親族や友人の結婚式に『家族』で招待された皆さん。
一緒に出席する『子供の服装』について気になっている方も多いのでは。

結婚式での服装は大人でも迷うものです。
結婚式にお呼ばれする小さな子供たちや、中学・高校生ぐらいの学生は、どんな服装で出席するのが良いか気になりますよね。

ということで今回は、結婚式・披露宴での学生・子供の服装について解説。

『結婚式での子供の服装マナー』から『子供の参考コーディネート(男の子&女の子)』まで、わかりやすく画像で紹介します。

スポンサーリンク

結婚式での子供の服装マナー

結婚式での子供の服装については、大人のような細かいルールはありません。
子供らしく、普段より改まった装いをして、結婚式という特別な雰囲気を味わうのも良いでしょう。

カジュアルな格好はNG

結婚式というフォーマルな場ですので、特にルールがないといってもカジュアルな格好はNGです。

キャラクター柄の服装や派手な柄の服装、スニーカーなども避けるようにしましょう。

家族全員で調和を

家族で出席する際は、全員の服装の調和を考えるようにすると良いでしょう。
お祝いの場に出席し、その気持ちを表すには、きちんとして見える服装で出席する事が原則です。

主役は新郎新婦という事を忘れずに

結婚式での主役は新郎新婦。
自分の子どもが可愛いのはわかりますが、派手派手なドレスを着せて出席するのは考えものです。

派手な衣装は親族の子供のみ

基本的に、子供の派手な衣装(特に女の子のドレス)は、新郎新婦から「かわいいドレスで!」などと依頼された、親族の子供のみと考えた方が良いでしょう。

友人の結婚式に参加するといった親族以外のお子さんは、シンプルな服装を着用した方が無難です。

小さい子供のフォーマルは会場を明るくしますよ

小さな子供たちが、大人の礼装を真似して可愛らしくオシャレをしていると、会場の雰囲気が明るくなります。
見ていてとっても可愛いですし。

男の子ならフォーマルスーツに蝶ネクタイをバッチリ決めて、髪型も少し大人ぶった感じにセットして出席すると可愛いでしょう。
女の子ならレースやフリルをあしらったワンピースなどで、可愛くオシャレを楽しんでみてはいかがでしょう。

画像:男の子のフォーマル服

画像:男の子のフォーマル服

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

画像:女の子のフォーマル服

画像:女の子のフォーマル服

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

学生の場合は学校の制服が礼装になります

小学生や中学生、高校生ともなると、学校の制服がある場合が多いのではないでしょうか。

学校の制服がある場合、その制服が礼装になります。
制服のデザインが『詰襟』、『ブレザー』などを問わず全て正装です。

ただし『身だしなみ』は大切。
ズボンをだらしなく下げてはいたり、スカートの丈をワザと短くしたりせず、きちんとした印象の格好で出席しましょう。

制服はイヤ!

中学生や高校生ともなるとファッションに興味を持ち、せっかくの結婚式でおしゃれをしたいという子供たちも多いのでは。

もし制服を着たくないという事であれば、次に紹介する制服がない場合と同様、いつもより改まったフォーマル感ある服装を選ぶと良いでしょう。

靴は革靴が基本

靴は『黒』や『濃い茶色』など、地味な色の革靴をあわせましょう。
カジュアルな印象のスニーカーは基本的にNGです。

ただし「制服着用時は白いスニーカーを履くこと」など、スニーカーが制服の一環として学校で指定されているのであれば大丈夫。
スニーカーも『制服』ということになりますので、スニーカーで結婚式に出席しても構いません。

制服がない場合は?

