友人の結婚式に招待され出席するあなた。ご祝儀はいくら包む予定ですか。

3万円が一般的な友人へのご祝儀。夫婦や家族で出席する場合や、遠方でのリゾート婚、結婚式をしないカップルにはいくら包むの?と、お悩みの方も多いのでは。

今回は友人の結婚式に出席する際のご祝儀の相場について紹介します。

スポンサーリンク

友人へのご祝儀の相場について

友人の結婚式に出席する場合、ご祝儀の相場はどのくらいなのでしょう。

友人へのご祝儀の目安は以下のとおりです。金額はアンケートにて最も回答の多かった金額です。

参考サイト

友人への世代別のご祝儀相場
友人 あなたが20代 3万円
あなたが30代 3万円
あなたが40代 3万円
あなたが50代 3万円
あなたが60代以上 3万円
友人への地域別のご祝儀相場
友人 北海道 1万円
東北 3万円
北関東 3万円
東京 3万円
南関東 3万円
中部 3万円
近畿 3万円
中国 3万円
四国 3万円
九州・沖縄 3万円

会費制が一般的な北海道を除き、友人へのご祝儀はやはり3万円が目安のようです。

学生・20代前半の場合

友人である新郎新婦が若くして結婚した場合、学生または社会人に成り立てというタイミングで結婚式に招待される事もあります。

アンケートデータでは3万円が友人へのご祝儀相場ですが、学生・20代前半の場合は経済的にも大変な状況から2万円のご祝儀でも問題ないと考えられています。

30代・40代の場合

30代、40代の方の友人へのご祝儀は3万円が基本です。

この年代の方が2万円のご祝儀の場合は、少ないと思われる傾向があるようです。

友人でのルールがある場合も

友人グループ内で「ご祝儀は2万円で統一しよう」といったルールがある場合は何も問題はありません。

親友へ5万円は多すぎ?

本来結婚祝いの金額には決まりがありません。あなたの新郎新婦をお祝いする気持ちが大切です。

ただし金額が多いと、もらった新郎新婦側も「お返しをどうしようか」など気をつかってしまうことも。

あなたが先に結婚していて5万円をいただいていたなら同額を包んでも構いません。

また豪華な結婚式・披露宴に招待された場合であれば5万円でも良いでしょう。ただし一般的には3万円が無難です。

品物をプラス

親友に5万円を贈りたい場合は、ご祝儀3万円と2万円程度の品物を贈るのがオススメ。

親友であれば結婚式後の落ち着いたタイミングで、食事をごちそうするといった方法も素敵です。

1万円のご祝儀は少ない?

先ほども述べたように本来結婚祝いの金額に決まりはなく、お祝いする気持ちが大切です。

ただし「結婚式に出席する」のにご祝儀が1万円というのは避けた方が無難。

1万円しかご祝儀が包めないという事であれば、欠席して1万円を贈るか1万円程度のプレゼントを贈ると良いでしょう。

祝儀を連名で贈っても良い?

結婚式に招待され出席する場合は、連名ではなく各自でご祝儀を持参することが基本です。

結婚式には招待されていないが「職場の同僚やサークル仲間の結婚をグループで祝いたい」といった場合は連名で贈っても構いません。

再婚の友人への金額は?

再婚でも結婚式に招待され出席する場合は、初婚のカップル同様のご祝儀を準備し贈ります。

金額についても初婚、再婚に違いはありません。

辞退する方も

再婚ということで新郎新婦自らお祝いそのものを辞退する方もいるようです。この場合はご祝儀を贈る必要はありません。

もちろん食事への招待や品物など、何らかの形でお祝いの気持ちを伝えても良いでしょう。

夫婦で招待された場合

友人の結婚式に夫婦で招待された場合のご祝儀について紹介します。

1人分の倍の金額が基準

夫婦で友人の結婚式に出席する場合は、1人あたりの相場である3万円、2万円の倍の金額が基準になります。この場合は6万円もしくは4万円が基準です。

結婚式などのお祝いでは「奇数吉」という考えが基本。なので基準額に近い5万円が夫婦でのご祝儀金額と考えるのが一般的です。

夫婦で3万円はダメ?

