結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚式のネクタイで赤はアリ?おすすめの色や柄&結び方ついて

結婚式のネクタイで赤はアリ?おすすめの色や柄&結び方ついて

スーツスタイルの要ともいえるネクタイ。選び方や結び方で印象が全く異なります。結婚披露宴や二次会などでは、どのようなネクタイを選べば良いか迷っている方も多いはず。

今回は、服装のマナーの中でも、より手軽に個性が出せる結婚式でのネクタイについて詳しく紹介します。

結婚式でのネクタイの色について

結婚式にゲストとして出席することになった男性の皆さん。

いつもよりフォーマルな場所だけに、最適なネクタイの色は何色か?ダメな色はあるの?といったマナーが気になるのでは。

黒いネクタイはタブー?

フォーマルの基本的な色でもある黒ですが、日本では黒いネクタイは葬儀で着用するものという事で忌み嫌われます。

特にお年寄りなど人生経験が多い方々は、結婚式での黒いネクタイを良く思わない傾向にあります。黒いネクタイは避けるようにしましょう。

本来、黒ネクタイは結婚式向き
外国では黒ネクタイはフォーマルの基本。結婚式でも着用されています。

フランスに住んでいる友人に確認しましたが、むしろ白いネクタイの方が少ないとの事でした。

ただし日本では「喪の色」として定着しています。黒地のネクタイに白いドットといったものでも、遠めに見ると黒無地に見える...といったネクタイは、残念ですが避けたほうが無難かもしれません。

白のネクタイは年配者向け?

一昔前は「結婚式=白ネクタイ」でした。最近は比較的年代が上の方が着用する色となっています。(もちろん若い世代の方が着用しても大丈夫です)

参考情報
ちなみに白ネクタイについて、ファッション雑誌「Gainer」2014年4月号の最新フォーマル特集では、"白ネクタイは海外ではマフィアと思われかねないアイテム"と紹介されていました...。

結婚式で人気!ネクタイのおすすめ色&コーディネート

それでは結婚式のような慶事ごとで、ネクタイの色はどんなものを選べば良いのでしょうか。

わかりやすくダークスーツとのコーディネートで紹介します。

ゴールド・シルバーグレーのネクタイ

結婚式での最近主流はゴールドやシルバーグレーのネクタイ。

カジュアルな披露宴から少々お堅いイメージの披露宴、二次会まで幅広く活躍する無難なネクタイ色です。

画像:ゴールド・シルバーグレーのネクタイのコーディネート

ゴールド・シルバーグレーのネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

赤・ワイレッドのネクタイ

華やかで明るイメージの赤色のネクタイ。

ワインレッドや深みのある赤のネクタイは、落ち着いた雰囲気で大人っぽい印象になります。光沢感のある素材のネクタイにすることで、ビジネスイメージをなくすようにしましょう。

