結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  >  > 新郎新婦の思い出ソングを余興で「思い出ソング、口パクヒットメドレー」

新郎新婦の思い出ソングを余興で「思い出ソング、口パクヒットメドレー」

結婚式で余興を頼まれたとき、まず最初に頭に浮かぶのは歌のプレゼントだったりしますよね。でも皆さんは歌が得意ですか?
得意な方は良いですが、そうでない方は大変。

最近の歌番組ではプロの方々も口パクが当たり前。
だけど振り付けやカメラ目線なんかは、しっかりとプロ意識をもってやっている・・・。ならばそれを余興でもやってしまおう。

新郎新婦の思い出ソングを口パクで格好良く披露

新郎新婦が好きな曲や思い出ソングを中心に幾つかピックアップして、各々の曲をメドレー形式で編集。
メンバーがそれぞれ口パクで歌い上げる余興だぞぉ。

余興タイトル「思い出ソング、口パクヒットメドレー」

この余興は新郎友人や新婦友人、会社の同僚など何でもOK。
人数は曲紹介者(司会役)と歌手役の数名。選択する曲(ソロ歌手・グループ)に合わせて、いろいろ対応可能ですよ。

曲の前奏中に曲紹介ができるのであれば、曲紹介者(司会役)は不要だぞぉ。

必要なもの

  1. 曲紹介者(司会役)※いなくてもOK
  2. 新郎新婦が好きな曲、思い出ソングを編集した音源
  3. こだわるなら、曲を歌う歌手・グループのコスプレ衣装

余興内容

  1. 曲紹介者もしくは最初に歌うメンバが、新郎新婦へお祝いのメッセージ&余興の内容を簡単に説明
  2. 編集した音源をスタートさせ、各々が一生懸命歌いあげる(歌うフリをする)
  3. 全員であらためて新郎新婦へお祝いのメッセージを贈る
スポンサーリンク

理想の条件

  1. 音源を上手に編集できる人がいないと大変なので、得意な人を探し手伝ってもらいましょう
  2. 簡単なものでもアーティストをイメージできる衣装があればバッチリ
  3. アーティスト独特の振り付けがある曲はできるだけ覚える努力を(口パクなのでそこは頑張りましょう)
  4. アーティストのしぐさや雰囲気、ライブでの掛け声等をできるだけ真似てみましょう(口パクなのでそこは頑張りましょう)

注意点

  1. 余興を始める前に、念のため「口パクだ」という宣言をしておきましょう
  2. スムーズにメンバ交代ができるよう音源の編集を上手に行ないましょう
  3. マニアックな曲が多すぎると完全な内輪ネタになるので、ある程度有名な曲(紅白出場曲やCM・ドラマ主題歌)にしましょう
  4. お祝いのメッセージを贈る時間も含め、音源の時間をうまく調整しましょう
    曲の主要部分や、サビだけを上手くまとめるなど頑張って編集しましょう
  5. 恥ずかしがらず堂々とやること。演者が恥ずかしがっていると、見ている側も無理やりやらされているようで、何か申し訳なくかわいそうに思えてくるものです

基本はモノマネですね・・・この余興

はっきり申し上げますと、この余興はモノマネです。

でも声マネよりは振り付けだけだったり、雰囲気を真似するだけの方が簡単な気がしません?私だけでしょうか。さらに歌が苦手な人でも出来ちゃう。わぉっ。

この余興は、先日の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」で放送していた「口パクヒットスタジオ」というコーナーを参考にしました。
番組の内容ほど衣装を完璧に用意したりするのは難しいと思いますので、そこは振り付けや雰囲気で乗り越えましょう!

わ~い。

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