結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚式での男性の服装マナー

結婚式での男性の服装マナー

初めて結婚式に招待されたあなた。
「高校の同級生のアイツとは5年前の成人式以来だなぁ。あの時みたいに紋付き袴で出席してたっぷりお祝いしてやろう。おおおぅ!」って、ちょっと待った。

結婚式での服装にはマナーがあり、結婚式の時間帯や出席者の立場によって礼装を使い分ける必要があります。意外と面倒なようですが、ある程度の基本的なルールを覚えてしまえば、今後いろいろな結婚式に出席する際にも役立つことでしょう。

男性の基本的な服装マナーについて

初めて結婚式にお呼ばれされドキドキのあなた。まずは結婚式における男性の基本的な服装マナーを覚えましょう。

男性の服装は洋装が一般的です

男性の和装の礼装はたしかに紋付き羽織袴ですが、これは新郎もしくは両家の父親、媒酌人が着るのが普通。招待客の男性は、ブラックスーツなどの洋装のスタイルで出席するのが一般的です。

ブラックスーツは昼夜兼用なので便利です

女性同様、男性の服装も昼と夜では違いがあります。
招待客の服装としては、昼の結婚式の場合はディレクターズスーツ、夜の結婚式の場合はタキシードが準礼装となり基本となります。

もし、あなたが主賓クラスとして出席する場合は、これらの準礼装が良いでしょう。友人や会社の同僚の結婚式であれば、これらより格下の略礼装であるブラックスーツなら、昼夜関係なく着ることができるので便利です。
詳しくは「男性の洋装の礼装について」を参考にしてください。

「平服で」は略礼装でということ。普段着ではありません

招待状に「平服で」とあった場合は、「普段着で」ということではなく「略礼装で良いですよ」と捉えます。

この場合はブラックスーツや、濃紺やチャコールグレーなど、基本的に無地のダークスーツが良いでしょう。
レストランウェディングなどカジュアルな結婚式であれば、シャツやネクタイでアクセントをつけてみても良いでしょうね。

スポンサーリンク

ルールを覚えよう!男性の洋装の礼装について

男性は洋装が一般的となっています。結婚式での服装のマナーとして、男性の礼装のルールをご紹介します。

参考画像提供:プレット

正礼装

最も格の高い礼装が正礼装です。正礼装は主役である新郎や両家の父親、媒酌人が着用するものとなります。

上着 モーニングコート 昼の正礼装
昼の正礼装
ズボン グレーと黒、もしくは白と黒のストライプのズボン
シャツ ウィングカラーなどのシャツ
タイ シルバーグレー、もしくは白黒のストライプのタイ
上着 燕尾服 夜の正礼装
夜の正礼装
ズボン 上着と共布で、2本の側章が脇縫いの線に沿って入ったズボン
シャツ ウィングカラーなどのシャツ
タイ 白の蝶タイ

準礼装

正礼装に準ずる改まった装いが準礼装です。結婚式・披露宴に招待された場合の主流となるスタイルです。主賓クラスとして招待された場合は準礼装で出席するのが良いでしょう。

上着 ディレクターズスーツ 昼の準礼装
昼の準礼装
ズボン グレーと黒のストライプ、もしくは白の千鳥格子のズボン
シャツ ウィングカラー、もしくレギュラーカラーのシャツ
タイ シルバーグレー、もしくは白黒のストライプのタイ
上着 タキシード 夜の準礼装
夜の準礼装
ズボン 上着と共布で、側章が1本入ったズボン
シャツ ウィングカラー、もしくレギュラーカラーのシャツ
タイ 黒の蝶タイ

略礼装

格式ばらない結婚式・披露宴や二次会に招待された場合の主流となるスタイルです。「平服で」と断りがあった場合も略礼装が基準となります。友人や会社の同僚の結婚式などに一般招待客として出席する際に良いでしょう。

昼夜兼用 上着 ブラックスーツ 略礼装
略礼装
ズボン 上着と共布のズボン
シャツ レギュラーカラー、もしくはウィングカラーのシャツ
タイ シルバーグレー、もしくは白黒のストライプのタイ。夜は黒の蝶タイでタキシード風に

略礼装(カジュアルな結婚式・披露宴の場合)

昼夜兼用 上着 ブラックスーツ、濃紺やチャコールグレーなどのダークスーツ 略礼装(カジュアルな場合)
略礼装(カジュアルな場合)
ズボン 上着と共布のズボン
シャツ クレリックシャツなど
タイ 明るい色のタイをアクセントに

フォーマル専門店おすすめの結婚式コーディネート

初めての結婚式だったりすると、どんな服装が良いのか迷いますよね。
プレット様では、結婚式の着こなしコーディネートを大きな写真付きで紹介されています。初めての方、コーディネートに自信のない方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