結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 招待状の返信はがきにメッセージを書こう

招待状の返信はがきにメッセージを書こう

皆さんは招待状の返信はがきに、お祝いのメッセージを書いていますか?
必ず書かないといけないという事ではありません。お祝いの気持ちや招待への感謝の気持ちを伝える意味で、ひとこと返信はがきに素敵なメッセージを書くと良いでしょう。

今回は、何を書いて良いか迷っている方のために、様々な返信メッセージの文例・例文を紹介します。

出席する際の返信メッセージ文例集

出席する際のメッセージを集めてみました。結婚をお祝いする言葉や招待してくれた事への感謝の気持ちなどを書くと良いでしょう。

新郎新婦が友人・同僚

学生時代の友達や、会社の同期、サークル仲間といった、親しい友人に最適なメッセージです。親しい関係であれば、面白い内容や少々くだけたメッセージにしても大丈夫です。

ご結婚おめでとうございます
お招きいただきましてありがとうございます
喜んで出席させていただきます

お招きいただきありがとうございます
お二人の晴れの門出に立ち合わせていただくことをとてもうれしく思っております
○○さん(ちゃん)の花嫁姿を楽しみにしています

この度はご結婚おめでとうございます
ご自慢のきれいな花嫁さんにお目にかかるのを大変楽しみにしています

ご結婚おめでとうございます
披露宴での○○さんの晴れ姿を楽しみにしております
末永くお幸せに

ご結婚おめでとうございます
慶んで出席させていただきます
当日を楽しみにしています

新郎新婦が上司・先輩

会社の上司や先輩、学生時代のお世話になった方など、目上の方に最適なメッセージです。失礼のないよう丁寧な文面にすると良いでしょう。

ご結婚おめでとうございます
慶んで出席させていただきます
お二人の晴れの門出を心よりお慶び申し上げます

ご結婚おめでとうございます
心からお祝い申し上げます
お二人のこれからのご多幸とご健勝をお祈りいたします

新郎新婦が身内・親族

いとこや姪といったに親族に最適なメッセージです。身内ですので、友人同様に面白く、少々くだけた文面でも問題ありません。

ご結婚おめでとうございます
当日を楽しみにしています
お手伝いできることがあったら何でも相談してくださいね

結婚おめでとう
いよいよ皆さんの前でお披露目ですね
○○ちゃんの花嫁姿を楽しみにしています

スポンサーリンク

欠席する際の返信メッセージ文例集

結婚式を欠席する際のメッセージを集めてみました。欠席する理由により注意点があります。

仕事や家族の行事で欠席する場合

どうしても都合のつかない仕事や家族の行事などが理由の場合は、できるだけ具体的に理由を書き添えるようにしましょう。しかし「多忙で」や「忙しくて」は失礼に当たるので使わないようにしましょう。

この度はご結婚おめでとうございます
あいにく長期の出張の予定があり欠席させていただきます
お二人の末永いお幸せをお祈りいたしております

お招きいただきありがとうございます
あいにく子どもの入学式と重なりますので欠席させていただきます
お二人のお幸せをお祈りします

ほかの結婚式と日程が重なったため欠席する場合

ほかの結婚式と重なった場合は、理由をはっきりと書かないようにしましょう。

この度はご結婚おめでとうございます
あいにく先約がございまして欠席させていただきます
末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます

弔事などの不幸と重なった場合や、病気、体調不良で欠席する場合

弔事などの不幸と重なったり、病気、けが、本人の体調が思わしくないなどの場合は、返信メッセージには理由をはっきりと書かないようにします。

この度はご結婚おめでとうございます
やむをえない事情があり欠席させていただきます
お二人の末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます

