冬はもちろん、秋や春先などの結婚式や二次会。寒い季節ということでコートが必要になりますよね。基本的にコートはクロークに預けるから…という事で、マナーを気にしていない方も多いのでは。

実はコートにも、色やデザインなど、注意しなければいけない部分があるのです。

今回は、結婚式&二次会でのコートのマナーについて紹介します。

スポンサーリンク

コートの色について

結婚式の服装では「白」を避けることがマナーです。特にお呼ばれする女性ゲストが白いドレスを着用するのは絶対にNG。

この「白はダメ」というマナーについて、コートの場合は大丈夫なのでしょうか。

白いコートは避けた方が無難!?

フォーマルショップで働く知人に確認しましたが、コートの色については特に決まり事はないとのこと。

コートは会場内で着用することはありません。なので、白いコートでもクロークに預ければ大丈夫との事でした。

ただし結婚式のスタイルによっては

ただし結婚式や二次会のスタイルによっては、会場の外で新郎新婦が出迎えてくれたり、写真撮影をする場合があります。そのようなスタイルの式に招待された場合は、白いコートは避けた方が無難との事でした。

コートのデザインについて

最近は、様々なデザインのコートが多く、皆さんも服装にあわせてコーディネートしているのでは。

結婚式のようなフォーマルな場に招待された際、NGなコートはあるのでしょうか。

カジュアルなデザインのもの

ダウンコートやベンチコートといった、カジュアルなデザインのコートはフォーマルな場には不向きです。

いくらクロークに預けるからといっても、あまりおすすめできません。

派手なデザインや毛皮のコート

会場までの行き帰りしか着用しないからと、派手なデザインのコートを着ていくのも相応しくありません。

また毛皮のコートも避けた方が無難ですが、首元や袖だけにファーが付いているコートであれば、それほど気にする必要はありません。

本来はミリタリー系も

ミリタリー系のコート(トレンチコート・ダッフルコート・ピーコート・モッズコートなど)も、本来は結婚式で不向きとされてきました。

しかし最近はドレスコードも緩くなり、あまり気にされなくなってきています。特にトレンチコートなどは人気のようです。

男性におすすめのコート

結婚式や二次会に最適な、男性におすすめのフォーマルコートを紹介します。

チェスターフィールドコート

フォーマルの場には、やはりフォーマル用のコートがおすすめという事で、基本となるのはチェスターフィールドコート。

スーツスタイルとの相性もバッチリ!冠婚葬祭に最適な王道のコートです。

画像:グレーのチェスターフィールドコート

グレーのチェスターフィールドコート

出典スーツセレクト公式ブログ様

画像:黒のチェスターフィールドコート

黒のチェスターフィールドコート

出典THE SUIT COMPANY [ザ スーツ カンパニー]公式ショップブログ様

ステンカラーコート

フォーマルコートという訳ではありませんが、スーツスタイルとの相性抜群とのことで人気のステンカラーコート。

結婚式や二次会にお呼ばれする男性にもおすすめのコートです。

様々な素材のものがあり、秋冬はもちろん春先まで活躍するコートです。

画像:黒のステンカラーコート

黒のステンカラーコート

出典楽天市場:スーツスタイルMARUTOMI様

女性におすすめのコート

結婚式や二次会に最適な、女性におすすめのフォーマルコートを紹介します。

スタンドカラーコート

クラシックな大人の雰囲気が素敵なスタンドカラーコート。

結婚式などのフォーマルシーンに適したコートです。

画像:黒のスタンドカラーコート

黒のスタンドカラーコート

出典楽天市場:マーガレット・ゴールド様

ラップコート

ボタンやファスナーがなく、体に巻きつけるように着用するラップコート。

女性用に特化したコートだけあって、しなやかなでエレガントな雰囲気を演出できます。

画像:キャメルのラップロングコート

キャメルのラップロングコート

出典楽天市場:アミアンハウス様

ステンカラーコート

男性用のコートでも紹介したステンカラーコート。女性用のステンカラーコートも結婚式や二次会におすすめです。

首元や袖にファーがデザインされたものなど、エレガントな雰囲気を演出できます。

画像:ファー付きステンカラーコート

ファー付きステンカラーコート

出典楽天市場:Fujikou様

コート選びのポイント

特に決まりごとがないコートですが、結婚式や二次会にお呼ばれする際の選び方には、いくつかポイントがあります。

デザインはシンプルなものを

フォーマルな場では、シンプルなコートがおすすめです。

クロークに預けるとはいえ、あまりにも主張の強すぎるコートは選ばないようにしましょう。

派手な色を選ばない

デザインと同様、コートの色についても主張しすぎないものにすると良いでしょう。

秋冬であれば黒やグレー、ネイビー、ワイレッドなど落ち着いた配色。春先の寒い時期であれば、ベージュやライトグレーなどがおすすめです。

カジュアルな結婚式ほど慎重に

先ほども紹介したように、結婚式のスタイルによっては、会場の外で新郎新婦の出迎えがあったり、一緒に写真撮影をする場合があります。

通常、カジュアルな結婚式ほど、服装選びの自由度は高いのですが、コートに関してはカジュアルな結婚式ほどフォーマルにする方が無難かもしれません。

写真撮影の際、1人だけコートが派手だったりカジュアルだったりすると、悪い意味で目立ってしまいますよ。

コートはクロークへ

コートは必ずクロークへ預け、披露宴会場内に持ち込まないようにしましょう。

結婚式の会場となる建物へ入る直前やロビーで脱いで、クロークに預けるとスマートですよ。

スポンサーリンク