結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  >  > 新郎よ!新婦よ!燃える闘魂で幸せ闘魂注入!ダァ~ぁ!!!

新郎よ!新婦よ!燃える闘魂で幸せ闘魂注入!ダァ~ぁ!!!

「元気ですか~ぁ!...(省略)...、いくぞぉ!」「1、2、3、ダァ~ッ!」おなじみアントニオ猪木の雄たけび。それを結婚式の会場でやるのも良いけど、アントニオ猪木といえば...。という事で、ふと想像してみた。

「1、2、3、ダァ~ッ!」ではなく闘魂注入!

結婚式の主人公である新郎新婦にアントニオ猪木役をお願いし、幸せな二人(猪木)に「闘魂注入」をしてもらうのだぁ!!!ダァ~ッ!

余興タイトル「燃える闘魂で幸せ闘魂注入!」

これは新郎友人を対象に考えたけど、体育会系、ギャル系?の新婦友人だったらOKかも...。人数は、新郎友人、新婦友人であれば誰でも、何人でも。もちろん家族・親戚でも...。

【必要なもの】

  1. 退場時の曲。もちろんアントニオ猪木のテーマソング 「イノキボンバイエ」
  2. 勇気

【余興内容】

  1. 余興をするステージにあがる。
    ※あえて入場はしない...。
  2. 代表者が、とりあえず新郎新婦にお祝いの言葉を。
  3. お祝いの言葉のあと、新郎新婦に向かい、しみじみと「おまえたちの、"幸せ闘魂"を注入してほしい!」的なことを言い、平手打ちを頼む。
  4. 一列に並び、新郎もしくは新婦に平手打ちをくらう。
    ※ひとりずつ、新郎新婦にお祝いの言葉を言ってから叩かれるのも良いかもね。
  5. 平手打ちをくらった人は、ダチョウ倶楽部のようなリアクションをとる。
  6. 全員が平手打ちをくらったら、お礼の言葉とお祝いの言葉を。
  7. 曲を流してもらい堂々と退場する。
スポンサーリンク

【理想の条件】

  1. 新郎がアントニオ猪木のように強いと、妙にリアルだぞぉ。
  2. 新郎友人が新婦に、新婦友人が新郎と逆のパターンで平手打ちをくらうと面白いかもね。
  3. 新郎のお父さんも誘って、新郎に平手打ちをくらうなんてのも...。

【注意点】

  1. リアクションが激しすぎて、テーブルを倒さないように。
  2. 鼻血がすぐ出る人は避けようね。みんな心配しちゃうぞぉ。
  3. 痛いからといって、怒って新郎新婦を殴らないように。
    ※「掟破りの...」はナシで。

【応用編】

  1. 全員平手打ちをくらった後、新郎のお父さんか、新婦のお父さんに助けを求め、新郎に平手打ちをしてもらうという、掟破りもサプライズでどうぞ。

幸せをもらえる。さらに厄も落とせる...?

叩かれるだけの簡単な余興だけど、二人の幸せを分けてもらえる(かもしれない)、素敵な素敵な余興だ~ぁ!ダァ~ッ!

わ~い。

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

このページの先頭へ