親友や遊び仲間といった『お友達』から、結婚の報告があった皆さん。

「結婚祝いはいくら贈れば良いの?」

なんて気になっているのでは。

もしあなたが結婚式に出席する場合であれば、友人へのご祝儀は『3万円』が一般的。
もちろん、あなたの年齢やお住まいの地域などによっても様々な考え方があります。

「30代、40代の場合、友人へのご祝儀相場は?」
「結婚式をしない友人へのご祝儀はいくら包むの?」
「友人の結婚式に夫婦や家族で招待された場合は?」
「遠方での友人の結婚式に出席する場合も3万円?」
「20代が友人へ5万円のご祝儀は多い?」
「他の友人と連名のご祝儀でも大丈夫?」

など、お悩みの方も多いのでは。

ということで今回は、『友人が結婚する場合でのご祝儀』について解説。

年代別、地域別のご祝儀相場はもちろん、様々なケースでのご祝儀の疑問を解決します。

スポンサーリンク

友人へのご祝儀相場

友人の結婚式に出席する場合、ご祝儀の相場はどのくらいなのでしょう。

ご祝儀金額を決める際の参考として、『全日本冠婚葬祭互助協会』がおこなった『祝儀金額アンケート』の調査結果を紹介します。

【単位:円】

新郎新婦との関係最多回答額平均額
友人30,00029,598
20代30代40代50代60代以上
最多回答平均額最多回答平均額最多回答平均額最多回答平均額最多回答平均額
友人30,00029,43530,00029,10930,00030,45730,00032,90730,00030,769
北海道東北北関東東京南関東
最多回答平均額最多回答平均額最多回答平均額最多回答平均額最多回答平均額
友人10,00011,39730,00027,45730,00030,39050,00031,64430,00028,956
中部近畿中国四国九州全国
最多回答平均額最多回答平均額最多回答平均額最多回答平均額最多回答平均額平均額
友人30,00029,31030,00031,83130,00037,64730,00034,74430,00030,37129,375

出典集計結果 | 一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会

友人へのご祝儀相場

友人へのご祝儀は『3万円』が基本のようです。
ただし地域によって相場は異なり、会費制が一般的な北海道は『1万円』、東京は『5万円』が最多回答額。

会費制の結婚式の場合を除き、友人の結婚式でのご祝儀は『3万円から5万円』を目安にするのがオススメです。

あなたが学生・20代前半の場合

友人である新郎新婦が若くして結婚した場合、学生または社会人に成り立てというタイミングで結婚式に招待されることもあります。

冒頭に紹介した調査結果では、友人へのご祝儀相場は『3万円』でした。
しかし、あなたが学生や20代前半の場合は、経済的にも大変な状況から『2万円』のご祝儀でも問題ないと考えられています。

2万円のご祝儀については、「非常識って思われない?」など気になることも多いかと。

以下の記事で『2万円のご祝儀』について詳しく紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

あなたが30代・40代の場合

30代、40代の場合でも、友人へのご祝儀は『3万円』が一般的。
親しい友人の結婚式であれば『5万円』でも良いでしょう。

結婚祝いの金額に決まりはありませんが、この年代の方が友人の結婚式で『2万円』のご祝儀を包んだ場合は、少ないと思われる傾向が。

30代、40代、それ以上の年代の方は、『3万円から5万円』を基準に考えると良いでしょう。

友人間でのルールがあるなら

友人との間で「ご祝儀は2万円で統一しよう」といったルールがある場合は何も問題はありません。

友人へのご祝儀『5万円以上』は多すぎるの?

先ほども書きましたが、結婚祝いの金額には決まりがありません。
あなたの新郎新婦をお祝いする気持ちが大切です。

友人へのご祝儀相場は『3万円』が一般的。
年齢が高い方であれば『5万円』ということも。

しかし、例えば20代の方が『5万円』や『7万円』といった高額のご祝儀を包んだ場合、

「3万円だと思っていたら5万円もいただいちゃった」
「何かお返しを考えた方が良いかな…」

など、新郎新婦側が気をつかってしまうことも。

友人へ『5万円以上』のご祝儀を贈ることについては、もちろん悪いことではありません。
冒頭で紹介した『ご祝儀相場の調査結果(地域別)』では、東京の最多回答額は『3万円』ではなく『5万円』です。

友人へのご祝儀を『3万円』にするのか『5万円以上』にするのか。
それとも『2万円』にするのか。
あなたの年齢や友人との親密さなど、様々なことをふまえて金額を決定すると良いでしょう。

ただしあまり予想外に高額なご祝儀を包むと、新郎新婦側としては「嬉しい反面、お返しに悩んでしまう」といったこともあるので注意が必要です。

出席してご祝儀『1万円』は避ける

何回も書きますが、結婚祝いの金額に決まりはなく『お祝いの気持ち』が大切です。

ただし『結婚式に出席する』にもかかわらず、ご祝儀が1万円ということであれば避けた方が無難。

「どうしてもご祝儀を1万円しか包めない」というのであれば、欠席して『1万円』もしくは『1万円程度のプレゼント』を贈ることをオススメします。

他の友人とご祝儀連名で結婚式に出席はNG

結婚式に招待され出席する場合は、連名ではなく各自でご祝儀を持参することが基本です。
もちろん、夫婦や家族で招待された場合は問題ありません。

同じ結婚式に出席する友人3人で各々1万円ずつを出し合い、連名で3万円のご祝儀を贈ることはNG。
一人ひとりがご祝儀を包んで結婚式に出席することが大切です。

結婚式に出席しないのであれば

結婚式に招待されていない友人が集まって、

「会社の同期みんなでお祝いしたい」
「サークル仲間で結婚祝いを贈りたい」

といった場合であれば、連名でご祝儀を贈っても大丈夫です。

再婚の友人への金額は?

