結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚式での靴のマナー!色・素材・デザインなど男性も女性も総まとめ

結婚式での靴のマナー!色・素材・デザインなど男性も女性も総まとめ

結婚式での服装には様々なマナーがありますが、「おしゃれは足もとから」と言われる靴にも大切なマナーがあります。

色や素材、靴のデザインなど、注意しないといけないポイントや気になるマナーがたくさん…。

今回は、結婚式での靴のマナーを総まとめ。男性&女性ゲストの方は必見ですよ。

男性ゲストの靴のマナー

スーツでの出席が一般的な男性ゲスト。スーツスタイルで結婚式に出席する際の、靴のマナーを紹介します。

男性ゲストの靴の色について

結婚式における男性ゲストの靴の色は「黒」が基本マナー。

格式高い結婚式から、気心知れた友人ばかりが集まる結婚パーティー、二次会まで使える万能な色です。

茶色の靴はダメ?

茶色の靴はラフな印象が強いため、結婚式のようなフォーマルな場では選ばないようにしましょう。

ただし、結婚パーティーや二次会など、比較的カジュアルな結婚式では、茶色の靴でも大丈夫です。

白いフォーマル靴もありますが...

男性用のフォーマル靴には、白い靴が存在します。しかしこれは、白い衣装を着用する場合の新郎用の靴ですので、男性ゲストの方は着用してはいけません。

男性ゲストの靴の素材について

黒が基本の男性ゲストの靴は「革」素材が一般的。様々なスタイルの結婚式に使える万能な素材です。

カーフとコードバンでは?

馬のお尻部分からしか採取できない革「コードバン」、光沢が魅力で革のダイヤモンドと呼ばれるほど。

希少価値の高い「コードバン」ですが、革靴の素材という点では「カーフ」の方がフォーマルとされています。

フォーマルの代表格「エナメル」

主賓クラスで招待される方や、いつもよりドレッシーな靴で出席したい方は、フォーマルの代表格である「エナメル」の靴がおすすめですよ。

スエード素材はNG!?

結婚式での男性の靴において、カジュアルな印象の強いスエード素材はNG素材です。

ただし、カジュアルスタイルがOKな結婚パーティーや二次会での着用は問題ありません。

男性ゲストの靴のデザインについて

男性ゲストの靴のデザインは、「黒の内羽根ストレートチップの紐革靴」もしくは「黒の内羽根プレーントゥの紐革靴」が基本。特におすすめは、よりフォーマル度の高い「黒の内羽根ストレートチップの紐革靴」です。

画像:黒の内羽根ストレートチップの紐革靴

黒の内羽根ストレートチップの紐革靴

出典:大塚製靴公式オンラインショップ様

画像:黒の内羽根プレーントゥの紐革靴

黒の内羽根プレーントゥの紐革靴

出典:本革てづくり靴工房 Casa de Paz様

ローファーはNG!

カジュアル革靴の代表のようなローファーは、フォーマルな結婚式ではNGです。

ただし、カジュアルスタイルがOKな結婚パーティーや二次会での着用は問題ありません。

その他の細かい男性ゲストの靴マナーについては...

女性ゲストの靴のマナー

男性の靴のマナーより、何かと細かい注意点が多い女性の靴のマナー。

ドレスやパンツスーツといったスタイルでの、女性の靴のマナーを紹介します。

女性ゲストの靴のデザインについて

女性ゲストの靴は、色や素材よりも「デザイン」がポイントになります。

「つま先」「かかと」が隠れる靴を

フォーマルの場では「足の指を見せない」という基本的なマナーがあります。

フォーマルショップで働く知人に確認すると、店舗では「つま先」と「かかと」が隠れるタイプの靴をすすめているとの事でした。

黒いパンプス

出典:おとなカワイイ靴店「ヘッジホッグ」様

サンダル&ミュールはNG!?

