結婚式での女性の服装マナー!ゲスト・親族について画像で解説

結婚式での服装のマナー

結婚式に招待された女性ゲストの皆さん。

結婚式といったフォーマルの場では、時間帯や立場などを意識したファッションが求めれれます。でも何だか難しそうですよね…。

という事で今回は、結婚式にお呼ばれする女性(ゲスト・親族)の服装マナー&参考コーディネートを紹介します。

掲載画像について

結婚式でのスカート丈は、記事中でも紹介していますが「ひざ下丈」など長めの丈がマナーです。掲載画像ではモデルさんの身長等により「ひざ上丈」になっているものもあります。

また柄物のドレス等も紹介しておりますが、無地の方が格が高くなります。格式高い結婚式などでは無地のドレスがおすすめです。

あくまでも配色や小物との組み合わせといった、コーディネートの参考としてご覧ください。

スポンサーリンク

基本的な女性ゲストの服装マナー

白一色の服装は避ける

結婚式での服装ですが、女性の招待客は白一色のドレスは避けるのがマナー。

何故ならば、白は花嫁の色なのです。仲良しだから大丈夫...いや、ダメです。

また、白色以外でもライトがあたった時などに、ほとんど白一色に見えてしまうようなドレスも避けたほうが無難です。

黒一色は注意が必要

光沢のない黒一色のドレスは弔事を連想させるためNGです。

黒のドレスを着る場合は、光沢やラメ入りなど素材が華やかな雰囲気のものにすることが大切。さらに羽織りものやアクセサリー、バッグ、靴などで華やかさをプラスすると良いでしょう。

参考画像:黒のドレス

黒のドレス

出典:レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

参考画像:黒のドレス(ツーピース風)

黒のドレス(ツーピース風)

出典:レンタルドレスのワンピの魔法様

派手・奇抜すぎるデザインはNG

結婚式の主役は新郎新婦。その二人より目立つような派手で奇抜なデザインの服装は絶対にNGです。また、胸もとや背中の大きくあいたものは避けましょう。

幅広い年代の方々が集まる結婚式。肌の露出があまりにも多いドレスなどは「下品」と思われるかもしれません。

ノースリーブは大丈夫?

胸もとや背中が大きくあいているドレスは避けたほうが良いのですが、ノースリーブについては失礼にはなりません。ただし全体的に肌の露出が多いデザインのドレスの場合は、ストールなどを用意すると良いでしょう。

披露宴や二次会の会場でまわりを確認し、状況に応じてストールをはずすといった対応を取ると良いでしょう。

教会での式は特に注意

披露宴もそうですが、特に教会での式に参列する場合は、肌の露出は厳禁ですので注意しましょう。

カジュアルな素材の服装は避ける

カーディガンやセーターといったニット素材のアイテムなど、カジュアル色が強い服装は避けましょう。綿やニットといった普段着の素材やデザインの服装はふさわしくありません。高いニットだとしてもカジュアルなアイテムには変わりません。

参考コーディネート

どんなドレスで結婚式に行けば良いのだろう...悩みますよね。そんな方の参考に、いくつかコーディネート紹介します。

画像:水色のドレス

明るいパステルカラーのドレス。春夏の結婚式にお呼ばれする際や、20代30代といった若い女性におすすめです。

水色のドレス

出典:レンタルドレスのワンピの魔法様

画像:ネイビーのドレス

落ち着いた印象のネイビーのドレス。シンプルなデザイン&長めの丈で、格式高い結婚式にも安心のコーディネートです。

ネイビーのドレス

出典:レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

画像:ベージュのドレス

落ち着いたベージュカラーのドレス。黒のストールで高級感&大人のエレガントさ演出。30代40代といった大人の女性におすすめです。

ベージュのドレス

出典:レンタルドレスのワンピの魔法様

画像:チャコールグレーのドレス

照明によってはブラウンにも見えるチャコールグレーのドレス。高級感のあるデザインで大人の雰囲気を演出します。

チャコールグレーのドレス

出典:レンタルドレスのワンピの魔法様

カジュアルな結婚式ならパンツスタイルも

格式高いホテルなどでの結婚式の場合は不向きですが、カジュアルな結婚式ではおすすめのパンツスタイル。ビジネスイメージの強いパンツスーツですが、エレガントなものを選べば結婚披露宴などの雰囲気にもなじみます。

