結婚式のご祝儀について意外と悩むのが、『2万円』のご祝儀ではダメなのかということ。
経済的に『3万円』を包むのが大変な場合などでは、意外と気になりますよね。

「ご祝儀が2万円って非常識なの?」
「まだ学生だけど友人の結婚式に招待された」
「主婦なら2万円のご祝儀でも大丈夫?」
「20代はOK?30代は?」

などお悩みも多いのでは。

一般的に『2万円』は友人のご祝儀相場の範囲内とされています。
包むことに決めた場合でも、

「お札の入れ方は?1万円札2枚で大丈夫?」
「旧漢字で二万円はどう書くの?」

など気になることがたくさん。

ということで今回は、『結婚式での2万円のご祝儀』について徹底解説。

2万円のご祝儀は非常識?気になるそのボーダーラインや、包むと決めた際の基本マナーをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

2万円のご祝儀は非常識?

私が20代前半のころ、田舎の友人が若くして結婚をすることとなりました。

初めての事でしたので、何がなんだか訳がわからず、同郷の友人たちと何回も連絡を取り合い、服装はどうする?ご祝儀はどうする?などの相談をしたのを覚えています。

当時私は東京に住んでおりましたので、周りの知り合いに聞くと「友人のご祝儀は3万円だよ」との回答が多数。
ところが田舎の友人たちは全員「2万円でしょう」との事。

1人だけ3万円というのも何か変な感じでしたので、私も2万円をご祝儀として包みました。

2万円は友人のご祝儀相場の範囲です

友人のご祝儀相場は、一般的に『2万円から3万円』と言われており、多くのマナー本でも、そのように書かれています。

なので2万円という金額は、当時20代前半だった事を考えれば、無理のない範囲の金額だったのかもしれません。

もし皆さんが、2万円にしようか3万円にしようか迷った際は、あなたと似た立場の出席者(私の場合は同郷の友人たちでした)と、相談して決めると良いでしょう。

相談する人がいない場合は

マナーデザイナーとして有名な岩下宣子先生は、以下のように解説されています。
参考にどうぞ。

2万円にしようか3万円にしようか迷った場合は、あとで後悔しないための安心料と考え高いほうを選ぶと良いでしょう。

学生なら2万円のご祝儀でも大丈夫!

新郎新婦が若くして結婚した場合、学生または、社会人に成り立てというタイミングで結婚式に招待される事もあります。

まだ経済的にも大変な状況だと思いますので、2万円のご祝儀は何も問題はありません。

1万円のご祝儀はNG?

結婚式に出席するのに、ご祝儀が1万円というのは避けた方が無難です。

1万円しかご祝儀が包めないという事であれば、欠席して1万円を贈るか、1万円程度のプレゼントを贈るようにした方が良いかもしれません。

主婦は2万円のご祝儀でも良い?

結婚式のお呼ばれではドレスや交通費など、ご祝儀以外でも出費が意外とかさみます。
ご主人の給与から生活費をやりくりしている主婦の皆さんにとって、結婚式のお呼ばれはなかなかの出費です。

もし経済的に大変な状況なのであれば、ご祝儀が2万円でも問題はありません。

ご主人の収入によっては

新郎新婦側があなたのご主人の仕事を知っている場合、その職種やこれまでのあなたとの会話の内容によっては『少ない』と思う可能性があります。

このような場合は一般的なご祝儀金額の3万円が無難ですよ。

30代だと少ない?ご祝儀2万円のボーダーライン

ご祝儀相場の中では少なめの『2万円』。
残念ながら『2万円』のご祝儀を、「ケチだ」「失礼だ」なんていう方もいらっしゃいます。

ご祝儀2万円が非常識となる『ボーダーライン』があるのでしょうか。

30代以上や立場が上だと

新郎新婦の友人や会社同僚であっても、年齢が30代以上の方からのご祝儀2万円は少ないと思われる傾向があるようです。

また、新郎新婦の職場の先輩や上司といった、立場が上の方からのご祝儀が2万円の場合も同様のようです。

職場のルールがあることも

働いている職場によっては、社員間の『ご祝儀ルール』があることも。

会社の同僚、上司・部下の結婚式に招待された場合は、まわりに一度確認・相談すると良いでしょう。

ご祝儀2万円&5000円の品物を

「『2万円』のご祝儀だと少ないし『3万円』だと負担が…」という事であれば、事前に5,000円程度の品を結婚祝いとして贈り、ご祝儀は2万円を包むという方法があります。