「足の指を見せない」というフォーマルの基本マナーがあるので、サンダルやミュールといった靴は基本NGです。

女性用のフォーマル靴の基本であるパンプスを選ぶと良いでしょう。

ただし最近のパンプスには、つま先が開いている「オープントゥパンプス」というデザインもあります。同じパンプスですが、つま先が開いたものは避けるようにしましょう。

カジュアルな結婚式であれば
二次会から参加する場合や、カジュアルウェディングの場合は、サンダルやミュール、オープントゥパンプスでも大丈夫です。ただし人生経験豊富な新郎新婦の関係者がいる場合、「何て非常識なお友達でしょう」と思われるかもしれません...。

ヒールのマナーについて

結婚式での女性ゲストの靴は、ヒール靴が基本です。ヒールにも高さや太さ、その種類など様々なマナーがあります。

フォーマルショップで働く知人に話を聞き、内容をまとめてみました。

ヒールの高さは3cm以上が基本

結婚式といったフォーマルな場所では、ヒールの高さは3cm以上がマナーのようです。

妊婦さんといった特別な事情がない限り、ヒールのないフラットな靴は避けましょう。

5cmヒールの靴

出典:salus様

7cmヒールの靴

出典:La luna様

ヒールは細いものを

ヒールは細い方がフォーマルな装いとの事。あなたの当日のドレススタイルに似合う、できるだけ細めの歩きやすいヒールを選ぶと良いでしょう。

ヒールの種類やデザイン

ウェッジヒールや厚底ヒールなどは、カジュアル要素の強い靴ですので、フォーマルな結婚式には向いていないとの事。

二次会や、レストランウェディングといった、比較的カジュアルな結婚式で着用すると良いでしょう。

さらに細かいヒールのマナーについては...

女性ゲストの靴の色について

男性ゲストの靴は「黒」が基本でした。女性ゲストの靴の色には、どのようなマナーがあるのでしょう。

黒い靴はNG!?

女性ゲストの場合、黒いドレス、靴といったファッションは喪のイメージがあり迷う方も多いのでは。女性ゲストの黒い靴は大丈夫なのでしょうか...。

答えは黒い靴でも大丈夫。しかも選べる靴の種類も多くドレスとのコーディネートもしやすい人気の色のようです。マナー的に何も問題はありませんよ。

白い靴はNG!?

こちらも女性ゲストが気になる「白は新婦の色」。これは靴にも当てはまるのでしょうか。

答えは白い靴でも大丈夫。靴も含め、全体が白っぽいファッションだとイメージ的に良くありませんが、靴だけなど「白」をポイントに使用することは全く問題ありません。

女性ゲストの靴の素材について

女性ゲストの靴の素材については、洋装のルールで考えるのが基本となります。

時間帯によって装いが異なり、昼間の結婚式では光らない素材、夜の結婚式では光沢のある華やかな素材を意識するようにします。

昼は光らない素材

昼の結婚式では、靴も光らない素材のものを選ぶようにします。

スエードやカーフなどの革製のパンプスや、サテンなど布製のパンプスが基本スタイルとなります。

サテン素材のパンプス

出典:神戸シューズ様

夜は光沢のある素材

夜の結婚式では、昼の結婚式とは反対に、光沢があり華やかな素材の靴を選ぶようにします。

エナメル製の靴や、色がシルバー・ゴールドといった光沢のある華やかな靴がおすすめです。

シャンパンゴールドのパンプス

出典:おとなカワイイ靴店「ヘッジホッグ」様

男性&女性ゲスト共通の靴のマナー

結婚式での男性&女性ゲスト共通の靴のマナーを紹介します。

色・素材のマナー

ヘビ・ワニなど爬虫類系の型押しがされたものは避けるようにします。またヒョウ柄といったアニマル柄も結婚式には不向きです。

種類・デザインのマナー

結婚式ではスニーカーやブーツはNGです。また布製の靴でもデニム地といったコットン製や麻製など、カジュアル要素の強い靴は結婚式では避けましょう。

カジュアル要素が強い靴は二次会などで

結婚式はフォーマルの場です。結婚式に出席する際のファッションでは、フォーマル度の高いアイテムを選ぶようにしましょう。

結婚式には様々な年齢層、考えを持った方が出席しています。人生経験豊富な新郎新婦の関係者がいた場合、「何て非常識なお友達でしょう」と思われ、新郎新婦に迷惑を掛けてしまう場合も...。

カジュアル要素の強いアイテムは、気心知れた友人だけが集まる結婚パーティーや二次会で着用する事が無難です。

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

このページの先頭へ