明るい色味のものを選び、アクセサリーやスカーフなどで華やかに演出すると良いでしょう。

参考画像:ネイビー(濃紺)のパンツスタイル

初めてのパンツスタイルにおすすめ、定番カラーのネイビー(濃紺)のパンツドレスです。春夏秋冬、季節を問わず人気です。

ネイビー(濃紺)のパンツスタイル

出典:レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

参考画像:袖ありのベージュパンツスタイル

上品なイメージがあるベージュのパンツスタイル。レースの袖がおしゃれなパンツドレスです。

袖ありのベージュパンツスタイル

出典:Amazonファッション様

スポンサーリンク

基本的な女性親族の服装マナー

親族はゲストを迎える側の立場のため、よりフォーマル感の高い服装が求められます。

女性親族の服装では和装の着用が多く見られますが、和装には、既婚か未婚かで礼装に違いがあるので注意しましょう。

洋装の場合は、結婚式の時間帯により礼装が異なり、女性親族の方の洋装の礼装は「準礼装」が基本となります。

既婚の女性親族の和装

新郎新婦の女性親族で、既婚者の方が和装で結婚式に出席する場合は、正礼装の「黒留袖」が基本。既婚者の方でも年齢が若い場合は「色留袖」がおすすめです。

参考画像:黒留袖

黒留袖

出典:京都かしいしょう様

参考画像:色留袖

色留袖

出典:京都かしいしょう様

未婚の女性親族の和装

新郎新婦の女性親族で、未婚の方が和装で結婚式に出席する場合の正礼装は「振袖」。女性親族は「中振袖」を着用するのが一般的です。

参考画像:振袖

振袖

出典:京都かしいしょう様

色留袖も

振袖は未婚女性の正装ですが、若い世代の方が着るイメージで年齢的にちょっと...、という親族の方には「色留袖」がおすすめです。

ドレスのスカート丈について

結婚式でドレスを着用する際には、スカート丈に注意する必要があります。

ノーマル丈やミディ丈、ロング丈、マキシ丈といった、膝下からくるぶしまでと長めのものを選びましょう。

丈の名称 概要
ノーマル丈(ひざ下丈) 丁度ひざが隠れる程度の丈のこと
ミディ丈(ミモレ丈) ふくらはぎの中ほどまでの丈のこと
ロング丈 足首くらいまでの丈のこと
マキシ丈 くるぶしが隠れるくらいの丈のこと
ひざ丈 ひざの半分が見える程度の丈
ひざ上丈 ひざの全体が見える程度の丈
ショート丈 ひざ上10cm程度の丈のこと
ミニ丈 太ももの中間くらいまでの丈のこと

平服指定などカジュアルな場合はひざ上丈でも

平服指定の結婚式や親しい友人だけが集う結婚パーティ、二次会などでは「ひざ丈」や「ひざ上丈」のスカートでも大丈夫です。

ただしミニ丈やショート丈といった、あまり短いスカートは避けた方が良いでしょう。

靴&ストッキングのマナー

ヒールのない靴はNG

ヒールが低い靴はカジュアルな印象のアイテム。結婚式のようなフォーマルな場では、ヒールのある靴を選びましょう。最低でも3センチ以上の靴を選ぶようにします。

画像:5cmヒールの靴

5cmヒールの靴

出典:salus様

サンダルやミュールでも良い?

サンダルやミュールといったカジュアルな靴も、結婚式のような場所ではNGです。女性の靴のマナーについては、以下の記事が参考になります。

素足はNG!必ずストッキングの着用を

フォーマルな場所においては、ストッキングの着用が正しいマナーです。美脚が自慢だからといって生足素足での出席はマナー違反です。

タイツは大丈夫?

