結婚式・披露宴の終盤におこなわれる『花嫁の手紙』
新婦から両親へ伝えられる言葉が感動的な心温まるシーンです。

そんな『花嫁の手紙』ですが、

「お父さんとのエピソードがない」
「お母さんとの思い出が浮かばない」
「病気の話って書いても大丈夫?」

など、手紙の原稿作りでお悩みの方も多いようです。

ということで今回は、『花嫁の手紙』の原稿作りに役立つ『エピソード例』をピックアップ。

何を書いて良いか迷っている新婦の皆さんへ、『花嫁の手紙』にピッタリなお父さん、お母さんとのエピソード例を紹介します。

スポンサーリンク

どんなことを伝えるの?

『花嫁の手紙』で伝える中心の話題は、

  • 両親に感謝したいこと
  • 今だから謝りたいこと
  • 両親からのアドバイスで心に残っていること

といった内容が一般的です。

まずは書き出してみよう

まずはメモ帳など何でもよいので、紙に一度、思いつくままに『エピソード』を書いてみましょう。

『エピソードがない』と困っている皆さんは、すぐに手紙を書き始める傾向があります。
いきなり手紙の清書を始めてしまうと、『上手に書こうとする気持ち』が強いせいか、思い出が意外と浮かばないもの。
なので、いきなり手紙を書き始めるのはオススメしません。

まずは箇条書きでも何でもよいので、とにかく記憶をたどって思いつくままにエピソードを挙げていくと良いでしょう。

本当にない?エピソード例

『花嫁の手紙』で書くような、お父さんお母さんとのエピソードが浮かばない…。
本当に何もありませんか。

『花嫁の手紙』だからといって壮大なエピソードを探しているのでは。
何気ないエピソードでも大丈夫なので、ゆっくりと時間をかけて思いだしましょう。

お父さんとのエピソード例

『お父さんとのエピソードがない』という新婦は多いようです。

あなたとお父さんとの間に、こんなエピソードはありませんか。
子供のころから最近の出来事まで記憶をたどってみましょう。

こんなエピソードは?

  • 休日にお父さんと遊んだ思い出
  • 結婚について話したときのお父さんの表情
  • お父さんに褒められて嬉しかったこと
  • お父さんがお母さんに代わって作ってくれたご飯の味
  • お父さんとケンカしたときのこと
  • お父さんに怒られたこと
  • お父さんからもらった大切なアドバイスなど
  • 今だからお父さんに謝りたいこと
  • 進路についてお父さんに相談したときのこと
  • 子供ながらにカッコいいと思ったお父さんの姿

ポイント

無理に昔懐かしいエピソードを伝える必要はありません。
結婚を報告したときのことなど、最近の思い出話でも大丈夫。

『結婚を相談、報告したときのお父さんの表情』などは、これまで私が出席した結婚式でも多かったエピソード例です。

お母さんとのエピソード例

お母さんとのエピソードは、お父さんに比べると多いようです。

それでも思い出が浮かばない新婦の皆さん。
あなたとお母さんとの間に、こんなエピソードはありませんか。

こんなエピソードは?

  • お母さんとの何気ない会話のこと
  • お母さんと一緒に料理をしたときのこと
  • お母さんから習った料理のこと
  • 結婚についてお母さんに相談したときのこと
  • 病気やけがをしたときのこと
  • お母さんに褒めてもらって嬉しかったこと
  • お母さんとケンカをして謝りたいこと
  • お母さんに怒られて気づいたこと
  • 学校行事に来てくれたときのこと
  • 子供ながらに驚いたお母さんの意外な一面など(良いことで)

ポイント

これまで私が出席した結婚式では、意見がぶつかってケンカしたことへの謝罪や、料理についての話など、同姓ならではエピソードが多かったです。

両親とのエピソード例

お父さんとお母さんのエピソードを各々思い出す必要はありません。
両親との思い出として1つのエピソードを伝えるのも良いでしょう。

こんなエピソードは?

  • 夏休みやGWなどで行った家族旅行の思い出
  • 二人に結婚の相談をしたときのこと
  • 運動会や入学式、卒業式など学校行事での思い出
  • クリスマスや誕生日、お正月の出来事など
  • 両親に迷惑をかけて謝りたいこと(言える範囲のことで)

ポイント

どうしても「お父さんとのエピソードがない」という新婦の皆さん。
両親や家族みんなとのエピソードであれば、何か見つかると思うのでオススメですよ。

こんなエピソードは大丈夫?

お父さんお母さんとのエピソードの中には、『これを伝えたら暗い雰囲気になるかな』と心配になるものあるのでは。

病気に関する話はしても良い?

あなた自身が病気だった時のことを話す場合では、以下の点に注意しましょう。

病名や病状の細かい説明は不要

『花嫁の手紙』で病気に関するエピソードを話す場合は、病名や病状の説明を細かくする必要はありません。
さらりと説明する程度で充分です。

『こんな病気だった』『このような病状だった』といった病気の話は最小限に。
詳しく話すのは『看病してくれたこと』など、両親に対する感謝の気持ちなどを中心に伝えましょう。

他界した父・母との話題

亡くなったお父さん、お母さんの話をする場合も、亡くなった原因を詳しく話す必要はありません。
悲しい内容とならないよう話題は最小限に。

感謝&決意を伝える

花嫁姿を見てもらえなかったという寂しい気持ちや、結婚することへの感謝、これから亡くなったお父さん、お母さんの分まで頑張るという決意を伝えると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は『花嫁の手紙』でのエピソード例について解説しました。

いざ手紙を書くとなるとエピソードが思い浮かばないもの。
まずは一度リラックスして、何でもよいので書き出してみましょう。

お父さんお母さんとの思い出や、二人に伝えたいことは必ずあるはずです。
結婚式・披露宴という機会だからこそ伝えられる、両親への気持ちを手紙に綴ると良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)