兄弟や姉妹が結婚することになった皆さん。
幼いころのこと、仲良く遊んだときのことなどを思い出して、涙がこぼれる方も多いのでは。

そんな兄弟・姉妹の結婚式にお呼ばれする場合、いろいろと気になるのが『服装』。

「兄弟・姉妹の結婚式での服装マナーを知りたい」
「女性は着物が基本?ドレスでも大丈夫?」
「兄弟の結婚式での30代女性にオススメのドレスは?」
「兄弟の結婚式に子連れで行く場合の服装の注意点は?」
「義理の兄弟の結婚式ではどんな服装が良い?」

など、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

ということで今回は、結婚式での兄弟・姉妹の服装について解説。

身近な親族である『兄弟』『姉妹』の結婚式での服装マナーから、男性・女性別の参考コーディネートまで、わかりやすい画像で紹介します。

掲載画像について

結婚式でのスカート丈は『ひざ下丈』など長めの丈がマナーです。
掲載画像ではモデルさんの身長等により『ひざ上丈』になっているものもあります。

あくまでも配色や小物との組み合わせといった、『コーディネートの参考』としてご覧ください。

兄弟・姉妹の服装の基本マナー

結婚式において兄弟・姉妹は、新郎新婦の身内として招待客を迎える側。
友人といったゲストの方々とは異なる立場となります。

結婚式での兄弟・姉妹の装いについて、まずは基本的なポイントを紹介します。

フォーマル感を重視する

親族である兄弟・姉妹の服装は、ゲストの方々より『フォーマルな装い』にすることが重要。
『オシャレ感』より『フォーマル感』を重視することがポイントです。

また当日の服装のほか、その振る舞いについても注意が必要。

親族の中でも兄弟・姉妹は、ゲストの方から意外と注目されるもの。
新郎新婦の身内として、恥ずかしくない装い&所作を心がけることが大切です。

新郎新婦より控えめに

当然ながら、主役である新郎新婦より控えめな装いとすることが重要です。

兄だから、姉だからと主役の二人より目立つような服装はNG。
奇抜なデザインのスーツ・ネクタイやドレスなど、主役より派手な装いは避けましょう。

両親を立てる装いを

主役である新郎新婦のほか、両親より控えめな装いをすることもポイント。
特に洋装の場合、兄弟は両親より格下の装いにすることが大切です。

例えば、父親がモーニングコートの場合、兄弟はモーニングコートではなく、ディレクターズスーツやブラックスーツなどを着用しましょう。

男性兄弟(兄・弟)の服装コーデ

あなたが新郎新婦の『兄』や『弟』の場合の、結婚式での服装について紹介します。
男性の場合は、スーツスタイルといった洋装が一般的です。

スーツについて

新郎新婦のお兄さん・弟さんには、『準礼装』といった装いがオススメです。

準礼装には、

  • ディレクターズスーツ
  • タキシード
  • ブラックスーツ

があり、時間帯によって相応しいものを選びます。

ブラックスーツは、同じ準礼装の中でもやや格下になります。
ただし時間帯を問わず着用することができるなど、とても便利な装いです。

若い兄弟ならダークスーツも

20代、30代といった若い世代の方であれば、『略礼装』にはなりますがダークスーツでも大丈夫です。
ただしゲストを迎える立場ですので、派手な印象とならないスーツを選びましょう。

参考画像:ディレクターズスーツ

『ディレクターズスーツ』は、男性の『準礼装』での昼の装い。
午前中から18時(冬は17時)までの結婚式に最適な装いです。

→ 詳しく解説『男性の準礼装とは

参考画像:タキシード

『タキシード』は、男性の『準礼装』での夜の装い。
最近は『正礼装』としても着用されます。
18時(冬は17時)以降の結婚式に最適な装いです。

→ 詳しく解説『男性の準礼装とは

参考画像:ブラックスーツ

『ブラックスーツ』は、男性の『略礼装』で昼夜問わず活躍する装い。
『準礼装』としての一面もありますが、『準礼装』の中では『やや格下』の扱いです。

参考画像:ダークスーツ(ネイビー)

