結婚式での男性ゲストの服装!おしゃれな着こなし&最新マナー

結婚式での服装のマナー

結婚式に招待された男性の皆さん。結婚式当日の服装選びは大丈夫ですか。

スーツやネクタイ、シャツ、靴や鞄など、結婚式では男性の服装にも細かいルールがあります。せっかく結婚式に出席するのですから、恥ずかしい格好ではなく、フォーマルシーンに適したファッションで新郎新婦を祝福したいですよね。

今回は、結婚式&二次会での男性の服装について徹底解説!気になるマナーや参考コーディネートを紹介します。

スポンサーリンク

基本のスーツ!おすすめスタイル

男性ゲストはブラックスーツやダークスーツで出席するのが一般的です。ダークスーツならネイビーやチャコールグレーがおすすめ。

画像:ネイビースーツ

ネイビースーツ

出典:ロブザーコ様

フォーマルは無地のスーツが基本ですが、シャドウストライプなど目立たないストライプであれば大丈夫です。チョークストライプといった縦線が目立つスーツは、二次会などでは大丈夫ですよ。

画像:シャドウストライプのスーツ

シャドウストライプ

出典:ロブザーコ様

明るい色のスーツはNG!

結婚式では明るい色のスーツなNG。白はもちろん、ライトグレーやライトベージュなども避けましょう。

シャツは何でも良い?

結婚式のようなフォーマルの場では、「無地の白いシャツ」が基本です。

画像:白いワイシャツ

白いワイシャツ

出典:ozie様

もしあなたが招待された結婚式が、レストランウェディングといった比較的カジュアルな結婚式・披露宴であれば、カラーシャツでも大丈夫です。

画像:淡いピンクのワイシャツ

淡いピンクのワイシャツ

出典:ozie様

こんなシャツはNG!

無地の白いシャツといっても、カジュアルシャツの代表であるボタンダウンシャツはNGです。二次会や気心の知れたメンバーが集まるカジュアルな結婚式で着るようにしましょう。

また夏など、暑い日だからと半袖シャツで出席するのもNGです。

ネクタイの色や柄は?

ひと昔前までは、結婚式といえば「白いネクタイ」でした。しかし最近は「シルバーのネクタイ」が主流になっています。

画像:ゴールド・シルバーグレーのネクタイ

ゴールド・シルバーグレーのネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

主流はシルバーのネクタイですが、気の合う仲間が中心のレストランウェディングなどではカラーネクタイもおすすめです。

ピンクやライトブルーといった淡い色を取り入れて、おしゃれを楽しみましょう。特に濃紺(ネイビー)のスーツにはピッタリですよ。ネクタイは必ず光沢のあるものを。

画像:ピンク・サックスブルーのネクタイ

ピンク・サックスブルーのネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

白いネクタイはダメ?

もちろん白いネクタイでも大丈夫です。年齢が高ければ高いほど、白いネクタイを着用する方が多く、皆さん同じような格好になってしまいがちです。

せっかくのお祝いの場ですので、オシャレなネクタイピンを合わせたり、チーフを上手に使ってコーディネートを楽しみましょう。

こんなネクタイはNG!

アニマル柄やキャラクター柄などのネクタイは、フォーマルシーンでは避けましょう。黒いネクタイも「喪」のイメージがあるので避けます。

蝶ネクタイをコーディネートしたい!

最近はタキシード風スタイルとして、ブラックスーツやダークスーツに蝶ネクタイをコーディネートする方も増えています。

蝶ネクタイは夜の礼装になりますので、夕方以降の結婚式や二次会におすすめのアイテムです。

ウイングカラーシャツと蝶ネクタイ

出典:THE SUIT COMPANY [ザ スーツ カンパニー]公式ショップブログ様

アスコットタイで華やかさをプラス

最近は、ブラックスーツやダークスーツなどの略礼装に取り入れられることも多く、華やかさをプラスできるアイテムとして人気。結び方や巻き方で、様々な表情を楽しむことができます。

画像:アスコットタイをスカーフのように

アスコットタイをスカーフのように

出典:ノービアノービオ preto様

チーフでさりげないオシャレを!

