結婚式でのパンプスのマナー!ストラップ付きはアリ?色や素材について

結婚式での女性の服装マナー

結婚式で女性が履く靴としておすすめはパンプス。フォーマル用の靴として一般的なアイテムです。

しかし、最近のパンプスには様々な種類があり、どちらかというカジュアル寄りで結婚式には適さないものも…。

今回は結婚式でのパンプスのマナーを紹介します。

スポンサーリンク

パンプスとは

パンプスとは、甲の部分が大きく開いていて、基本的につま先とかかと部分が両方覆われている靴のこと。

元々は男性用・女性用といった区別はなく、フォーマルの基本的な靴でした。男性がタキシードにあわせる「オペラパンプス」も、もちろんパンプスです。

しかし、最近は女性用の靴の種類として広く知られています。

男性用のパンプスは、タキシード着用時の重要なアイテム「オペラパンプス」として、基本変わらずに存在していますが、女性用のパンプスに至っては、つま先やかかとが開いたものなど、パンプスの基本から外れたデザインも多く様々です。

フォーマルの基本はつま先を見せない

結婚式でのサンダル&ミュールはダメ!?つま先やストラップのマナー」という記事でも紹介しましたが、フォーマルの場では「足の指を見せない」というマナーがあり、つま先部分が開いているサンダルやミュールといった靴はNGです。

本来はフォーマル靴であるパンプスですが、つま先が開いている「オープントゥパンプス」は避けるようにします。

カジュアルな結婚式であれば

二次会から参加する場合や、カジュアルウェディングの場合は大丈夫です。ただし人生経験豊富な新郎新婦の関係者がいる場合、「何て非常識なお友達でしょう」と思われるかもしれません...。

フォーマルショップで働く知人に確認しましたが、基本的には一般的な「つま先」と「かかと」が隠れるタイプのパンプスをすすめているとの事でした。

ストラップ付きでも大丈夫?

甲や足首のところにストラップが付いているデザインのパンプスがあります。このようなタイプのパンプスは結婚式に履いていっても大丈夫なのでしょうか。

ストラップが付いていても大丈夫!

フォーマルショップで働く知人に確認してみましたが、ストラップ付きのパンプスは大丈夫とのこと。

最近は、ストラップ付きパンプスの種類も多く、ストラップ付けたり外したりできる2WAYタイプや、ストラップにビューなどをあしらったデザインもあります。

画像:2WAYタイプのストラップパンプス

2WAYタイプのストラップパンプス

出典:おとなカワイイ靴店「ヘッジホッグ」様

画像:ビジューストラップ付きのパンプス

ビジューストラップ付きのパンプス

出典:おとなカワイイ靴店「ヘッジホッグ」様

結婚式でのパンプスの色

パンプスには様々な色があり迷ってしまいますよね。結婚式でのパンプスは何色でも良いのでしょうか。

黒いパンプスは大丈夫?

喪の色というイメージで、結婚式での服装の色選びで迷う方の多い「黒」。結婚式で足もとに黒いパンプスを履いても大丈夫なのでしょうか...。

答えは大丈夫!

フォーマルショップで働く知人に聞くと、種類も多くドレスとのコーディネートもしやすい人気の色とのこと。もちろんマナー的に何も問題はありません。

画像:黒いパンプス

黒いパンプス

出典:おとなカワイイ靴店「ヘッジホッグ」様

画像:黒いパンプスのコーディネート

黒いパンプスのコーディネート

出典:レンタルドレスのワンピの魔法様

白いパンプスは新婦専用?

黒の次に迷う方の多い「白」。結婚式での服装において、白は新婦の色であり、白いドレスは完全なマナー違反。そんな白のパンプスを結婚式で履いて良いものか迷いますよね...。

答えは大丈夫!

こちらも知人に確認しましたが、靴やバッグといった小物は「白」でも大丈夫との事。全体的に白っぽい色で統一されているような服装だと、イメージ的に良くありませんが、靴だけなど「白」をポイントに使用することは全く問題ないとの事です。

グリーンやネイビーなどの濃い色のドレスには、白やベージュ、ゴールドやシルバーといった明るい色のパンプスをコーディネートすると、とてもオシャレですよ。

画像:白いパンプス

白いパンプス

出典:エトワール神戸様

画像:白いパンプスのコーディネート

白いパンプスのコーディネート

出典:レンタルドレスのワンピの魔法様

スポンサーリンク

エナメルがマナー?パンプスの素材

結婚式でのパンプスの素材にマナーはあるのでしょうか。フォーマルショップで働く知人と、マナー講師をしている知人に話を聞いてみました。

基本は洋装ルールと同じ

結婚式での靴の素材マナーは、洋装のルールで考えるとのこと。洋装の場合は、時間帯によって装いが異なります。

昼間の結婚式では光らない素材、夜の結婚式では光沢のある華やかな素材を意識すると良いとの事。

昼の結婚式での素材

あなたが昼の結婚式にお呼ばれするのであれば、スエードやカーフなどの革製のパンプスや、サテンなど布製のパンプスが基本スタイルです。

画像:サテン素材のパンプス

サテン素材のパンプス

出典:神戸シューズ様

夜の結婚式での素材

あなたが夜の結婚式にお呼ばれするのであれば、エナメル製のパンプスや、色がシルバー・ゴールドといった光沢のある華やかなパンプスがおすすめです。

画像:シャンパンゴールドのパンプス

シャンパンゴールドのパンプス

出典:おとなカワイイ靴店「ヘッジホッグ」様

これは避ける!NGパンプス

結婚式など、フォーマルな場では避けたいパンプスについて、簡単にまとめておきます。

デザイン

最初でも紹介しましたが、つま先が開いているタイプのパンプス(オープントゥパンプス)はNGです。

フォーマルな場には適さない、カジュアル要素が強いパンプスは避けると良いでしょう。

色・素材

革製のパンプスでも、ファーが付いたものや、ヘビ・ワニなど爬虫類系の型押しがされたものは避けるようにします。ヒョウ柄といったアニマル柄のパンプスも不向きです。

また布製のパンプスでも、デニム地といったコットン製のものや麻製のものは、カジュアル要素が強いので結婚式では避けましょう。

ヒールの高さ

ヒールが低いペタンコ靴は、カジュアルな印象が強く結婚式には向いていません。最低でもヒールが3センチ以上のパンプスを選ぶことがおすすめです。

妊婦さんはヒールなしOK

フォーマルではヒールがある靴が基本ですが、妊婦さんはヒールがないフラットな靴でも大丈夫です。

画像:フラットソールのパンプス

フラットソールのパンプス

出典:おとなカワイイ靴店「ヘッジホッグ」様

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

関連記事

このページの先頭へ