結婚式にお呼ばれするゲストの皆さんは、ドレスやスーツといった洋装が一般的なスタイルです。

洋装の場合、特に女性のドレススタイルではアクセサリーがとても重要。
おしゃれな女性ゲストの皆さんの中には、『ブレスレット』について気になっている方も多いのでは。

「お呼ばれスタイルにブレスレットは必要?」
「結婚式でのブレスレットのマナーが気になる」
「どんなブレスレットが良い?オススメは?」

などお悩みなのでは。

ということで今回は、『結婚式にお呼ばれする際のブレスレット』について解説。

お呼ばれゲストが身につけるブレスレットの基本マナーや、オススメのブレスレットなどをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

結婚式にお呼ばれ!ブレスレットは必要?

手首や腕につけるアクセサリー『ブレスレット』
おしゃれな皆さんは、普段のファッションにも取り入れているアクセサリーなのでは。

フォーマルなオシャレが大切な結婚式。
女性の皆さんがドレススタイルで出席する場合は、アクセサリーを身につけることが基本マナーです。

さて、結婚式にお呼ばれするゲストにとって『ブレスレット』は必要なアクセサリーなのでしょうか。

つけなくてもOK!

結論から申しますと、ブレスレットの有無については『どちらでもOK』です。

結婚式当日のあなたのファッションに必要であればつけましょう。

ネックレスやイヤリングなど、その他のアクセサリーが充実しているなど、ブレスレットまでつける必要がない…とのことであれば、つけないと判断しても大丈夫です。

つける場合はどっちの腕?

ブレスレットはどちらの腕につけても構いません。

結婚式だからといって『どちらの腕につけましょう…』などの決まりはありません。

一般的には『利き腕の反対』につけることが多いようです。
ただし決まりはもちろんありません。あなたの好みで大丈夫です。

ゲスト必見!ブレスレットのマナー&選び方

つづいて結婚式でのブレスレットのマナーについて紹介します。
お呼ばれする際に身につける『ブレスレット選び』の参考にしてください。

アクセサリーの基本マナーを守る

結婚式にドレススタイルでお呼ばれする場合では、以下のような洋装の基本ルールを守ることが大切です。

  • 昼は光らない素材のアクセサリー(パールが無難)
  • 夜はキラキラ光るアクセサリー(宝石、ゴールドなど)

『パール』は昼夜どちらでもOK

パールは昼夜どちらの結婚式でも重宝する万能アイテムです。

ブレスレット選びに困った場合は、『パール』を使ったブレスレットを選ぶと良いでしょう。

カジュアルな結婚式なら

『略礼装』が基本となる比較的カジュアルな結婚式では、昼でも宝石があしらわれたブレスレットをつけても大丈夫です。

ただし、キラキラし過ぎるなど目立つものはNG。
ドレススタイルにあった、さりげなく華やかなブレスレットを身につけましょう。

略礼装のスタイルに『パール』系のアクセサリーをコーディネートすると、それだけで装いの格を上げることが可能です。

カジュアル?格式高い?

結婚式がカジュアル傾向にある現在、昼の結婚式で多少キラキラした素材の小物を身につけていても、特に厳しく言われることは少ないようです。

ただし『結婚式招待状の差出人』が新郎新婦のご両親の名前だった場合は、格式を重んじている傾向が強いので注意すると良いでしょう。

花(生花・アーティシャルフラワー)は避ける

生花など使ったブレスレットは避けましょう。

花飾りは結婚式の主役である『花嫁』のためのもの。
ヘアアクセサリーといった花飾りはもちろん、リストブーケ・リストレットなどを、お呼ばれゲストが身につけるのはNG。

