結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚式での親族の服装マナー

結婚式での親族の服装マナー

友人や同僚の結婚式の他にも、親族として結婚式に出席する事もあるでしょう。兄弟だったり、いとこだったり・・・。

兄弟だから別に服装は適当で・・・なぁ~んて考える方はいないとは思いますが、念のため、親族としての服装のマナーをしっかりと抑えましょうね。

結婚式での親族(女性)の服装について

親族の場合は、既婚女性は「黒留袖」もしくは「五つ紋入りの色留袖」、未婚女性の場合は「振り袖」が正礼装になります。

最近では、女性の親族でも洋装が多くなってきました。
洋装の場合は、アフタヌーンドレスやセミイブニングドレスが良いでしょう。アクセサリーなどは、一般の招待客と同じような感じで。
また、オーソドックスなスーツに、コサージュやアクセサリーなどでアクセントをつけても良いでしょう。

既婚女性でも若い方は「色留袖」がおすすめ

親族の既婚女性は、「黒留袖」を着るものと思い込みがちですが、年齢が若い既婚女性の場合は、「黒留袖」では老けて見えてしまいがち・・・。あまり似合わない方が多いのでは。。。

既婚女性でも、年齢の若い方には「色留袖」がおすすめです。
「色留袖」は、五つ紋が入っていれば「黒留袖」と同格の正礼装となります。また、結婚式場を華やかに、明るくしてくれますよ。

「黒留袖」「色留袖」のどちらを着るかは、一緒に出席される親族の方々に聞いてみると良いでしょう。正礼装だからといっても、各々の考えがあると思いますので・・・。

結婚式での親族(男性)の服装について

親族の男性の場合、新郎新婦の父親より控えめに、ブラックスーツでの出席が一般的です。

会場で着替える際は事前に確認しましょう

結婚式場や、披露宴会場となりうる場所には、だいたいゲスト用の更衣室があります。もしもの場合を考えて、念のため事前に確認しておくと良いでしょう。
確認は、会場に電話をして聞くか、新郎新婦に確認しましょうね。
また、着物の場合、着付けをお願いする際は事前の予約が必要となります。こちらも確認を。

レンタルする場合の注意点

和服を着用する場合は、「柄選び」も重要です。
留袖の裾模様は、吉祥紋様や有職紋様など、格調の高いものを選びましょう。

背が高い方は、大柄の模様のほうが映えます。逆に背が低い方は、大柄の模様や、腰高の裾模様は避けたほうが良いでしょう。留袖には格調の高い紋様の袋帯を合わせるようにします。
鏡の前で確認して、あなたにあったものをレンタルしましょうね。

「黒留袖」は紋付きが正式ですが、レンタルの場合、一般的な家紋しか用意されていない事が多いので注意が必要です。

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