若い夫婦であれば3万円でも良いとされていますが、基本的な考えは「1人分の倍」の金額。

3万円ではやはり少ないと考えられるため、3万円のご祝儀とは別に1万円程度の品物などを贈ると良いでしょう。

家族で出席する場合

夫婦のほか子供も一緒に家族で結婚式に招待され出席する場合は、先ほど紹介した夫婦のご祝儀金額に子供の分の金額を足して贈ります。

子供のご祝儀の目安金額

  • 0歳から2歳:赤ちゃんの場合は席や食事が不要なので、ご祝儀も必要ありません
  • 3歳から6歳:幼児用の食事を基本と考え5,000円
  • 小学生:食事により5,000円から1万円

夫婦と子供(10歳)でのご祝儀例

夫婦1人あたり3万円、子供の分1万円の計7万円のご祝儀。もしくは夫婦で5万円のご祝儀と、1万円相当のお祝いの品物を贈ると良いでしょう。

遠方の結婚式に出席する場合

遠方で行なわれる結婚式に招待され出席する場合は、ご祝儀以外にも交通費や宿泊費などが掛かります。

事前に新郎新婦側から交通費や宿泊費を負担する旨の連絡があった場合は、通常通りの金額(3万円程度)をご祝儀として贈ると良いでしょう。

後で渡されることも

新郎新婦側から連絡がなく、交通費・宿泊費などをあなたが負担する場合は、ご祝儀が半額程度でも良いとされています。

ただし事前連絡がなかったとしても結婚式当日や後日に「お車代」として渡される可能性も。このような場合ではご祝儀が少なく失礼になってしまいます。

遠方での結婚式に出席する際は、自分で交通費・宿泊費を負担するつもりで通常通りの金額をご祝儀として贈った方が無難です。

リゾート婚・海外結婚式の場合は?

沖縄やハワイといったリゾート婚や海外での結婚式に招待され出席する場合のご祝儀はどうするのでしょうか。

ご祝儀を包むパターン

新郎新婦側でゲストの旅行費用を全額もしくは一部負担する場合は、招待されたゲスト側はご祝儀を包むのが基本です。

ご祝儀の金額は3万円程度と国内の一般的な結婚式でのご祝儀金額と同等で大丈夫。

また旅行費の負担額や新郎新婦との親密度で考えるのも良いでしょう。同じく招待された友人がいるのであれば相談して決めることをオススメします。

ご祝儀が不要なパターン

ゲスト側で旅行費を全額負担するといった場合では、ご祝儀を贈らなくてもマナー違反にはなりません。

このような場合ではご祝儀を辞退する旨が招待状に記載されていたり、新郎新婦側から事前に連絡があることが一般的です。

結婚式なしの場合

最近は結婚式を行なわないカップルも増えているようです。

結婚式をしない友人へは、1万円程度のご祝儀や品物を贈るのが一般的。

あなたが結婚した際に友人から3万円をいただいていたとしても、結婚式・披露宴を行なわない友人へ同額を贈る必要はありません。もちろん同額を贈っても大丈夫。お祝いは気持ちですから。

友人へのご祝儀に最適な祝儀袋

友人へのご祝儀にピッタリな祝儀袋を紹介します。

最近はデザイン性の高い祝儀袋も多くなってきました。包むご祝儀金額以外のほか、招待された結婚式のスタイル、式場の雰囲気などでご祝儀袋を選ぶのも良いでしょう。

画像:2万円・3万円に適したご祝儀袋

サイズ:約9cm×18cm。2万円から3万円を包む場合に適した、水引が特徴的なご祝儀袋です。

画像:2万円・3万円に適したご祝儀袋

出典楽天市場:結納屋さん様

画像:カジュアルウェディングに適したご祝儀袋

サイズ:約9cm×18cm。2万円から3万円を包む場合に適したカジュアルなデザインのご祝儀袋。

形式張らないカジュアルウェディングや結婚パーティなどで、仲良しの友人へのお祝いにピッタリです。

画像:カジュアルウェディングに適したご祝儀袋

出典楽天市場:結納屋さん様

最近はオシャレで可愛いデザインのご祝儀袋がたくさん。

デザイン祝儀袋の選び方などについては、『結婚式は華やかに!可愛い&おしゃれなデザインご祝儀袋でお祝いを』という記事で詳しく紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

画像:夫婦・家族でのご祝儀に

サイズ:約12cm×19.5cm。友人の結婚式に夫婦・家族で招待され5万円程度を包む場合に適したご祝儀袋。3万円に適したものより大きめのサイズです。

画像:夫婦・家族でのご祝儀に

出典楽天市場:結納屋さん様

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)
スポンサーリンク