光社から出版されている「三越伊勢丹の最新儀式110番:こんなときどうする?冠婚葬祭」では、「夫婦の場合」として連名での記述を掲載していました。

また、オレンジページから出版されている「冠婚葬祭とおつきあい 新・大人のマナーブック」では、いろいろな場合の表書きの部分で、夫の氏名だけを書くか、右側に夫の氏名を書き、その左側に妻の名前だけを書くとの記載がありました。

マナー本での結論は、以下のとおりです。

  • 「三越伊勢丹の最新儀式110番」のみ、「夫婦の場合」として連名での書き方を紹介している
  • 「冠婚葬祭とおつきあい 新・大人のマナーブック」では、両方を紹介しているが特にこうするという理由は無し
  • その他のマナー本では、「夫婦連名の場合は」として連名での書き方を紹介しているが、夫婦の場合は連名で書くとは紹介していない

都内の百貨店にて

都内の百貨店に行く機会がありましたので、ご祝儀袋を取り扱っている店舗にて聞いてみました。

高島屋のブライダルサロンにて

高島屋のブライダルサロンの方に聞いたところ、「連名で招待状が届いた場合には、ご祝儀袋にも連名で記載された方が良いと思います」と教えていただきました。

三越伊勢丹の文具店にて

三越伊勢丹でご祝儀袋を取り扱っている文具店の方には、「特にルールはありません。お選びいただいたご祝儀袋の短冊の太さが太ければ連名、細ければ代表者という場合もあります」と教えていただきました。

夫婦で招待された際のご祝儀袋の書き方についての結論

調査した結果をもとに、まとめてみました。

  • 基本的には連名でも代表者のみでもどちらでもよい
  • 夫婦連名で招待状が届いた場合は、ご祝儀袋も連名で記入するのが良い
  • 購入したご祝儀袋の短冊の太さで、連名にするか代表者だけにするか選んでも良い

少々あいまいな感じのまとめ方になりましたが、参考にしてください。
今後「コレだ!」というものが見つかりましたら、改めて報告します。

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