『ダークスーツ』は、男性の『略礼装』で昼夜問わず活躍する装い。
『ネイビー』のほか、『チャコールグレー』などもオススメです。

ネクタイの選び方

ネクタイは、着用するスーツスタイルにあったものを選びます。

『ディレクターズスーツ』では、

  • グレー系の(縞柄・無地)の結び下げネクタイ

『タキシード』では、

  • 黒の蝶ネクタイ

が基本です。

『ブラックスーツ』『ダークスーツ』であれば、

  • シルバー系

のネクタイが良いでしょう。
最近は『パステルカラー』のネクタイも人気。

  • パステルブルー
  • ピンク

など、淡色のネクタイもオススメです。

参考画像:ブラックスーツ&シルバーネクタイ

ブラックスーツとシルバーネクタイのコーディネート。
最近の結婚式では一般的な、兄弟にオススメのシルバーネクタイスタイルです。

→ 詳しく解説『結婚式での親族のネクタイマナー&選び方
→ 詳しく解説『結婚式にオススメのシルバーネクタイ(ストライプ&ドット柄など)

シャツの選び方

シャツについても着用するスーツスタイルにあったものを選びます。

『ディレクターズスーツ』では、

  • レギュラーカラーの白無地シャツ
  • ウイングカラーの白無地シャツ

『タキシード』では、

  • ウイングカラーの白無地シャツ

が基本です。

『ブラックスーツ』『ダークスーツ』の場合は、

  • レギュラーカラーの白無地シャツ

を選ぶと良いでしょう。

ボタンダウンはNG

ボタンダウンシャツはカジュアルな装いですので、よりフォーマルな装いを心がける兄弟のシャツとしてはNG。
また白以外のカラーシャツもオススメしません。

→ 詳しく解説『結婚式でのワイシャツの選び方

靴の選び方

足元は意外と見られているもの。
靴も着用するスーツスタイルにあったものを選ぶことが大切です。

『ディレクターズスーツ』では『黒の紐革靴で内羽根』の、

  • ストレートチップ
  • プレーントゥ

『タキシード』では、

  • エナメルのオペラパンプス
  • エナメルの内羽根ストレートチップ

が基本です。

『ブラックスーツ』『ダークスーツ』の場合は『黒の紐革靴で内羽根』の、

  • ストレートチップ
  • プレーントゥ

を選ぶと良いでしょう。

靴はピカピカに磨いて

正しい靴選びをしても、靴自体が汚れているようでは全て台無しに。
靴はしっかりとピカピカに磨いておきましょう。

→ 詳しく解説『結婚式での男性の靴マナー&選び方

ポケットチーフやベスト、アクセサリーでフォーマルに

『ポケットチーフ』をスーツのポケットに挿したり、『ベスト』をあわせたりすると、よりフォーマルな装いとなります。
また、『カフスボタン』『ラペルピン』など、アクセサリーを使ってオシャレ度をアップするのもオススメ。

ただし、いろいろとやり過ぎるよりは『さりげない小物使い』がポイントです。

参考画像:ポケットチーフを使ったコーディネート

参考画像:グレーベストをあわせたスタイル

参考画像:ラペルピン&ベストのシンプルなコーディネート

女性兄弟(姉・妹)の和装コーデ

兄弟の結婚式に招待された女性の『和装』について参考コーデを紹介します。

既婚・未婚で装いが異なる

和装の場合は、『既婚』『未婚』で礼装に違いがあります。

あなたが既婚の場合

既婚者の和装の正礼装は『黒留袖』
女性の既婚親族全員が、『黒留袖』を着用することもあるほど一般的なスタイルです。

参考画像:黒留袖

参考画像:色留袖

『色留袖(五つ紋)』も既婚者の礼装。
「黒留袖を着るのはちょっと」といった、若い女性親族の方にオススメです。

あなたが未婚の場合

未婚者の和装の正礼装は『振袖』です。
姉や妹は新婦より控えめの『中振袖』『小振袖』着用すると良いでしょう。

未婚の方でも、年齢が高く振袖に抵抗がある方には『色留袖』がオススメ。
色留袖は既婚・未婚問わず着用できます。

参考画像:振袖

女性兄弟(姉・妹)の洋装コーデ

兄弟の結婚式に招待された女性の『洋装』について参考コーデを紹介します。

兄弟の結婚式での女性の洋装は『準礼装』が基本。
ゲストより『フォーマル』を意識した『ドレス』『スーツ』を選ぶことがポイントです。

→ 詳しく解説『女性の準礼装とは

オススメのドレス&参考コーデ

オススメのドレス&参考コーデ(20代の女性兄弟)

兄弟の結婚式での20代女性の装いは、

  • 華やかさ&上品さ

がポイント。
『派手』『下品』と思われないドレスを選ぶことが大切です。

レース刺繍のドレスは『華やか』且つ『フォーマル』な印象でオススメ。
ドレスカラーも『ピンク』『パステルブルー』などを選んで、明るい結婚式の雰囲気をつくると良いでしょう。

