幼いころから一緒に過ごしてきた兄弟・姉妹が結婚。時にはケンカしたり、ふざけて遊んで泣いたり笑ったりと、思い出がいっぱいの家族の結婚となると、感慨深いものです。

今回は、友人の場合とはちょっと異なる、兄弟・姉妹が結婚となった場合のご祝儀について紹介します。

スポンサーリンク

兄弟・姉妹へのご祝儀の相場について

新郎新婦が、あなたの兄弟・姉妹だった場合、ご祝儀の相場はどのくらいなのでしょう。

平成24年度の全日本冠婚葬祭互助協会調べによる、兄弟・姉妹へのご祝儀の目安は以下のとおりです。なお金額はアンケートにて最も回答の多かった金額です。

参考サイト

兄弟・姉妹への世代別のご祝儀相場
兄弟・姉妹あなたが20代5万円
あなたが30代5万円
あなたが40代10万円
あなたが50代10万円
あなたが60代以上10万円
兄弟・姉妹への地域別のご祝儀相場
兄弟・姉妹北海道5万円
東北5万円
北関東10万円
東京5万円
南関東5万円
中部5万円
近畿10万円
中国5万円
四国5万円
九州・沖縄10万円

兄弟・姉妹へは5万円から10万円が目安のようです。

あなたが未婚(独身)の場合

あなたが独身の場合、ご祝儀を渡すのであれば5万円が目安の金額となります。ただしこれは一般的な相場であり、あなたの年齢や環境によっても異なります。

弟・妹など、あなたより下の兄弟が結婚する際には、兄・姉として相場より多くお祝いを贈る場合もあります。

またその逆で、あなたより上の兄弟が結婚する際には、少なくても何も言われない場合もあります。

例えば、あなたが社会人1年目で兄・姉へのご祝儀が3万円だった場合、社会人に成りたてという事もあり、それが相場という考えもあります。

あなたが学生・親と同居の社会人

この場合、ご両親と一緒に家族として出席するのが一般的です。引き出物も1つとなりますので、あなたはご祝儀を出さなくてもよいかもしれません。ご両親の考えもありますので、事前に確認すると良いでしょう。

あなたが既婚(夫婦)の場合

あなたが既に結婚し夫婦で兄弟・姉妹の結婚式に招待されたといった場合は、7万円から10万円がご祝儀の目安金額となります。

友人の結婚式などでは5万円を包むことが一般的ですが、兄弟・姉妹といった身内の場合には、少し多めにご祝儀を包む事が多いようです。

家族間のルールが存在する!?まずは両親に相談を

兄弟・姉妹など親族へのご祝儀相場については、あくまでも目安であり家族・親族内の考えによっても異なります。

あなたが一般的な相場をもとに5万円で良いと思っていても、家族内の考えでは「それでは少ない」「それは多すぎる」「兄弟間のご祝儀はナシ」など考えが異なるかもしれません。

最初に紹介したご祝儀の金額相場もあくまで目安です。まずはご両親に相談し、家族間のルールやご両親の考えを確認すると良いでしょう。

兄弟・姉妹へご祝儀を渡すタイミング

兄弟・姉妹へのご祝儀は、結婚式前に直接渡すのが基本です。

友人の場合とは異なり、あなた自身も「招待する側」ですので、受付で渡すということは行ないません。

結婚式当日までに、諸事情により直接渡せない場合は、現金書留で郵送すると良いでしょう。あわせてお祝いの手紙を同封すると丁寧ですよ。

兄弟・姉妹へのご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋の書き方についてですが、兄弟・姉妹だからという特別なものはありません。ご祝儀袋の書き方については、以下の記事を参考にしてください。

兄弟・姉妹へのご祝儀Q&A

結婚式を挙げない兄弟・姉妹へのご祝儀は?

兄弟・姉妹が結婚式・披露宴を挙げない場合は、5万円程度がご祝儀の相場とも言われています。ただしあくまでも相場です。

式の有無に関わらず、兄弟・姉妹へのお祝いの気持ちを加味して7万円から10万円を包んでも良いですし、本人たちに希望の品を直接聞いて、お金ではなく結婚祝いの品を贈るという場合もありますので、家族間で相談・確認すると良いでしょう。

学生だからご祝儀や結婚祝いは贈る必要ない?

学生の場合、兄弟・姉妹の結婚式にはご両親と一緒に家族として出席するのが一般的です。そのため基本的にはご祝儀やお祝いを贈る必要はありません。

しかし、お祝いというのは気持ちであり「一般的にも必要ないものだから贈らなくてもよい」という事ではありません。兄弟・姉妹の事を良く知る身内だからこその贈り物は、とてもうれしいものでしょう。

5万円、10万円といった相場にあわせた金額を包む必要はありません。身の丈にあった金額、もしくは品物を贈ると良いでしょう。こちらもご両親に相談してみるとよいでしょう。

スポンサーリンク