友人や親族などの結婚式に招待された男性の皆さん。
結婚式当日の礼服やスーツスタイルに、『ボタンダウンシャツ』をあわせようと思っていませんか。

最近のビジネスシーンでは、『ボタンダウンシャツ』を着用する方が増えてきました。
しかしフォーマルシーンにおいて、『ボタンダウンシャツ』は基本的に着用NGなのです。

とはいえ、全ての結婚式でNGということではありません。

ということで今回は、『結婚式でのボタンダウンシャツ』について解説。

結婚式でボタンダウンシャツを着用する際の注意点から、着用可能なシーンでのオススメコーデなどをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

結婚式でボタンダウンシャツは基本的にNG!

結婚式でのスーツスタイルにおいて、『ボタンダウンシャツ』を着用することはアリなのでしょうか。

結論から先に申し上げます。
『ボタンダウンシャツ』はカジュアル要素の強いシャツであるため、

  • 基本的に結婚式ではNG
  • 結婚パーティー・二次会ならOK

というのが答えです。

結婚パーティー&二次会ならOK

結婚式では『フォーマルなスタイル』が大切。
残念ながらカジュアルなイメージの『ボタンダウンシャツ』は結婚式に向いていません。

ただし、親しい友人や同僚でおこなう『結婚パーティー』など、カジュアル度の高い結婚式であれば大丈夫。
『結婚式の二次会』での着用も、もちろん問題ありません。

よほどカジュアル度が高くない限り、結婚式では基本的に『フォーマル』な服装が求められます。
残念ですが『ボタンダウンシャツ』を着るのは避けましょう。

会場によっては注意が必要

カジュアル度の高い結婚式だとしても、格式ある高級レストランなどが会場の場合は『フォーマルな装い』を求められることも。
結婚パーティーや二次会がおこなわれる会場について、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

よくわからない場合は、『ボタンダウンシャツ』の着用を避けるのがオススメです。

親族はボタンダウンシャツの着用を避ける

結婚式での親族の服装は、ゲストの服装より『フォーマル度の高い装い』が求められます。

たとえ結婚式が『レストランウェディング』といった、カジュアル寄りのスタイルだとしても、親族は『よりフォーマルな装い』を心がけることが大切。

親族の方は『ボタンダウンシャツ』の着用を避け、ゲストを迎える立場として必ずフォーマルなシャツを選びましょう。
当日の装いにもよりますが、『レギュラーカラー』や『ワイドカラー』、『ウイングカラー』などのシャツがオススメです。

そもそもボタンダウンシャツとは

これまで「ボタンダウンシャツはカジュアル要素の強いシャツ」と紹介してきました。
「なぜカジュアル要素が強いシャツなのか」ということについて簡単に解説します。

ルーツはポロのユニフォーム

そもそもボタンダウンシャツのルーツは『ポロ競技用のユニフォーム』
馬に乗っておこなう『ポロ』のユニフォームは、シャツの襟が風であおられて顔に当たるのを防ぐため、ボタンで留められていました。

それをヒントに、アメリカの歴史あるブランド『ブルックス・ブラザーズ』の創業者の孫にあたるジョン・E・ブルックスが考案したのが『ボタンダウンシャツ』です。

『ボタンダウンシャツ』は、もともと『ポロカラーシャツ』という名前。
誕生の歴史からみても『ボタンダウンシャツ』は、スポーティーでカジュアルな要素の強いシャツなのです。

『ブルックス・ブラザーズ』のサイトでも『ボタンダウンシャツ』の誕生について解説があります。

どうする?ボタンダウンシャツしかない場合

最近はビジネスシーンでも『ボタンダウンシャツ』を着用する方が増えています。
もしかしたら「ボタンダウンシャツしか持っていない」なんて方も多いのではないでしょうか。

新たにシャツを購入するのが無難

『ボタンダウンシャツ』が不向きなシーンは意外と存在します。
もし「ボタンダウンシャツしかない」という場合は、せっかくの機会ですので新たにワイシャツを購入すると良いでしょう。

オススメは『白のレギュラーカラーシャツ』。
冠婚葬祭はもちろん、様々なシーンで活躍するシャツなので1枚持っていると便利ですよ。

結婚式間近に気づいた場合

ボタンダウンシャツしか持っていないのに、結婚式間近に「ボタンダウンシャツはマナー違反」と知ってしまった皆さん。
午後や夕方からの結婚式であれば何とかなりそうですが、午前中の結婚式だと困りますよね。

そんなときは、駅のなかにある『ユニクロ』がオススメです。
駅ナカのユニクロであれば、8時もしくは8時30分から営業しているので、移動の途中で購入することも可能。
レギュラーカラーの白シャツであれば、ビジネスマン用として基本的に置いてあるかと思います。

また、最近はコンビニでもシャツを取り扱っていることも。
事前に準備しておくことが一番ですが、緊急時には『駅ナカのユニクロ』や『コンビニ』を確認してみると良いでしょう。

参考サイト

結婚パーティー&二次会おすすめコーデ

招待された結婚式が、結婚パーティーや二次会など『カジュアル色が強いスタイル』であれば『ボタンダウンシャツ』でも大丈夫。

そんな結婚式に招待された方にオススメの、『ボタンダウンシャツ』の参考コーディネートを紹介します。

ニットジャケット&ニットタイコーデ

ストライプのボタンダウンシャツに、ニットジャケット&ニットタイをあわせたスタイル。
配色を青系に統一することで、爽やかな印象のコーディネートに。

出典www.instagram.com

大人っぽい印象のボタンダウンコーデ

ダークスーツにギンガムチェックのボタンダウンシャツをあわせたスタイル。
赤系のネクタイをあわせることで、大人っぽく落ち着いた印象に。

出典www.instagram.com

ネイビー系のコーディネート

スーツスタイル全体を『ネイビー系』でまとめた、ボタンダウンシャツのコーディネート。
ブルー系で統一すると、若々しく爽やかな印象に。

出典www.instagram.com

ネイビースーツ&ギンガムチェックシャツコーデ

ネイビーのストライプスーツと、ギンガムチェックのボタンダウンシャツのコーディネート。
柄の組み合わせが絶妙な、オシャレさん向きのスタイルです。

出典www.instagram.com

グレースーツ&赤系ネクタイのコーデ

白のボタンダウンシャツに、チャコールグレーのストライプスーツと赤系のネクタイ&チーフのコーディネート。
カジュアルな印象のボタンダウンシャツが、フォーマルな雰囲気にも似合う落ち着いたスタイルに。

出典www.instagram.com

まとめ

いかがでしたか。

今回は『結婚式でのボタンダウンシャツ』について解説しました。

フォーマルシーンではNGとされる『ボタンダウンシャツ』ですが、結婚パーティーや二次会では大活躍。
ネクタイやチーフなどを上手に組み合わせて、結婚式でのオシャレを楽しみましょう。

海外では『ボタンダウンシャツ』の襟のボタンを、あえて外すスタイルもあるとか。
オシャレ好き&オシャレに自信のある方は、ぜひ様々なスタイルに挑戦してみてください。

おすすめ記事(一部広告を含む)
スポンサーリンク