結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 茶色でも大丈夫?結婚式で男性が履く靴のマナー

茶色でも大丈夫?結婚式で男性が履く靴のマナー

「オシャレは足もとから」とよく言われます。スーツ姿がビシッとしていても、靴が汚れていると残念…なんてことありますよね。

結婚式のような場所では、靴がしっかり磨かれていて美しい事はもちろん、フォーマルな場に相応しい靴かといったマナーも重要です。

今回は、結婚式に招待された男性が履く、靴のマナーについて紹介します。

男性ゲストの靴の基本マナー

男性ゲストの靴の基本は、「黒の内羽根ストレートチップの紐革靴」もしくは「黒の内羽根プレーントゥの紐革靴」です。

画像:黒の内羽根ストレートチップの紐革靴

黒の内羽根ストレートチップの紐革靴

出典:大塚製靴公式オンラインショップ様

画像:黒の内羽根プレーントゥの紐革靴

黒の内羽根プレーントゥの紐革靴

出典:本革てづくり靴工房 Casa de Paz様

外羽根の靴はNG

外羽根の靴の起源はワークシューズ。靴紐の部分がアッパーの外側に設置されているデザインです。内羽根の靴に比べるとカジュアルな印象の靴のため、フォーマルシーンには不向きです。

エナメルの靴はフォーマルの代表格

内羽根のエナメルの靴はフォーマルの代表格で、正礼装や準礼装で特に重宝される靴です。

主賓クラスで招待されタキシードを着用するといった場合や、いつもよりドレッシーな靴をと考えている方は、エナメルやパテントレザーといった靴をどうぞ。

タキシードの足元はオペラパンプスが正式
タキシードの足元はスリッポンタイプのオペラパンプスが正式です。黒のパテントレザーか牛革素材で、アッパーにリボンがあしらわれているのが特徴です。

茶色の靴でも大丈夫?

フォーマルな場所において、基本となる靴の色は「黒」です。茶色の靴はラフな印象が強いため選ばないようにしましょう。

ただし、招待された結婚式が、気心知れた友人ばかりが集まるカジュアルなウェディングだったり、二次会だけに出席するといった場合は、茶色の靴でも大丈夫です。

ストレートチップっぽいパンチドキャップトゥは?

つま先のところに、一直線の穴飾りを施したデザインの「パンチドキャップトゥ」。

格式という意味ではストレートチップより下ですが、カジュアルな結婚式であればフォーマル靴として活躍します。

画像:黒の内羽根パンチドキャップトゥの紐革靴

黒の内羽根パンチドキャップトゥの紐革靴

出典:本革てづくり靴工房 Casa de Paz様

メダリオンが施されている靴は?

結婚式では、メダリオンと呼ばれる、穴飾りがつま先部分に施されているデザインの靴は不向きです。華やかなデザインではありますが、どちらかというとカジュアルな靴に分類されるため、フォーマルな場所にはあいません。

ローファーは絶対にNG!

「怠け者シューズ」という愛称があるローファー。紐なし靴の代表でもあり、脱ぎ履きが楽チンのシューズです。しかし、結婚式のようなフォーマルな場所では絶対にNG!カジュアル革靴の代表のローファーは、絶対に選ばないようにしましょう。

紐なし靴は全部NG?

紐なしの靴が全てNGというわけではありません。先ほど紹介したオペラパンプスは、タキシードスタイルにおける正式な靴です。

一般のゲストが履く紐なしタイプの靴で、フォーマルにあうといえば「モンクストラップ」。実は意外とフォーマルシーンで活躍する隠れキャラです。

ただしカジュアル寄りではありますので、格式高い結婚式に招待された場合は選ばないようにしましょう。

画像:黒のモンクストラップ革靴

黒のモンクストラップ革靴

出典:大塚製靴公式オンラインショップ様

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク

このページの先頭へ