ポケットチーフひとつでスーツ着用時のイメージはガラリと変わります。結婚式というお祝いの場ですので、華やかな着こなしを楽しみましょう。

スリーピークスでフォーマル度アップ

ポケットチーフの挿し方にはいくつか種類がありますが、フォーマル度が高いのはスリーピークスという折り方。3つの先端がポケットから飛び出す挿し方です。

動画:スリーピークスの折り方

出典:www.youtube.com

カジュアルウェディングにはパフドスタイル

日常使いもしやすいカジュアルな挿し方のパフドスタイル。アイビーフォールドとも呼ばれます。二次会やカジュアルな結婚式に最適な挿し方です。

動画:パフドスタイルの折り方

出典:www.youtube.com

ベスト着用でよりフォーマルに

略礼装が基本のゲストのスーツスタイルにおいて、ベストの着用は必須ではありません。しかしベストを着用すると、よりフォーマルにドレスアップが可能です。

おすすめはシルバーグレーのベスト。ブラックスーツからダークスーツまで合わせられる万能アイテムです。

画像:ダークスーツ&グレーのベスト

ダークスーツ&グレーのベスト

出典:COLLABORATION STYLE様

スポンサーリンク

オシャレは足もとから!靴のマナー

フォーマルシーンでの靴の基本は「内羽根ストレートチップの黒革靴」です。フォーマルでもビジネスでも活躍する万能タイプですので、1足持っておくと便利です。

フォーマルシューズでは内羽根しか認められていません。外羽根はワークシューズを起源としているためカジュアル寄りの印象を持つ靴だからです。

またストレートチップ以外にも「内羽根プレーントゥの黒革靴」もフォーマルよりの靴ですので、結婚式で履いても大丈夫です。しかし王道は内羽根ストレートチップの黒革靴と覚えておきましょう。

画像:内羽根ストレートチップ黒革靴

内羽根ストレートチップの黒革靴

出典:大塚製靴公式オンラインショップ様

モンクストラップも実は...

実はバックルが付いているモンクストラップの黒革靴もフォーマルシーンで活躍する靴の1つです。ただし先に紹介したストレートチップ等よりはカジュアル寄りの靴ですので、格式高い結婚式よりはカジュアルウェディングの時に履いていくと良いでしょう。

靴下にもマナーがある?

結婚披露宴は座っている機会が多く、意外と足もと、特に靴下が目立つもの。フォーマルな場では、どのような靴下が最適なのでしょうか。

靴下は黒無地のものを

結婚式のようなフォーマルの場での靴下は、必ず黒無地のものを履くようにしましょう。黒い靴下なら何でも良いというわけでもなく、ふくらはぎまで丈があるタイプにします。最近流行りのアンクルタイプやショートソックスは結婚式には不向きです。

画像:黒無地のフォーマル靴下

黒無地のフォーマル靴下

出典:ビジネスシューズのシューカフェ様

白い靴下は新郎&子供用

フォーマル時における白い靴下は、基本的には白いタキシードを着用した際の新郎向けのもの。ゲストは黒が基本です。

ただし子供は白い靴下を履いていても大丈夫ですよ。

男性のアクセサリー&小物について

スーツの着こなしをよりオシャレにするアイテムが男性にあります。

ネクタイピンで手軽にオシャレを

ネクタイピンはネクタイを固定し、立体的に見せることができるアクセサリーです。ネクタイに付けるだけで簡単に華やかなスタイルに。

画像:ネクタイピンを使ったスタイル

ネクタイピンを使ったスタイル

出典:ORIHICA様

ラペルピンで華やかに

スーツスタイルの手軽なアクセサリーとして人気のラペルピン。スーツの襟元をおしゃれに演出できますよ。

画像:ラペルピンのシンプルコーディネート

ラペルピンのシンプルコーディネート

出典:THE SUIT COMPANY [ザ スーツ カンパニー]公式ショップブログ様

カフスボタンでさりげなくオシャレに

その他にも男性用のアクセサリーとしては、ジャケットの袖先からチラリと見えるカフリンクスがおすすめ。ただしシャツがカフリンクス装着可である必要があります。

画像:シルバーのカフスボタン

シルバーのカフスボタン

出典:楽天市場:タイピン&カフスの専門店 BLITZ様

ベルトは何でも良い?