ストッキングより厚手のタイツもフォーマルな場ではNGです。冬の結婚式などで、寒いからといってタイツを着用するのは避けましょう。

また、編みタイツやカラータイツといった派手なものもNG。ストキングやタイツについての詳しいマナーは、以下の記事を参考にしてください。

ボレロなどの服飾品マナー

ファーの服飾品は大丈夫?

ファーのストール・ボレロといった服飾品が最近増えてきました。ひと昔前は「結婚式でファーはNG」と言われていましたが、現在は新婦の衣装にも使われることがあり、その傾向が減ってきたようです。

ただし、結婚式には様々な年代の方、考えの方が集まる場所。絶対にNGとまでは言えませんが、格式高い場所での結婚式等では避けたほうが良いかもしれません。

ファーや毛皮の小物のマナーについては、以下の記事が参考になります。

帽子や手袋について

つばがある帽子は室内では取るのがマナー。ただし、ドレスとセットになっている、つばのない小さな帽子は、室内でかぶったままでも大丈夫です。

手袋については、乾杯する前までには外すのがマナーとされています。

アクセサリーについて

昼間の結婚式と夜の結婚式では、服装やアクセサリーのマナーに違いがあります。

昼は光らないもの

昼の結婚式でのアクセサリーは、光らないものが基本です。布製のコサージュやパールなどでアクセントをつけましょう。

夜は華やかに

昼とは逆に夜の結婚式では、照明に輝くダイヤモンドなどの宝石類といった華やかなアクセサリーを身に付けると良いでしょう。

もちろん、主役である新婦が目立たなくなるようなゴージャスなアクセサリーはマナー違反です。

時間帯の考え方

結婚式が、午前中から18時(冬は17時)までであれば「昼の装い」、18時(冬は17時)以降からであれば「夜の装い」を着用します。

香水をつけても大丈夫?

基本的には、あなたの装いにあわせて、香水をつけても大丈夫です。普段より華やかで女性らしい香りを選んでみると良いでしょう。

ただし、つけ過ぎは絶対にNG。結婚披露宴は宴席ですので、料理の匂いがわからなくなるほどつけるのはマナー違反です。ほかの人に不快感を与えるようなつけ方は避けましょう。

ルールを覚えよう!女性の洋装の礼装について

結婚式の時間帯や、出席者の立場によって礼装を使い分ける必要があります。

「礼装を使い分ける」と聞くと、何となく面倒なようですが、ある程度の基本的なルールを覚えてしまえば、今後いろいろな結婚式に出席する際にも役立つことでしょう。

昼間の結婚式では、襟のあまり開いていないシックな服装(アフタヌーンドレス)が基本系となります。

夜の結婚式の場合はイブニングドレスや、イブニングドレスよりは肌の露出が抑え気味のセミイブニングドレスが良いでしょう。

時間帯の考え方

結婚式が、午前中から18時(冬は17時)までであれば「昼の装い」、18時(冬は17時)以降からであれば「夜の装い」を着用します。

以下に、女性の礼装のルールをご紹介します。

正礼装

最も格の高い礼装が正礼装です。皇室の行事などで見られ、あまり一般的ではありません。正礼装は新婦がお色直しで着用するぐらいです。

ドレス アフタヌーンドレス。袖付き、ロング丈が正式です
素材 シルクなど光らない素材のもの
バッグ シルクやベルベットなどの布製で小型のもの
アクセサリー パールなど光らない素材のもの。コサージュもよい
革製(スエードやカーフ)、布製(サテン)などのパンプス
その他 帽子や手袋を着用する場合は服と合わせたもの
ドレス イブニングドレス。袖なし、ロング丈で胸や背の開いたもの
素材 サテンなど光る素材のもの
バッグ ドレスと共布、もしくはビーズやスパンコール、金糸・銀糸などで小型のもの
アクセサリー 宝石類など光る素材を使ったゴージャスなもの
ドレスと共布、バッグなどに合わせたパンプス。金や銀でもよい
その他 帽子はかぶらず、手袋を着用する場合はひじ上までの長いもの

