上手に言い換えよう!「忌み言葉」「重ね言葉」の言い換え例

忌み言葉・重ね言葉

結婚式のスピーチにおいて「忌み言葉」「重ね言葉」は、不幸を連想させるため良くないとされています。
このような言葉は、別の言葉に言い換えることでスピーチで使うことができます。
言い換え例を挙げてみましたので参考にしてください。

スポンサーリンク

「忌み言葉」「重ね言葉」を別の言葉に

結婚式には老若男女、様々な年齢層の方々が出席されます。
スピーチをしている本人が気づいていなくても、ゆっくりと座ってスピーチを聞いている人は意外と気になってしまうものです。

スピーチ原稿を作成する際から注意し、別の言葉に変えておきましょう。太字の言葉は特に覚えておくとよいでしょう。

「忌み言葉」の言い換え例

  • 「相手に敗れる」→「相手が勝利する」「相手に華を持たせる」
  • 「飽きる」→「満足する」
  • 「新しいスタートを切る」→「新たに出発する」「新しいスタートラインに立つ」
  • 「家に帰る」→「帰宅する」
  • 「家を出る」→「新しい暮らしを始める」
  • 「行く」→「向かう」「伺う」
  • 「思い切って」→「いっそのこと」
  • 「終わる」→「お開きになる」「結ぶ」
  • 「音楽が流れる」→「音楽が聞こえる」
  • 「会に出る」→「参加する」「加わる」
  • 「会を出る」→「中座する」「失礼する」
  • 「帰る」→「おいとまする」「失礼する」
  • 「去年」→「昨年」
  • 「嫌い」→「得意ではない」
  • 「九(く)」→「九(ここのつ)」
  • 「ケーキを切る」→「ケーキにナイフを入れる」
  • 「壊れる」→「役目を全うする」
  • 「最後」→「結び」
  • 「最後にお二人に」→「結びにお二人に」
  • 「桜が散る季節」→「桜の花びらが舞う季節」
  • 「去る」→「おいとまする」「失礼する」
  • 「四(し)」→「四(よん)」
  • 「仕事に戻る」→「仕事に復帰する」
  • 「仕事を辞める」「仕事を離れる」→「勤めあげる」「家庭に入る」
  • 「死ぬ」→「他界する」「天国へ旅立つ」
  • 「スイッチを消す」→「スイッチをオフにする」
  • 「捨てる」→「整理する」「処分する」
  • 「席に戻る」→「席に着く」
  • 「契る」→「約束する」「心に決める」
  • 「月日が流れる」→「月日が経過する」
  • 「時が流れる」→「時がたつ」
  • 「撮る」→「撮影する」
  • 「取る」→「手にする」
  • 「逃げる」→「姿が見えない」「姿を隠す」
  • 「残る」→「あり余る」
  • 「場所を離れる」→「遠のく」
  • 「離れる」→「距離をおく」
  • 「短い」→「簡潔に」「コンパクトに」
  • 「病に倒れる」→「変調をきたす」
  • 「病む」→「療養が必要になる」
  • 「別れる」→「失礼する」
  • 「分ける」→「分担する」
  • 「患う」→「変調をきたす」「療養する」
スポンサーリンク

「重ね言葉」の言い換え例

  • 「返すがえす」→「幾度も」「何度も」
  • 「重ねる」→「加える」
  • 「重ねがさね」→「あわせて」
  • 「繰り返す」→「定期的に行なう」
  • 「くれぐれも」→「どうぞ」「どうか」「あらためて」
  • 「さまざま」→「多様」「多種多様」
  • 「重々」→「ことあるごとに」
  • 「たびたび」→「何度も」「幾度も」「頻繁に」「立てつづけに」
  • 「次々と」→「ひっきりなしに」「順に」
  • 「どんどん」→「積極的に」「たっぷり」
  • 「再び」→「あらためて」
  • 「ますます」→「一段と」「より一層と」
  • 「ますます美しく」→「見るたびに美しく」
  • 「ますますお幸せに」→「末永くお幸せに」
  • 「また」→「いま一度」「並びに」「さらに」
  • 「またまた」→「引き続き」
  • 「皆々様」→「皆様」
  • 「もう一度」→「いま一度」「あらためて」
  • 「もともと」→「元来」
  • 「わざわざ」→「ありがたく」「そのために」「特別に」

上司・主賓の方は特に注意しましょう

若い方がスピーチの際に「忌み言葉」「重ね言葉」を注意する事はもちろん大切ですが、それよりも人生経験がさらに豊富な上司・主賓としてスピーチをされる方は、特に注意するようにしましょう。上司・主賓のスピーチは、会場全体が注目していることが多いので、間違いが目立ちますよ。

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)
このページの先頭へ