結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  >  > 新郎の新婦に対する理解度をチェック。「理解度チェック!天国と地獄」

新郎の新婦に対する理解度をチェック。「理解度チェック!天国と地獄」

たくさんのデートを重ね、お互いの事を知り合い、そして結婚へと至った新郎新婦の二人...。デートの計画に、イベントの企画など、新郎は新婦のあんなこんなをきっと理解しているのではないでしょうか?おそらく・・・。ラブラブの頂点にいる新郎の、新婦に対する理解度を、余興で確認しましょう。時にやさしく、時に厳しくチェックというカタチで。。。

おいおいそんな事ぐらい理解しておいた方が良いんじゃねぇの?とツッコミ満載のあの定番余興。

新婦に関する質問を新郎に出題し、正解したらご褒美、不正解なら罰を与える、新郎ドキドキのあの余興。ご褒美&罰については様々な応用可能なので定番だけど使えるよ!さぁ新郎をチェック!

余興タイトル「新郎による新婦理解度チェック!天国と地獄」

この余興は新郎新婦、どちらの友人でもOK。(罰を考えると新郎友人の方が良いかな・・・。)人数は、司会者役が1名。ご褒美&罰担当が複数いれば大丈夫。その他、盛り上げ役で2名以上。(ご褒美&罰担当兼任でも可)

【必要なもの】

  1. 司会者(白いアフロをどうぞ)
  2. 答えを書く画用紙など数枚
  3. 答えを書くためのマジック
  4. ご褒美&罰の道具・・・

【余興内容】

  1. 司会者役が内容を簡単に説明。(シナリオ例参照)
    ※時間があれば、お祝いの言葉と思い出話も追加しましょう。
  2. 新郎新婦に対して簡単な質問を出題。
  3. 新郎新婦が同時に回答し、お互いの答えが同じ場合はご褒美(天国)、異なる場合は罰(地獄)を与える。(ご褒美&罰例参照)
  4. 「やっぱ理解してるねぇ!」「そんなこと覚えておけよ!」などと適当に盛り上げる...。

【シナリオ例】

「新郎は昔から新婦をやさしくサポートしてきました。誕生日などのイベントもまめに企画し、新婦の欲しいもの買ってあげるなど、新婦の事はとにかく理解しているはずです...。今、この場でその理解度をチェックしたいと思います。」とか、適当に。

【ご褒美(天国)&罰(地獄)例】

ご褒美(天国)
新婦からのキス、クラッカーで盛り上げる、女装した新郎友人からのキス(天国という名のもとに)など...。
罰(地獄)
ハリセンで叩く、新郎友人(男)からのキス、新婦からのビンタなど...。

スポンサーリンク

【理想の条件】

  1. 広い会場の場合は書いた答えが見えないかもしれないので、適度に大きい画用紙&太いマジックを用意。
  2. ご褒美(天国)は、新婦から新郎へのキスなど、正解して良かった的なものが良いかな。
  3. 罰(地獄)の内容は、「ハリセンで叩く」「新郎友人(男)からのキス」など、不正解を後悔させるものを。
  4. 「ハリセンで叩く」などの場合は、新郎の父母、兄弟姉妹、といった身内にも参加してもらい、「○○ちゃん(新婦)を理解してあげてないなんて」などと言って叩いてもらうと盛り上がるかな。
  5. 司会者役の人はトークを上手にしましょうね。
  6. 余興に参加する人たちは、とにかく盛り上げ役に徹しましょう。

【注意点】

  1. 新婦に恥ずかしい思いをさせるような質問は避ける。(体重、スリーサイズなど)
  2. 全部不正解だと変な空気になるので簡単な質問を多めに。
  3. かといって全問正解だとつまらないので、正解不可能な質問も1,2問用意する事。
  4. 新郎新婦二人が必ずそろっている状況で行うこと。新婦お色直し中は無理。
  5. ご褒美(天国)も罰(地獄)も適度なものに。やりすぎて周囲がひかない程度な事を。

これからの新郎の新婦に対する愛が見えてくる?

これって意外と定番ですよね...。私何回か見ましたから。こういう定番の余興って、罰を与えるなどの際に、新郎の家族に参加してもらうだけでスゴく盛り上がりますよ。友人だけだと、どうしても内輪的な盛り上がりになっちゃうからねぇ。でも毎回の事ですが、強引に参加させないようにね...。

わ~い。

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

このページの先頭へ