あまり『2万5000円』をご祝儀として包むということはありません。
同額の結婚祝いであれば『2万円』のご祝儀&5000円程度のプレゼントが一般的。

相談する人がいなくて迷いに迷った方は、このような方法がオススメです。

ご祝儀の最低金額が2万円の理由

ご祝儀は2万円が最低金額で、3万円が一般的な相場と言われています。
これは何故でしょう。

ご祝儀の内訳:3つの基本

  • 食事代
  • 引き出物代
  • お祝い

このうち招待客がうける『おもてなし』は、食事代と引き出物代の部分です。

食事代は1万5,000円程度、引き出物代は5,000円程度が平均的な金額とされていますので、ゲスト1人につき最低2万円はかかることに。

そこに新郎新婦へのお祝い(1万円~)をプラスした金額が3万円、つまりご祝儀の一般的な相場...という考えです。

1万円しかご祝儀を包まないという場合、新郎新婦を祝福するはずが、二人に食事と引き出物をいただいただけ...となってしまう事から、結婚式に出席するのであれば、最低2万円は包むのがマナーとされています。

ご祝儀で2万円を包む際の基本マナー

ご祝儀で2万円を包むことにした皆さんへ、ご祝儀袋へのお札の入れ方や中袋への金額の書き方を紹介します。

ご祝儀袋への2万円の入れ方

ご祝儀で2万円を包む場合、『お札の枚数をどうするか』という悩みがあります。

私も20代前半のころ、2万円のご祝儀を友人の結婚式で包みました。
その際、一緒に招待された友人から「偶数は割り切れるって事でいけないんだって」と連絡がありました。

「偶数はダメだから1万円札を2枚ではなく、1万円札1枚と5千円札2枚を包む」というもの。

私は都内のデパートに祝儀袋を買いに行った際、フォーマルフロアの担当者の方に参考までに確認してみました。

その方の回答は「1万円札2枚で大丈夫ですよ」との事でした。

「でも、地域のしきたりや、新郎新婦のご家族の方で気になさる方がいらっしゃるかもしれないので、ご友人と合わせてみてはいかがですか。」とのアドバイスも。

結局私は友人たちと相談し、『1万円札1枚と5千円札2枚』で2万円のご祝儀という事になりました。

2万円は1万円札2枚で大丈夫

その後、様々なマナー本を確認しましたが、現在では『1万円札2枚で大丈夫』のようです。

かつて偶数は『割り切れる』という事で『縁起が悪い』とされていました。

しかし『二(2)』という数字については、『夫婦』や『ペア』、『二重の喜び』といった意味と最近は解釈するようになったとのこと。
ちなみに『八(8)』も末広がりとの事で大丈夫です。

しかし相変わらず、『四(4)』は『死』を連想させるということでタブー。
こちらは注意しましょう。

1万円札がなかったと勘違いされる

マナーや作法で有名な近藤珠實先生は、ご自身の著書にて以下のように解説されています。
参考にどうぞ。

1万円札1枚と5千円札2枚だと受け取った側が、「1万円札がなかったのかな?」と勘違いすることがあるため、1万円札2枚を入れたほうが良いでしょう。

二万円の書き方(旧漢字)

ご祝儀で2万円を包む方の参考に、旧漢字での書き方をわかりやすく大きな画像で紹介します。

20,000円(二万円)の書き方

20,000円(二万円)

まとめ

いかがでしたか。

『結婚式での2万円のご祝儀』について解説しました。

『2万円』は結婚式におけるご祝儀相場の範囲内です。
ただし年代や立場によっては、『少ない』『非常識』と思われるといった難しさも。

迷った際は同じ年代や地域、職場の方に相談するのがオススメですよ。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)
スポンサーリンク