結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 男性もおしゃれに!結婚式・二次会でのスーツのマナー

男性もおしゃれに!結婚式・二次会でのスーツのマナー

結婚式に招待された男性ゲストは、洋装が一般的なためスーツが基本的な服装となります。

仕事でいつも着慣れているから「スーツについてはおまかせ!」というあなた。結婚式などのフォーマルシーンでのスーツのマナーは大丈夫ですか。

今回は男性必見!結婚式や二次会でのスーツのマナーを紹介します。

スーツの色のマナーについて

結婚式の男性ゲストが着用するスーツの色は何色が良いのでしょう。

一般的な結婚式や二次会において、基本となるスタイルは略礼装。スーツの色としては、黒や濃紺(ネイビー)、ダークグレーといったダークスーツが基本です。

ブラックスーツがおすすめではありますが、20代30代といった若い世代の方は、濃紺やグレーのスーツで、お祝いの場が明るいイメージになるよう、おしゃれを楽しんでみてはいかがでしょう。

何で明るい色のスーツはダメなの?
結婚式の主役は新郎新婦。新郎よりあなたの方が目立ってしまうのはマナー違反です。せっかく仲の良い友人の結婚式だからといっても、明るい色のスーツはやめましょう。

ストライプスーツは大丈夫?

ダークスーツであれば、スーツの柄は気にしなくても良いのでしょうか?そんなことはありません。

結婚式や二次会においてのスーツは無地が基本です。ただし同色のストライプ、例えば濃紺生地に紺の細いストライプなど目立たない柄であれば大丈夫です。

スーツにあわせるシャツやネクタイについて

結婚式や二次会のスーツには、どんなシャツやネクタイをあわせたら良いのでしょう。

シャツの基本は無地の白

結婚式といったフォーマルな場では、スーツにあわせるシャツの基本は無地の白いシャツです。カジュアルな結婚披露宴や二次会などでは、無地以外に同系色の織り柄でも大丈夫です。

結婚式ではボタンダウンシャツはNG?
本来ボタンダウンシャツはカジュアルなもの。結婚式、結婚披露宴などフォーマルな場所には不向きな襟の形です。ただし二次会や披露パーティでは大丈夫ですよ。

結婚式や二次会でのシャツについては、以下の記事が参考になります。

ネクタイは白?

結婚式のネクタイといえば白ネクタイ。ところがこれは昔の話。最近の基本はシルバー系のネクタイです。

ただし30代までの若い方や、気の合う仲間が中心のレストランウェディングといったカジュアルな結婚式や二次会では、カラーネクタイもおすすめ。スーツとのコーディネートを楽しみましょう。

結婚式や二次会でのネクタイの色や結び方については、以下の記事が参考になります。

結婚式・二次会でのスーツQ&A

スーツのパンツの裾は?

フォーマルスーツにおけるパンツの裾は「シングル」が基本です。

最近はダブルの裾を良く見かけますが、ダブルはカジュアル寄りで結婚式などのフォーマルな場には不向きです。

ビジネススーツやリクルートスーツでも大丈夫?

結婚式のためだけにダークスーツを新しく購入するのちょっと...というあなた。

普段仕事で着ているビジネススーツや、リクルートスーツで結婚式に出席しても大丈夫です。

ただし条件があります。それは上記で紹介した、色や柄、パンツの裾などマナーを守ったスーツであること。リクルートスーツは落ち着いた色柄が主流なので大丈夫かと思いますが、ビジネススーツは要注意。普段からオシャレにスーツを着こなしている方は、しっかり確認してから参列しましょう。

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク

このページの先頭へ