『アーティフィシャルフラワー』『プリザーブドフラワー』などのブレスレットも避けた方が無難です。

数珠&パワーストーンは注意

最近は『数珠』『パワーストーン』を、ブレスレットとして身につけている方も多くいらっしゃいます。

数珠は『喪』のイメージ

『数珠』は避けた方が良いでしょう。

年配のゲストも出席する結婚式では、お祝いごとである結婚式において『数珠』は良く思われません。

パワーストーンはカジュアルな印象

また『パワーストーン』は、比較的カジュアルな服装にあわせるイメージ。
フォーマルなスタイルには不向きですので、結婚式や披露宴の最中は外した方が無難です。

パワーが気になる方は、バッグや財布、スーツのポケットなどに入れておきましょう。

革製のブレスレットは二次会で

ブレスレットには革製のタイプも多くみられます。

革や布製のブレスレットなどは、カジュアルなイメージが強いのでフォーマルスタイルには不向きです。

またヘビ柄やワニ柄、ヒョウ柄やファーなどアニマル柄&獣系のブレスレットは避けましょう。

ドレスアップタイプなら

革製のブレスレットにも、ゴールドやシルバーと組み合わせたドレス度の高いアイテムもあります。

カジュアルウェディングや二次会などにオススメですよ。

出典楽天市場:アクセサリーショップROI様

派手&目立ち過ぎるブレスレットは避ける

派手&極太など、遠めから見ても目立つようなブレスレットは避けます。

アクセサリーには華やかさが大切ですが、悪目立ちするものはNG。
お呼ばれゲストが、主役より派手なアクセサリーで目立つことはマナー違反です。

宝石系のブレスレットを身につける際も、さりげなく品のあるものを選びましょう。

手作りブレスレットOK!ただし注意点も

最近はハンドメイド専門のサイトがあるなど『手作り』のアクセサリーが人気です。

結婚式で身につけるアクセサリーは手作りでも構いません。
選ぶ際のポイントは、これまで紹介したようなマナー&注意点を守っていること。

あなたのドレススタイルにあった、さりげないけど華やかでフォーマルなブレスレットを選ぶと良いでしょう。

お呼ばれゲストにオススメのブレスレット

結婚式にお呼ばれする皆さんにオススメのブレスレットを紹介します。

画像:3連パールブレスレット

適度なボリューム感の3連パールブレスレット。

交互に連なるパールとラインストーンが、さりげない輝きを手もとに添えてくれます。

ゴールド&シルバーの2カラー展開。

出典楽天市場:PourVous(プールヴー)ドレス通販様

画像:3連パールブレスレット

3連パールが華やかなブレスレット。

アクセントのラインストーンもポイント。どんなドレススタイルにもピッタリのブレスレットです。

シルバーとゴールドの2カラー展開。

出典楽天市場:パーティードレス通販GIRL様

画像:ビジュースパイラルブレスレット

パールとビジューが手首に巻きつくデザインのブレスレット。

さりげない輝きが、お呼ばれドレスを華やかに上品に彩ります。

出典楽天市場:PourVous(プールヴー)ドレス通販様

画像:トゥインクルパールブレスレット

パールとラインストーンが星空のように輝くブレスレット。

華やかな雰囲気の結婚式にピッタリのデザイン。夜の結婚式はもちろん、レストランウェディングなどカジュアルな結婚式にも最適です。

シルバー、ゴールド、ピンクゴールドの3カラー展開。

出典楽天市場:PourVous(プールヴー)ドレス通販様

画像:ラインストーン&パールブレスレット

大小パール&ラインストーンチェーンのブレスレット。

主張しすぎず上品に。結婚式のドレススタイルを華やかにするブレスレットです。

ゴールド&シルバーの2カラー展開。

 

出典楽天市場:パーティードレス通販ベル様

画像:ブレスレットウォッチ

結婚式などフォーマルなパーティーシーンでは、『「早く席を立ちたいと考えている」といった印象を主催者に与えてしまう』などの理由で、『腕時計』はNGとされています。

ただし最近は、あまり気にされない傾向に。
もし時計を身につけたいとのことであれば、ブレスレットウォッチがオススメです。

出典楽天市場:フランス時計ピエールラニエ公式様

画像:カットビーズブレスレット

シンプルなデザインのビーズブレスレット。

カジュアルなイメージのビーズブレスレットですが、カラフルなものではなくシルバーやゴールドといった色なら結婚式にもオススメ。

華奢なシルエットなので重ね付けにも最適です。

出典楽天市場:神戸ヴァンテーヌ様

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)