準礼装

正礼装に準ずる改まった装いが準礼装です。結婚式・披露宴に招待された場合の主流となるスタイルです。

ドレス アフタヌーンドレス
素材 シルク、上質のウール、化繊など光らない素材のもの
バッグ 布製で小型のもの。比較的ドレッシーなもの
アクセサリー パールなど光らない素材のもの。コサージュもよい
革製(スエードやカーフ)、布製(サテン)などのパンプス
その他 帽子(室内ではつばのない帽子)や手袋を着用する場合は服と合わせたもの
ドレス イブニングドレスより肌の露出を抑えたもの
素材 サテンなど光る素材のもの
バッグ ビーズやエナメル、光沢のあるシルクなどで小型のもの
アクセサリー 宝石類など光る素材を使ったゴージャスなもの
ドレスと共布、バッグなどに合わせたパンプス。金や銀でもよい
その他 帽子はかぶらず、手袋を着用する場合は、長さ・素材を服と合わせて

略礼装

格式ばらない結婚式・披露宴や二次会に招待された場合の主流となるスタイルです。「平服で」と断りがあった場合も略礼装が基準となります。友人や会社の同僚の結婚式などに一般招待客として出席する際に良いでしょう。

ドレス ワンピースやスーツなどセミアフタヌーンドレス
素材 光らない素材のもの
バッグ 布製で小型のもの。比較的ドレッシーなもの
アクセサリー パールなど光らない素材のもの。コサージュもよい
革製(スエードやカーフ)、布製(サテン)などのパンプス
その他 帽子や手袋を着用しないのが一般的。スカーフなどをオシャレに使って華やかに
ドレス カクテルドレス。やや華やかなもので
素材 サテンなど光る素材のもの
バッグ ビーズやエナメル、光沢のあるシルクなどで小型のもの
アクセサリー 宝石類など光る素材を使ったゴージャスなもの
ドレスと共布、バッグなどに合わせたパンプス
その他 帽子はかぶらず、手袋を着用する場合は、長さ・素材を服と合わせて

格式ある結婚式には無地のドレスを

柄ものよりも無地の方が格が高くなり、色は明るくてきれいなものが良いとされます。パステルカラーなんて素敵かもしれません。しかし光沢が強かったり、透けすぎるような素材のものは避けた方が良いでしょう。

「平服で」は略礼装でということ。普段着ではありません

招待状に「平服で」とあった場合は、「普段着で大丈夫」と、勘違いしてはいけません。

これは「礼装でなくても良い」という事です。略礼装と考えると良いでしょう。

どんな服装が良い?

ちょっとドレッシーなワンピースやスーツにすると良いでしょう。ただし、新婦より派手になるような服装はマナー違反です。

昼の結婚式であれば、光らない素材のセミアフタヌーンドレス、夜の結婚式の場合はカクテルドレスを基本に。カクテルドレスは昼夜どちらにも使え便利ですが、夜の結婚式では少し華やかなカクテルドレスが良いでしょう。

レストランウェディングなどカジュアルな結婚式であれば、アクセサリーやスカーフ、靴やバッグなどの小物でドレスアップを楽しんでみましょう。

仕事着や外出着でも、華やかなアクセサリーやパーティバッグを合わせれば、フォーマルな感じになることでしょう。

花柄やプリントのワンピースでも大丈夫。でも素材には注意

花柄やプリントの服装でも構いませんが、素材には気をつけましょう。

素材がコットンだと、カジュアルにより過ぎて普段着のイメージとなり、結婚式のようなフォーマルな場には不向きです。

華やかな柄ものでも、シルクや化繊などの柔らかな素材なら大丈夫です。

花柄のフォーマルドレス

花柄のフォーマルドレス

出典:レンタルドレスのワンピの魔法様

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

関連記事

このページの先頭へ