結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 主役は新郎新婦!会社自慢のスピーチはやめましょう

主役は新郎新婦!会社自慢のスピーチはやめましょう

会社の関係者がスピーチを行なう場合が多くみられる結婚式。会社の代表としてスピーチを依頼されたあなた。特に注意ですよ。

会社の上司の方々は要注意!?会社自慢のスピーチ

私が以前出席した結婚式にて、新郎の上司がやってしまった事なのですが、会社の事業内容&売上げ実績、他社との違いを延々・・・延々。それはもう延々と。。。

時間にするとそうですねぇ、全体で30分、そのうち会社のお話が25分、新郎へのお祝いの言葉が残り5分といった感じでしょうか。
「そんな大げさなぁ」なんて思うかもしれませんが、会場がざわついたほど強烈でした。

一応、主賓のスピーチなので食事前。。。目の前に美味しそうな料理があるにも関わらず、「待て」の状態でした。とほほ。

主役は会社ではなく新郎新婦!

会社の代表として、まずは会社の紹介・・・。わかります。でも結婚式でのスピーチは、会社の規模や実績を紹介するのではなく、新郎新婦を祝福することがメインなのです。当たり前のことですが。。。

私が見たのも年配の方のスピーチでしたが、この失敗は若い方よりスピーチ慣れした年配の方に多いようです。おそらく過剰な自信からぶっつけ本番でスピーチする事が原因かと。

自信があっても事前に練習を

仕事でよく人前で話す事が多いから大丈夫なんて方も、スピーチ原稿は作成するようにしましょうね。そして、作成したスピーチ原稿に、新郎新婦への祝福がどの程度書かれているか、しっかりと確認しましょう。

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