参考画像:ピンクベージュのレースドレス

参考画像:ラベンダーグレーのレースドレス

「素敵なドレスだね」って褒められる
1万円前後で高品質なドレスが手に入る!お呼ばれドレスは『パーティードレス専門店PourVous』

オススメのドレス&参考コーデ(30代の女性兄弟)

兄弟の結婚式での30代女性の装いは、

  • 落ち着き&上品さ

がポイント。
大人の女性として、落ち着きある上品なドレスを選ぶことが大切です。

兄弟の結婚式にお呼ばれする30代女性には、華やかで落ち着いた色のドレスがオススメ。
最近は『ボルドー』『グリーン系』などの色が人気です。

参考画像:ボルドーカラーのIラインドレス

参考画像:カーキカラーのドレス

「そのドレス似合ってるね!」って言われる
2,000アイテム超の品揃え&公式サイトなら試着サービスも!お呼ばれドレスは『パーティードレス通販GIRL』

オススメのドレス&参考コーデ(40代以上の女性兄弟)

兄弟の結婚式での40代女性の装いは、

  • 品格&高いフォーマル感

がポイント。
より高いフォーマル感を意識したドレスを選ぶことが大切です。

兄弟の結婚式にお呼ばれする40代以上の女性には、華やかな『フォーマルスーツ』もオススメ。
『ネイビー』『黒』などフォーマルで定番カラーのドレスなども良いでしょう。

参考画像:ネイビーのフォーマルスーツ

参考画像:黒のドレス

「素敵なドレスだね!」って褒められる
【受取・返却もラクラク】お呼ばれドレスは『レンタル』が便利&お得です

結婚式での兄弟の服装Q&A

結婚式での兄弟・姉妹の服装について、気になる疑問を解決します。

兄弟の結婚式に子連れで行く場合の服装は?

赤ちゃんや子供さんなど、子連れで兄弟の結婚式に出席する場合でも、基本的な服装のマナーは同じです。

ただし子連れでの出席の場合は、赤ちゃんをあやしたり、子どもをトイレに連れて行ったりと、動き回ることが予想されます。

カジュアルな服装にならないよう注意し、なるべく動きやすい装いで出席すると良いでしょう。

子供の服装も一緒にコーディネート

子供と一緒に出席する際は、親子で統一感のある服装にするのがオススメです。

可愛いからと子供だけ派手な衣装にするのは避けましょう。

義理の兄弟の結婚式での服装は?

義理の兄弟・姉妹の結婚式の場合も、基本的な服装マナーは同じです。

ただし、家族・親族間での装いに関する決まりごとがある可能性も。
もし気になるのであれば、事前にお義父様やお義母様などに相談すると良いでしょう。

迷ったらレンタルドレスを!

コーディネートに自信がない女性や、結婚式にお呼ばれする機会が多く「毎回同じ服装はイヤ!」という方には、料金も安いレンタルドレスがおすすめ。

ドレス単体はもちろん、ドレスとアクセサリーや羽織ものがセットになった「ドレスセット」もあり簡単にコーディネートが可能です。その他、バッグや袱紗などの小物類もレンタルできます。

おしゃれコンシャス

業界最大級のレンタルドレスショップ『おしゃれコンシャス』。
有名ブランドのドレスなどが、『6泊7日2,900円~』というお手軽料金でレンタルが可能。
ドレスセットも充実しているのでコーディネートに自信がない方も安心です。
レンタルドレスはおしゃれコンシャス

Cariru

結婚式や二次会に便利なドレスレンタルショップ『Cariru(カリル)』。
新作ドレスからハイブランドドレスまで、常時3,500点以上がラインナップ。
週末はもちろん平日もレンタル可能で、2泊3日から長期レンタルまで対応しています。
ドレスレンタルショップ Cariru

ワンピの魔法

20代から60代を中心に13万人以上が利用!レンタルドレスの『ワンピの魔法』。
レンタル日程は『土日・祝日3泊4日』、料金は一律『5,980円』の簡単&便利なシステム。
わかりやすい商品紹介&たくさんのコーデ画像など初めての方でも安心です。
→ レンタルドレスのワンピの魔法

まとめ

ということで今回は、兄弟・姉妹の結婚式での服装について解説しました。

親族は他のゲストから意外と注目されているもの。
ゲストを迎える立場として、恥ずかしくない装い&振る舞いが大切です。

兄弟・姉妹の服装では、

  • 親族としてフォーマル度の高い装い
  • 新郎新婦より控えめな装い
  • 両親を立てる装い

を意識することが基本。
これらを守ったうえで、オシャレを楽しむことがポイントです。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)