お招きいただきありがとうございます
あいにくはずせない用事がございますので欠席させていただきます
お二人のお幸せを心よりお祈りします

受付係や余興、スピーチの依頼があった際の返信メッセージ文例集

受付係や余興、スピーチの依頼は、事前に電話などで依頼があり、あらためて招待状に依頼状などが同封されて届くことが一般的です。

既に承諾していたとしても、大役を務める意気込みを、返信はがきにお祝いメッセージと共に記入して伝えると良いでしょう。

受付係を頼まれた場合

ご結婚おめでとうございます
お招きいただきましてありがとうございます
受付喜んでお受けいたします
○○さんの花嫁姿を楽しみにしています

この度はご結婚おめでとうございます
披露宴での○○さんの晴れ姿を楽しみにしております
受付喜んで務めさせていただきます

ご結婚おめでとうございます
受付がんばります
○○ちゃんの花嫁姿がとても楽しみです

余興を頼まれた場合

ご結婚おめでとうございます
ご自慢の花嫁さんにお目にかかるのを今からとても楽しみにしています
余興喜んでお受けいたします

ご結婚おめでとうございます
お招きいただきましてありがとうございます
余興の件お任せください

ご結婚おめでとうございます
お招きいただいて感激です
楽しい余興で祝福しますね

スピーチを頼まれた場合

ご結婚おめでとうございます
○○さんの花嫁姿を楽しみにしています
スピーチ喜んでお受けいたします

ご結婚おめでとうございます
お二人の晴れの門出に立ち合わせていただくことをとてもうれしく思います
スピーチがんばって練習しておきます

ご結婚おめでとうございます
素敵なスピーチを贈ります
自慢の花嫁さんに会うのがとても楽しみ

連名(夫婦・家族)で招待された際の返信メッセージ文例集

夫婦や家族ぐるみでお付き合いがある方には、連名で招待状が届く場合があります。お祝いの言葉とともに、誰が出席できるのかといった旨を書くと良いでしょう。

夫婦そろって出席

ご結婚おめでとうございます
夫婦そろって出席させていただきます
当日を楽しみにしています

ご結婚おめでとう
夫婦そろって出席させていただきます
○○ちゃんの花嫁姿を楽しみにしています

家族そろって出席

ご結婚おめでとうございます
家族そろって出席させていただきます
当日を楽しみにしています

ご結婚おめでとう
家族みんなで出席させていただきます
○○さんの晴れ姿がとても楽しみです

夫婦の片方が出席

ご結婚おめでとうございます
妻は所用のため
夫の○○のみ出席させていただきます

家族の代表だけが出席

ご結婚おめでとうございます
夫と娘は所用のため
妻の○○のみ出席させていただきます

夫婦そろって欠席

ご結婚おめでとうございます
あいにく先約がございまして欠席させていただきます
お二人の末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます

家族そろって欠席

ご結婚おめでとうございます
あいにくはずせない用事がございますので欠席させていただきます
末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます

連名で届いた招待状の返信についての詳細は、以下の記事を参考にしてください。

アレルギー欄について

最近は食物アレルギーの有無を確認する記入欄付きの返信はがきも多くなってきました。アレルギーが無い場合も記入するようにしましょう。

アレルギー無し

ご配慮ありがとうございます 特にアレルギーはございません

アレルギーあり

小麦アレルギーがあります ご面倒をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします

返信はがきでの食物アレルギー欄の書き方の詳細については、以下の記事を参考にしてください。

返信メッセージでのマナー

招待状の返信メッセージに関するマナーについて紹介します。結婚式招待状の返信全般の基本マナーについては、以下の記事を参考にしてください。

そもそもメッセージって必要?

返信するだけでも面倒なのに、欠席時はともかく出席時にもメッセージって必要?というあなた。もちろんメッセージを絶対に書かなければいけないという決まりはありません。しかしメッセージ欄があるにもかかわらず、空欄で返ってきたら新郎新婦は寂しいものです。

出席・欠席に丸印だけがされて送り返されるよりも、心のこもった祝辞が書いてあるだけで喜ばれますし、新郎新婦の思い出になるものです。

ぜひメッセージ欄もしくはハガキの余白に、お祝いのメッセージを添えるようしましょう。

あえて句読点を使わない

メッセージには「お祝い事には終止符を打たない」という意味で、あえて「、」や「。」といった句読点を使用せずに書くという方法が良いとされています。

ボールペンでも大丈夫です

返信はがきを記入する際に使用する筆記用具は、毛筆もしくは黒インクの万年筆が正式なマナーです。しかし、慣れていない細字のサインペンや水性ボールペンでも問題ありません。

シール等でおしゃれにデコレーションしても大丈夫?

最近の流行りから、かわいいシールで装飾したいという方も多いはず。返信はがきの宛先(宛名)が新郎新婦の場合には何も問題ありません。ただし、宛先が新郎新婦のご両親、つまり返信はがきがご両親のもとへ届くようになっている場合は、あなたがご両親と親しい場合を除き、あまりおオススメしません。

デコレーション同様、ハートマークやビックリマークをメッセージ内に入れる場合も注意が必要です。(シールよりは大丈夫だと思いますが念のため...。)

イラストやシールを使った返信での詳しいマナーについては、以下の記事を参考にしてください。

メッセージ欄がない場合の書く位置について

最近はメッセージ欄が初めから用意されていることが多いですが、もしメッセージ欄がない場合は返信ハガキの余白に書くと良いでしょう。詳しくは下記のイメージ図を参考にしてください。もちろん届いたハガキによって余白スペースの位置も異なりますので、あくまでも参考程度ということで。

縦書きハガキの場合

メッセージを書く位置についてのイメージ図(縦書き)

横書きハガキの場合

メッセージを書く位置についてのイメージ図(横書き:出席の場合)

メッセージを書く位置についてのイメージ図(横書き:欠席の場合)

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