結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > あなたならどれ?基本的な結婚式での余興パターンを覚えよう

あなたならどれ?基本的な結婚式での余興パターンを覚えよう

突然ですが、あなたは何か人前で披露できるような特技をお持ちですか。

この回答が「はい」の方は、結婚式で余興を依頼されても、もしその特技が披露できるような状況であれば困ることはありませんよね。
でもそんな方々は少ないのでは。。。

今回は、結婚式での余興における基本的なパターンのお話です。

基本的な余興のパターンは「披露型」と「まき込み型」

結婚式での余興のパターンとして代表的なものは、「披露型」と「まき込み型」があります。それぞれのイメージは下記のとおりです。

披露型

余興を依頼された本人もしくはグループが得意とするものを、結婚式の余興として披露するタイプのもの。具体的な例としては、

  • カラオケ
  • ダンス
  • お祝い動画上映
  • マジック・手品
  • バンド演奏

などがあります。

まき込み型

余興を依頼された本人もしくはグループがネタ・アイデアを企画し、新郎新婦や出席者をまき込み結婚式の余興として披露するタイプのもの。具体的な例としては、

  • このサイトで紹介しているようなネタ・アイデア(新婦のアロマはどれだ等)
  • ゲーム
  • クイズ
  • テーブルスピーチ

などがあります。

スポンサーリンク

あわせ技やプロに依頼するというパターンも

その他にも「披露型」と「まき込み型」を合体させたものや、プロの芸人さんを呼んでの「お任せ型」もあります。

披露型+まき込み型

新郎新婦や親族が歌や演奏に参加して、バンド演奏やダンスなどを披露するといったものがあります。

お任せ型

プロのピアノ奏者やバイオリン奏者、芸人・タレントさんに余興を依頼する・・・などがあります。

ちなみに「お任せ型」に関しては、基本的に出席者が余興を考えるというよりは、新郎新婦側で企画する事が多いようです。
まれに、サプライズとして余興を依頼された方々が、新郎新婦に内緒でプロに依頼し盛り上げるという事もあるようです。

あなたはどのタイプを選びますか

上記に挙げたものは、よくある余興のパターンです。あなたのアイデア次第では新しいタイプの余興が完成するかもしれません。

何はともあれ、新郎新婦をお祝いする気持ちは変わりませんので、そこだけは忘れず楽しい余興をプレゼントしましょう。

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