スーツスタイルを華やかにするアイテムとして人気の『カフスボタン』。
最近はビジネスシーンでも『カフスボタン』でオシャレを楽しむ男性が増えています。

もちろんフォーマルシーンである結婚式にもピッタリ。
『カフスボタン』を取り入れたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな『カフスボタン』ですが、

「結婚式でのカフスボタンのマナーが気になる」
「親族にピッタリのカフスボタンは?」
「友人ゲストに最適なカフスボタンが知りたい」
「カフスボタンの付け方は?」
「そもそもカフスボタンって必要?」

など、いろいろと悩んでいる方もいらっしゃるようです。

ということで今回は、結婚式での『カフスボタン』について解説。

結婚式に招待された男性が気になる、

  • カフスボタンのマナー
  • カフスボタンの付け方
  • オススメのカフスボタン

などを、まとめて紹介します。

スポンサーリンク

カフスボタンとは

『カフスボタン』とはシャツの袖口を留めるためのアクセサリーです。
『カフス』『カフリンクス』も呼び方が違うだけで同じものを意味します。

カフリンクスが正式

正式名称は『カフリンクス』で、『袖(カフ)』と『繋ぐの複数形(リンクス)』が名前の由来。
日本では、俗称の『カフスボタン』や『カフス』と呼ぶことが多いようです。

参考画像:カフスボタン

結婚式のシャツにカフスボタンは必要?

もちろん『カフスボタン』を付けていないからマナー違反ということはありません。

結婚式といったフォーマルな場所では、ドレッシーな服装で出席することが基本。
せっかく普段とは異なるスーツスタイルを楽しめる場なのですから、

「そんな面倒なものは必要ない」

などと敬遠するのではなく積極的に取り入れてみることをオススメします。

新郎新婦を華やかなファッションで祝福するのもゲストの大切な役割。
男性用の手軽なアクセサリーとして『カフスボタン』は最適なアイテムです。

結婚式でのカフスボタンのマナー

一口にカフスボタンと言っても、様々な種類のものがあります。華やかなアクセサリーのカフスボタンですが、結婚式に不向きなものはあるのでしょうか。

カフスボタンの色について

カフスボタンは、礼装や時間帯によって色の決まりがあります。

昼の結婚式

モーニングコート ゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝など白い石
ディレクターズスーツ ゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝など白い石

正礼装、準礼装ともに昼の結婚式では、ゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝など白い石のカフスボタンを付けます。

参考画像:白蝶貝のカフスボタン

夜の結婚式

燕尾服 ゴールドまたはシルバーの台に、真珠・白蝶貝など白い石
タキシード ゴールドまたはシルバーの台に、黒蝶貝や黒オニキスなど黒い石

タキシードを着用する際には、黒蝶貝や黒オニキスなど黒い石のカフスボタンを付けます。

参考画像:黒オニキスのカフスボタン

ブラックスーツ・ダークスーツの場合

男性ゲストの方はブラックスーツやダークスーツが一般的ですが、この場合はカフスボタンの色やデザインなども比較的に自由度が高くなります。

格式高い結婚式に招待されたゲストの方には、シンプルでドレッシーなカフスボタンがオススメです。

カジュアルな結婚式や二次会などでは、個性的なカフスボタンでおしゃれを楽しむのも良いでしょう。

ブラックスーツで出席する親族の方は、ゲストを迎える立場になりますので、シンプルでドレッシーなカフスボタンが良いでしょう。

結婚式に適さないカフスボタン

華やかなアクセサリーのカフスボタンですが、結婚式には不向きなものもあります。

紐式のカフスボタン

付け方も簡単、値段も安い紐式のカフスボタンですが、どちらかというと普段着に付ける種類。結婚式のようなフォーマルな場には不向きです。

あえてハズシとして、二次会などで付けるのは問題ありません。

素材がプラスチック

プラスチックといった素材で作られているカフスボタンも、結婚式には不向きです。

チェーン付き

カフスボタンにチェーンの装飾がついたタイプも、カジュアル寄りのため結婚式には不向きとされています。ただし二次会では問題ありません。

カフスボタンの付け方

カフスボタンは、その留め方などでいくつかの種類があります。
一般的なカフスボタンの付け方を紹介します。

スウィヴル式(レバー式)

現在ではもっとも一般的な方式のカフスボタンが『スウィヴル式』。
T字状でバネのようになった留め具の部分を、

  1. いったん倒してボタンホールに通す
  2. 再び起こしてT字状に戻す

といった付け方をする方式です。

動画:カフスボタン(スウィヴル式)の付け方

出典www.youtube.com/

固定式

『固定式』のカフスボタンはボタンホールにそのまま差し込めばOK。
留める部分が固定されているシンプルな方式ですが、

  • カフスが通らない
  • 抜け落ちる

など留めづらい場合があるので注意が必要です。

チェーン式

2つのボタンがチェーンで繋がっているカフスボタン。
『チェーン式』のカフスボタンも『固定式』と同じく、シャツのボタンホールにそのまま差し込めば大丈夫です。

カフスボタンを楽しもう!

カフスボタンを上手に活用して、せっかくの結婚式でおしゃれを楽しみましょう。

おすすめカフスボタン

結婚式におすすめのカフスボタンをいくつか紹介します。

画像:白蝶貝のカフスボタン

結婚式でのカフスボタンは初めてという方にピッタリ。シンプルですが王道のカフスボタンで、親族の方にもオススメです。

画像:シルバーのカフスボタン

こちらも初めてという方にピッタリ。シルバー系のシンプルなデザインのカフスボタンです。

画像:猫型のカフスボタン

可愛らしい『猫』のカフスボタン。
猫好きの女性との会話のきっかけに。

画像:ミッキーマウスのカフスボタン

ディズニー好きの男性必見!ミッキーマウスのカフスボタン。
シルバー系のデザインなので結婚式にもピッタリです。

画像:スワロフスキーのカフスボタン

夜の結婚式にオススメ!スワロフスキーのカフスボタン。
ダーク系のスーツにさりげないアクセントをプラスできます。

画像:ギター型のカフスボタン

エレキギター型のカフスボタン。
カフスボタンでさりげなく気になる女性に趣味アピールもできます。

おすすめ記事(一部広告を含む)