再婚でも結婚式に招待され出席する場合は、初婚のカップル同様のご祝儀を準備し贈ります。

金額についても初婚、再婚に違いはありません。

ご祝儀を辞退する方も

再婚ということでお祝いを辞退する新郎新婦もいらっしゃいます。
このような場合はご祝儀を贈る必要はありません。

もちろん『食事への招待』や『品物を贈る』など、何らかの形でお祝いの気持ちを伝えても良いでしょう。

夫婦で招待された場合

友人の結婚式に夫婦で招待された場合のご祝儀について紹介します。

1人分の倍の金額が基準

夫婦で友人の結婚式に出席する場合は、1人あたりの相場である3万円、2万円の倍の金額が基準になります。
この場合は6万円もしくは4万円が基準です。

結婚式などのお祝いでは『奇数吉』という考えが基本。
なので基準額に近い5万円が夫婦でのご祝儀金額と考えるのが一般的です。

夫婦で3万円はダメ?

若い夫婦であれば3万円でも良いとされていますが、基本的な考えは『1人分の倍』の金額。

3万円ではやはり少ないと考えられるため、3万円のご祝儀とは別に1万円程度の品物などを贈ると良いでしょう。

家族で出席する場合

夫婦のほか子供も一緒に家族で結婚式に招待され出席する場合は、先ほど紹介した夫婦のご祝儀金額に『子供の分の金額』をプラスして贈ります。

子供のご祝儀の目安金額

  • 0歳から2歳:赤ちゃんの場合は席や食事が不要なので、ご祝儀も必要ありません
  • 3歳から6歳:幼児用の食事を基本と考え5,000円
  • 小学生:食事により5,000円から1万円

夫婦と子供(10歳)でのご祝儀例

夫婦1人あたり3万円、子供の分1万円の計7万円のご祝儀。
もしくは夫婦で5万円のご祝儀と、1万円相当のお祝いの品物を贈ると良いでしょう。

夫婦でのご祝儀については、以下の記事を参考にしてください。

遠方の結婚式に出席する場合

遠方で行なわれる結婚式に招待され出席する場合は、ご祝儀以外にも交通費や宿泊費などが掛かります。

事前に新郎新婦側から交通費や宿泊費を負担する旨の連絡があった場合は、通常通りの金額(3万円程度)をご祝儀として贈ると良いでしょう。

後で渡されることも

新郎新婦側から連絡がなく、交通費・宿泊費などをあなたが負担する場合は、ご祝儀が半額程度でも良いとされています。

ただし、結婚式当日や後日に『お車代』として交通費や宿泊費を渡される可能性も。
このような場合では、ご祝儀の金額が少なくて失礼になってしまいます。

遠方での結婚式に出席する際は、「自分で交通費・宿泊費を負担する」といった気持ちで、通常通りの金額をご祝儀として贈った方が無難です。

リゾート婚・海外結婚式の場合は?

沖縄やハワイといったリゾート婚や、海外での結婚式に招待され出席する場合のご祝儀はどうするのでしょうか。

ご祝儀を包むパターン

新郎新婦側でゲストの旅行費用を全額もしくは一部負担する場合は、招待されたゲスト側はご祝儀を包むのが基本です。

ご祝儀の金額は3万円程度と、国内での結婚式のご祝儀金額と同等で大丈夫。

また、旅行費の負担額や新郎新婦との親密度で考えるのも良いでしょう。
同じく招待された友人がいるのであれば相談して決めることをオススメします。

ご祝儀が不要なパターン

ゲスト側で旅行費を全額負担するといった場合では、ご祝儀を贈らなくてもマナー違反にはなりません。

このような場合では、『ご祝儀を辞退する旨』が招待状に記載されていたり、新郎新婦側から事前に連絡があることが一般的です。

結婚式なしの場合

最近は結婚式を行なわないカップルも増えているようです。

結婚式をしない友人へは、1万円程度のご祝儀や品物を贈るのが一般的。

あなたが結婚した際に友人から3万円をいただいていたとしても、結婚式・披露宴を行なわない友人へ同額を贈る必要はありません。

もちろん同額を贈っても大丈夫。
お祝いは気持ちですから。

まとめ

いかがでしたか。

今回は『友人が結婚する場合でのご祝儀』について解説しました。

結婚式でのご祝儀は、年齢や地域、友人である新郎新婦との親密さなどでも異なります。
結婚式に招待された場合は、一緒に出席する他の友人と相談して決めるのも良いでしょう。

紹介したご祝儀の相場は、あくまで結婚祝いの金額を決める際の目安です。
結婚祝いの金額に決まりはありませんので、新郎新婦をお祝いする『あなたの気持ち』を大切に考えましょう。

また、ご祝儀を渡す際は、お金を包む『ご祝儀袋』のマナーも大切です。
以下の記事では、『ご祝儀袋』についての基本的なマナーを紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)
スポンサーリンク