さて、制服がない場合はどうしましょう。

男の子の場合は、ブレザーにズボンを合わせたりして、いつもと違う改まった感じを演出する服装を選ぶのがオススメ。
女の子の場合は、ドレッシーなワンピースなどでオシャレを楽しむと良いでしょう。

画像:男の子のフォーマル服

ネクタイや蝶ネクタイでバッチリオシャレに。
靴は黒や茶色の革靴で。

画像:男の子のフォーマル服

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

画像:女の子のフォーマル服

コサージュやロングのネックレスといったアクセサリーを添えて、フォーマルな印象にすると良いでしょう。
ヘアスタイルをパーティー用にアレンジするだけでも、いつもと異なる華やかな雰囲気になりますよ。

画像:女の子のフォーマル服

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

画像:女の子のフォーマル服

スーツもしくは、ブレザーにスカート等でもフォーマル感があれば大丈夫です。

画像:女の子のフォーマル服

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

暑い夏の結婚式での子供の服装は?

最近は9月10月でも夏のような暑さの日もありますよね。
またハワイやグアムといった海外ウェディングであれば、イメージ的にも常夏...。
夏の暑さへの対応は気になります。

男性フォーマルの基本は長袖シャツにジャケットの着用が基本ですが、小さな男の子の場合はどうなのでしょうか。

最近の披露宴会場は空調設備もしっかりしていますので、基本のスタイルが理想ですが、子供の場合は襟付きの半袖シャツにハーフパンツでも大丈夫です。
ベストなどをあわせてフォーマル度をあげるのも良いでしょう。

男の子の夏スタイルの参考画像

画像:夏に適した男の子のフォーマル服

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

出典楽天市場:こどもレンタルドレスワールド様

寒い冬の結婚式での子供の服装は?

女の子の場合は、寒い冬の服装が気になります。

空調設備がしっかりしているとはいえ、風邪などをひかないようにストールやボレロなどで、オシャレをしつつ防寒対策をすると良いでしょう。

女の子の冬スタイルの参考画像

画像:冬に適した女の子のフォーマル服

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

出典楽天市場:こどもレンタルドレスワールド様

結婚式での子供の靴は?

普段靴はスニーカーというお子さんも多いはず。
しかし、結婚式のようなフォーマルな場には、いくら小さい子供といってもスニーカーは避けるようにします。

カジュアルシューズはNG

スニーカーはもちろん、派手なデザイン柄の靴やキャラクターがプリントされた靴、ブーツなど、カジュアルな靴は結婚式ではNGです。

子供もフォーマルシューズが基本

結婚式では子供でもフォーマルシューズが基本です。

男の子であれば革靴やローファーなど、女の子であればリボンなどが付いたパンプスなどがオススメです。

画像:女の子のフォーマルシューズ

リボンやストラップがアクセント!女の子用のフォーマルシューズです。
マジックテープでの着脱や、滑り止めつきのゴム底など、小さいお子さんに優しい作りになっています。

画像:女の子のフォーマルシューズ

出典楽天市場:キャサリンコテージ様

画像:男の子のフォーマルシューズ(男女兼用)

男の子はもちろん、女の子にもピッタリのフォーマルシューズ。
とてもシンプルなデザインのローファーです。

画像:男の子のフォーマルシューズ(男女兼用)

出典楽天市場:キャサリンコテージ様

子供も白いドレス・服装はダメなの?

結婚式でのゲストの服装マナーの基本といえば、新婦の色である白を着用することはNGということ。
これは子供にも当てはまるのでしょうか。

基本的には大人同様に子供も白は避けたほうが無難です。
ただしフラワーガールやリングガールをお願いされた場合は、新婦以外で唯一「白」の着用が可能になります。

フラワーガール、リングガールとは?

