結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  > 胸に響く余興がそこに!定番の余興でも感動するのです

胸に響く余興がそこに!定番の余興でも感動するのです

昨年、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんの結婚に関する記事を書きました。
そのときは、新婦のお父様が淳さんに贈った「娘の取扱説明書」についての内容でした。(詳細は、「新婦パパ必見!ロンブー淳に贈った新婦父の「娘の取扱説明書」に感動!」を参照してください)

そして先日、『合体!ロンドンハーツ×ジュニアと田村淳のラブ婚&ダメ婚SP!!』という番組内で、ロンブー淳さんの結婚披露宴の模様が放送されました。

素敵で感動的な内容でしたので記事にて紹介します。

アットホームな雰囲気の結婚披露宴

ハワイのホテル内にあるレストランでの披露宴。
カジュアルでアットホームな感じが画面から伝わってきました。
披露宴の司会は出川哲朗さんと狩野英孝さんのマセキ芸能社コンビ。

ちょっと天然な感じの司会進行が、雰囲気をさらに柔らかいものにしていました。

ワッキー&庄司による「乾杯」のギター弾き語りが胸に響く!

番組では余興の様子も放送されました。
淳さんと同期の芸人、ペナルティのワッキーさんが涙のスピーチ。きっと二人の懐かしい思い出が、いろいろと込み上げてきたのでしょうね。
淳さんも涙を流していました。

スピーチの後、品川庄司の庄司さんがギターを演奏し、ワッキーさんと二人で長渕剛の「乾杯」を歌っていました。
「乾杯」という曲は、結婚式ソングの定番ですし、弾き語りで歌うことも比較的定番な余興ではありますが、淳さんと新婦のカナさんを祝福したいという二人の一生懸命さが伝わってきました。

「しっかり歌うから胸に響いちゃう」と淳さんが言ったように、たとえ定番の余興でも、お祝いの気持ちがしっかりと込められていると、胸に響く感動的なものになるのだなと放送を見て改めて思いました。

また、会場の方々が全員で手拍子をしながら合唱するのを見て、みんなが知っている定番の歌というものの良さに感動しました。

スポンサーリンク

他にもメロディー工場長の即興ラブソングも

余興は他にも、ちょっとしたドッキリのような形で、"メロディー工場長"狩野英孝さんによる即興ソングも行なわれました。
お題となるタイトル「ロンドンブーツとカナ」が新婦より与えられ、それを即興で歌にして披露するという、ある種天才的な技。

ちなみに即興で創作された歌詞は以下のとおりです。

狩野英孝即興お祝いソング「ロンドンブーツとカナ」

真っ白なウェディングドレスに身をまかせ
カナは幸せになれるカナ?
アァン、ウン。
いつも2人で歩いて行こう
ちょっと3歩下がって
亮クンも付いて来る
ブンブンブン、ロンドンブーツ
ブンブンブン、ロンドンブーツ
ロンドンブーツとカナは
これからもずっと
ハッピー、ハッピピピー!!

やはり天才のような気がします・・・。

改めて実感!余興は気持ち込めて堂々と行なうことが大切!

定番の余興でも、心からの祝福の気持ちが伝わるよう一生懸命に行なえば、会場全体を包み込んで大きな感動になるという事が、この番組を見ていて感じました。

また、狩野さんの即興ソングのように、急に余興を依頼されても、自信満々に堂々とこなすと、面白さに感動が付いてくるという事も感じましたね。

即興ソングについては、なかなか真似できるものではありませんが、一生懸命に堂々と余興をするという部分は真似できるはずですよ。

【関連カテゴリ】

結婚式の余興 > 結婚式の余興に役立つ情報館

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