画像:赤・ワイレッドのネクタイのコーディネート

赤・ワイレッドのネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

茶色・青(紺)色のネクタイ

30代以上の方におすすめなのは茶色やネイビーのネクタイ。

大人の男性にしか出せない、知的な雰囲気を強調してくれます。ただし地味な色でもあるので、光沢感のある素材のネクタイがおすすめです。

画像:茶色・青(紺)色のネクタイのコーディネート

茶色・青(紺)色のネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

ピンク・サックスブルーのネクタイ

若い年代の方におすすめなのはピンクやサックスブルーのネクタイ。

明るく華やかな雰囲気で、女性からも人気の色です。

画像:ピンク・サックスブルーのネクタイのコーディネート

ピンク・サックスブルーのネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

ネクタイの柄について

結婚式で着用するネクタイの柄にもマナーはあるのでしょうか。

結婚式のようなフォーマルの場では、アニマル柄(ヒョウ柄・ゼブラ柄)やドクロ、迷彩といった奇抜なデザインのものは避けるようにします。

ストライプ柄のネクタイ

ビジネスのイメージが強いストライプ柄。

光沢のある素材で、同系色のストライプ柄にするとフォーマル度がアップします。結婚式のような場では、できるだけビジネス色をなくすようにしましょう。

画像:ストライプ柄のネクタイのコーディネート

ストライプ柄のネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

チェック柄のネクタイ

ストライプ柄とは反対に、カジュアル色の強いチェック柄。

こちらも光沢のある素材でフォーマル感を出せば、遊び心いっぱいの若々しいイメージになります。

画像:チェック柄のネクタイのコーディネート

チェック柄のネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

ドット柄・小紋柄のネクタイ

結婚式ではドット柄・小紋柄も人気があります。

大きいドットはカジュアル色が強くなりますが、遠めでは無地に見えるようなドットは、さりげないおしゃれができる人気の柄です。

画像:ドット柄・小紋柄のネクタイのコーディネート

ドット柄・小紋柄のネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

ネクタイの素材について

フォーマルシーンでは、光沢のある素材のネクタイがおすすめ。光沢感のあるシルクのネクタイなどが良いでしょう。

レストランウェディングなど比較的カジュアルな結婚式や二次会では、ニット素材といった遊び心あるネクタイを着用するのも素敵ですよ。

スーツやシャツにあわせて

一緒に着用するスーツの色やシャツにあわせて、ネクタイを上手にコーディネートすると良いでしょう。

ポケットチーフやネクタイピン、ラペルピンといったものを上手に組み合わせる事で、より素敵なスタイルになりますよ。

結婚式や二次会でのスーツやシャツのマナーについては、以下の記事を参考にしてください。

正礼装・準礼装で着用するタイについて

正礼装や準礼装で着用するタイについて紹介します。
参考画像出典:フォーマルスーツ 礼装倶楽部

正礼装(両家の父親、媒酌人)

主役である新郎や両家の父親、媒酌人の装いです。

昼の正礼装はモーニングコートです。モーニングコートにはネクタイやアスコットタイをあわせます。色は白やシルバーグレー、白黒のストライプが良いでしょう。

シルバーグレーのネクタイ

夜の正礼装はテールコート(燕尾服)です。テールコートには白の蝶ネクタイを合わせます。

白の蝶ネクタイ

準礼装(主賓クラス)

主賓クラスで招待された方の装いです。

昼の準礼装はディレクターズスーツです。ディレクターズスーツには、シルバーやライトグレー地に黒やグレーの縞が入ったネクタイを合わせると良いでしょう。

シルバーグレーのネクタイ

夜の準礼装はタキシードです。タキシードには黒の蝶ネクタイを合わせます。

ボウタイ(蝶ネクタイ・蝶タイ)

フォーマルネクタイの種類と結び方

結婚式のような、仕事の時と異なるフォーマルスタイルで使われるネクタイについて紹介します。ネクタイには、通常のビジネスシーンで使われるような形の他にも、以下のようなものがあります。
参考画像出典:フォーマルスーツ 礼装倶楽部

ボウタイ(蝶ネクタイ・蝶タイ)

夜の準礼装でもあるタキシード。このタキシードスタイルの顔ともいえるのがボウタイです。蝶のような形をしたネクタイの総称をボウタイと呼びます。
ボウタイは夜の略礼装でもブラックスーツに合わせ、タキシード風のスタイルにする事も可能です。

ボウタイ(蝶ネクタイ・蝶タイ)

ボウタイ(蝶ネクタイ・蝶タイ)の結び方

出典:www.youtube.com

クロスタイ(コンチネンタルタイ)

襟元で十字に交差させスティックピンで留めるスタイルのタイで、蝶ネクタイを略したものです。主に略礼装で使われます。

クロスタイ(コンチネンタルタイ)

アスコットタイ

主に昼の正礼装であるモーニングコートや、昼の準礼装であるディレクターズスーツで着用されるタイの種類がアスコットタイです。昨今では、略礼装に華やかな印象を与えるということで使われる事も多くなっています。

アスコットタイ

アスコットタイの結び方

ウイングカラーシャツでのアスコットタイの結び方です。

出典:www.youtube.com

一般的な形のネクタイの結び方

一般的なネクタイでも結び方によって印象がかなり変わります。基本的な結び方には以下のものがあります。

  • プレーンノット
  • ダブルノット
  • ウィンザーノット
  • セミウィンザーノット

ワイシャツの襟型との組み合わせや、それぞれの結び方の特徴を紹介します。結婚式でのワイシャツの襟型については、以下の記事を参考にしてください。

プレーンノット

初心者におすすめの最も簡単な結び方です。一般的なレギュラーカラーやボタンダウンカラーに適した結び方です。

出典:www.youtube.com

ダブルノット

プレーンノットより一回り大きく、横から見た際に厚みがある結び方です。普通のネクタイをダブルノットにすると、結び目がかなり大きくなってしまいます。細いネクタイにおすすめの結び方です。

出典:www.youtube.com

ウィンザーノット

結び目がかなり大きくなる結び方です。襟明き角度が広いワイドカラーや、襟が大きなワイシャツに最適で。

出典:www.youtube.com

セミウィンザーノット

プレーンノットより結び目が大きく、ウィンザーノットよりボリュームを抑えた結び方です。ほとんどの襟型に合わせられますが、特にワイドカラーなどには最適です。

出典:www.youtube.com

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク

結婚式での服装のマナー:記事一覧

このページの先頭へ