『フラワーガール』とは、新婦の前を花を持ったり、歩く先に花びらをまいたりするといった役割を担う女の子のこと。
5歳から10歳ぐらいの女の子が行ないます。

『リングガール』は結婚指輪が乗ったリングピローを神父や牧師に渡すといった役割を担う女の子のこと。
男の子の場合は『リングボーイ』と呼ばれます。

赤ちゃんや子供の靴下について

結婚式では靴下もフォーマル感のあるものにします。
キャラクターの柄ものなどは避けましょう。

参考画像:男の子のフォーマル(黒の靴下)

男の子のフォーマル(黒の靴下)

出典楽天市場:リトルプリンセス様

参考画像:女の子のフォーマル(黒の靴下)

女の子のフォーマル(黒の靴下)

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

子供は白い靴下でも大丈夫

大人の方(新郎以外の男性ゲスト)が、スーツスタイルに白い靴下を履くことはNGですが、子供の場合は大丈夫です。
服装に合わせて靴下の色を選びましょう。
女の子であれば靴下にレースが入ってたりすると可愛いですよ。

参考画像:男の子のフォーマル(白の靴下)

男の子のフォーマル(白の靴下)

出典楽天市場:Cute Family様

参考画像:女の子のフォーマル(レース付きの靴下)

女の子のフォーマル(レース付きの靴下)

出典楽天市場:リトルプリンセス様

子どものフォーマルウェアの参考画像

先にも紹介しましたが、結婚式での子供の服装マナーには、大人のような細かいルールはありません。
フォーマル感を大切に、普段よりオシャレな服装で結婚式にお呼ばれすると良いでしょう。

つづいては、結婚式での子供のドレス・服装の、おすすめのコーディネートを画像で紹介します。
ぜひ参考にしてください。

画像:ベスト&半袖シャツ(男の子)

黒を基本にしたフォーマルな男の子のスタイル。
ギンガムチェックの半袖のシャツに黒のベストが、夏の結婚式にもピッタリのスタイルです。

画像:ベスト&半袖シャツ(男の子)

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

画像:水玉模様のワンピースドレス(女の子)

ラベンダー色のワンピースドレスが可愛い女の子のスタイル。
アクセサリー&バッグをコーディネートする事で、大人っぽく演出したスタイルです。

画像:水玉模様のワンピースドレス(女の子)

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

画像:ブレザー&ハーフパンツ(男の子)

紺のブレザーにハーフパンツをあわせたスタイル。
同系色のシャツ&ニットタイをコーディネートする事で、結婚式にもピッタリなオシャレなスタイルに。

画像:ブレザー&ハーフパンツ(男の子)

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

画像:ブレザースタイル(女の子)

学生の制服のようなブレザー&スカートのスタイル。
襟元のリボンや袖口のチェックがアクセントに。

画像:ブレザースタイル(女の子)

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

画像:兄弟でのコーディネート(男の子&女の子)

可愛い兄弟にピッタリのお呼ばれスタイル。
男の子はジャケット&ハーフパンツ、女の子はワンピースドレスで、フォーマルに統一したオシャレスタイルに。

画像:兄弟でのコーディネート(男の子&女の子)

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

画像:姉妹でのコーディネート(女の子&女の子)

可愛い姉妹にピッタリのお呼ばれスタイル。
同じドレスでの仲良しコーディネートながら、首もと&ヘアアクセサリーで個性を出したスタイルです。

画像:兄弟でのコーディネート(女の子&女の子)

出典楽天市場:レンタルブティックLEcru様

レンタルを活用しよう

子どもは成長が早いので、せっかくスーツやドレスを新調しても、直ぐにサイズが合わなくなってもったいない...。
そんな方はレンタルショップを活用してみてはいかがでしょう。

まとめ

ということで今回は、『結婚式での子供の服装』について解説しました。

結婚式での子供の服装については、大人のような細かい決まりはありません。
とはいえ、結婚式というフォーマルな場に相応しい装いにすることは重要です。

親子で調和のとれた服装にするのも素敵。
パパのネクタイ、ママのドレス、お子さんのドレスの色を揃えるのも良いでしょう。

学校の制服がある場合は『制服が礼装』。
「制服で結婚式に行くのはイヤ」ということであれば、フォーマルシーンに適した服装を選ぶことが大切です。

おすすめ記事(一部広告を含む)