あまり見えないから...という事で、適当に選んでませんか。ベルトの色は靴と合わせて統一感を出すのが基本。結婚式では黒い靴が基本ですので、ベルトも黒い革ベルトにします。

バックルはシンプルなものを。リングベルトやレザーメッシュベルトなどはカジュアル用なので、結婚式には不向きです。

画像:黒革ベルト

黒のレザーベルト

出典:ozie(オジエ)様

ピアスや腕時計は外しましょう

マナー違反という事ではありませんが、男性の方はピアスを外した方が無難です。

新郎新婦の両親や親族の中には、男性がピアスを付けている事を毛嫌いする方がいらっしゃるかもしれません。

メンズピアスなど当たり前の昨今ですが、年配の方も参列されるような結婚式という場では特に注意しましょう。

気心知れた友人のみでの結婚式や二次会などでは大丈夫ですよ。

また腕時計も、フォーマルシーンでは着けない方が良いとされています。

鞄を持つなら

鞄を持たないで手ぶらで出席するのが一般的な男性ゲスト。

もし鞄が必要という事であれば、クラッチバッグやミニダレスバッグがおすすめです。

画像:クラッチバッグ

クラッチバッグ

出典:楽天市場:ポルコロッソ様

男性親族の服装について

友人などのゲストとは異なり、親族は招待客を迎える立場。そのため服装も正礼装や準礼装といった一般のゲストよりフォーマルな装いが基本となります。

ブラックスーツが基本

新郎新婦のいとこや兄弟など、比較的若い世代の方も、ブラックスーツがおすすめ。

ダークスーツを着用する場合でも、無地のスーツを選ぶようにしましょう。

ポケットチーフの折り方はスリーピークス

ポケットチーフをする場合、親族の方にはフォーマル度の高いスリーピークスがおすすめです。

スポンサーリンク

結婚式での服装Q&A(男性編)

結婚式での服装の気になる疑問に回答。今回は男性の服装の疑問を解決します。

夏の結婚式での服装について

蒸し暑い夏...、できれば薄着で出席したいですよね。

半袖シャツはNG

フォーマルシーンでは半袖シャツはNG。ジャケットの袖口から、1.5cmほどシャツが見えるのがフォーマルの基本ですよ。

ジャケットは必ず着用

フォーマルシーンではジャケットを着用するのがマナー。結婚式会場までの移動中は脱いでいても、会場に到着したら必ず上着を着用しましょう。

ベストは着ないとダメ?

結婚披露宴が行なわれる会場は、空調もしっかりしていますので、あなたのスーツスタイルに取り入れるか否かで決めると良いでしょう。

夏に着てはいけないというものではありません。

ベスト着用でジャケットを脱ぐことが可能に

本来フォーマルの場では、ジャケットを脱ぐことはNGとされています。これはシャツが元々下着だった事に由来します。

ベストは元々も上着です。ベストを着用しているとジャケットを脱いでも、下着姿となるわけではありませんので失礼にはあたりません。

ただし主役である新郎がジャケットを着用している場合は、ゲストもジャケットを着用するようにします。

冬の結婚式での服装について

寒い冬の結婚式、寒がり男性は暖かい格好で出席したいですよね。

ジャケットの下にセーターはアリ?

結婚式のようなフォーマルな場において、カジュアルなニット素材のセーターやカーディガンの着用は基本的にはNGです。

カジュアル色が強くなる二次会などで、おしゃれアイテムとして取り入れると良いでしょう。

冬のコートにもマナーはある?

移動中のみの着用で、到着後はクローク預けるコート。会場で着ないからといっても、ダウンコートやベンチコートといったカジュアルなコートはNG。

また派手なデザインや全身毛皮のコートなども避けましょう。

そもそも礼装や礼服って何?

礼装とは、冠婚葬祭といった儀式に出席するための正式な服装のことです。その際に着用する衣服の事を「礼服」「フォーマルウェア」と呼びます。

結婚式では、男性はスーツなどの洋装が一般的ですが、時間帯や立場などによって着用する服装が異なります。

子供(男の子)の服装は?

高校生以下の子供の礼装に関しては、特別なルールはありません。学生で制服があれば、それが礼装となります。普段より改まった装いで、結婚式という特別な雰囲気を味わうのも良いでしょう。

カジュアルな格好はNG

キャラクター柄の服装や派手な柄の服装、スニーカーなども避けるようにしましょう。

家族全員で調和を

家族で出席する際は、全員の服装の調和を考えるようにすると良いでしょう。お祝いの場に出席し、その気持ちを表すには、きちんとして見える服装で出席する事が原則です。

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)
このページの先頭へ