結婚式に出席するあなた。結婚式でのご祝儀マナーは大丈夫ですか。

いくら包めば良い?といった結婚祝いの相場や、金額に見合ったご祝儀袋の選び方、購入したご祝儀袋の正しい書き方や受付での渡し方など…。

今回は、そんなあなたの悩みを一挙解決!結婚式でのご祝儀マナーをまとめて解説します。

スポンサーリンク

結婚式のご祝儀相場はいくら?

初めて結婚式に出席する方の悩みどころ、ご祝儀の相場について解説します。

友人へのご祝儀は3万円が基本?

友人へのご祝儀は3万円が基本相場。ただし社会人になりたての20代の方などは2万円でも大丈夫です。

もし2万円にするか3万円にするか迷った場合は、同じような立場の友人や同僚と相談するのがオススメ。相談相手がいないのであれば、あとで後悔しない安心料と割り切り、3万円を選ぶと良いでしょう。

夫婦で招待された場合は?

結婚式に夫婦で招待された場合は、1人分の額を基準に奇数の額を考えます。

1人で出席する場合は友人や会社の同僚の結婚式で、だいたい2~3万円。夫婦での出席の場合は、1人分の2倍に近い奇数額を包むのが良いとされています。

友人の結婚式に夫婦で出席する際には「5万円」を包むことが多く、兄弟など親族の結婚式に出席する際には「10万円」がご祝儀の目安となります。

ご祝儀に適さない金額

4万円は「死」、9万円は「苦」を意味する凶数なので絶対に避けます。8万円は偶数ですが「末広がり」の意味で、ご祝儀に使用される事も金額です。

金額に見合ったご祝儀袋の選び方

贈る金額が決まったら、それに見合ったご祝儀袋を準備しましょう。

ご祝儀袋の水引は「結びきり」を選ぶ

ご祝儀袋を選ぶ際に、絶対に間違えてはいけないマナーです。

結びきりの水引は、ほどけない事から「二度と繰り返したくない」という意味があり、何度も繰り返したくない結婚祝いに使われます。

絶対に水引が蝶結びの祝儀袋を選んではいけません。

水引の色について

慶事用の色である「金銀」「赤白」「金赤」を選びましょう。この中でも「金銀」は慶事用でもっとも格上です。

贈る金額とご祝儀袋の「格」を合わせる

ご祝儀袋には、シンプルなものから豪華な飾りが付いているものまで様々な種類があります。

ご祝儀袋を選ぶ際は、包む金額にふさわしい袋を選ぶことが大切です。

「豪華な袋で中身が少ないことをごまかす」という考え方は、ご祝儀袋の選び方としてはマナー違反。必ず金額に見合った祝儀袋を選ぶようにしましょう。

友人の結婚式にオススメのご祝儀袋

サイズが9cm×18cm。友人の結婚式で2~3万円を包むのに最適なご祝儀袋です。

見本画像:友人の結婚式に適したご祝儀袋

見本画像:友人の結婚式に適したご祝儀袋

出典Yahooショッピング:結納屋さん様

ご祝儀袋の選び方については、以下の記事が参考になります。

ご祝儀袋の表書きの書き方

ご祝儀袋の表書きには贈り主の名前と、贈る趣旨を伝える「上書き」を記入します。

名前などを書く際には、毛筆や筆ペンを使いましょう。ボールペンはNGです。毛筆や筆ペンが苦手な方には、ボールペン感覚で書ける筆風サインペンがオススメです。

結婚祝いの上書きで一般的なのは「壽」「寿」です。最近のご祝儀袋の多くは、あらかじめ印刷されています。ちなみに「寿」は略式です。

ご祝儀袋への自分の名前の書き方

名前は名字だけでなく姓と名を書きます。ご祝儀袋に書く名前は上手でなくても大丈夫。ただし心をこめて丁寧に書くようにしましょう。

見本画像:ご祝儀袋への自分の名前の書き方

見本画像:ご祝儀袋への自分の名前の書き方

夫婦で贈る場合のご祝儀袋の書き方

夫婦でご祝儀を贈る場合の書き方には以下の方法があります。

  1. 夫もしくは妻を代表とし代表者1名分の名前を書く
  2. 夫の名前を中央にフルネーム、その左側に妻の名のみを書く

見本画像:夫婦連名でのご祝儀袋の書き方

見本画像:夫婦連名でのご祝儀袋の書き方

家族で贈る場合のご祝儀袋の書き方

家族(夫婦と子供)でご祝儀を贈る場合の書き方には以下の方法があります。

  1. 夫もしくは妻を代表とし代表者1名分の名前を書く
  2. 夫の名前を中央にフルネーム、その左側に妻、子供の順で名のみを書く
  3. 夫の名前を中央にフルネーム、その左側に「外一同」と書く
  4. 夫婦連名のみで子供の名は書かない

見本画像:家族でのご祝儀袋の書き方

見本画像:家族でのご祝儀袋の書き方

中袋への金額や住所の書き方

中袋の表側には金額、裏側には住所と名前を書きます。住所を書く際は、郵便番号やマンション・アパート名も書いておくと親切です。

見本画像:中袋の書き方

見本画像:中袋の書き方

ご祝儀の金額(数字・円)の書き方

ご祝儀袋の中袋に金額を記入する場合は、数字や円を「旧字体(大字)」で書くのが正式マナーです。ただし「絶対に旧字体で」という程でもなく、略式で書いても構いません。

例えば、結婚式のご祝儀でよく包まれる「三万円」はこのように書きます。

30,000円(三万円)

金額数字の旧字体一覧

ご祝儀の金額でよく使われる数字の略式、正式(旧字体)での書き方を表にまとめました。参考にしてください。

金額とその旧字体(大字)の書き方
金額略式正式(旧字体)
20,000円金二万円金弐萬円・金弐萬圓
30,000円金三万円金参萬円・金参萬圓
50,000円金五万円金伍萬円・金伍萬圓
70,000円金七万円金漆萬円・金漆萬圓
100,000円金十万円金拾萬円・金拾萬圓

ご祝儀袋へのお金の入れ方

結婚祝いのお金は祝儀袋に同封されている中袋に入れ祝儀袋で包みます。

中袋へのお札の入れ方&向き

中袋へのお札の入れ方とその向きですが、お札の表側(肖像画がある方)が中袋の表側に向くように、また肖像画が上に来るようにしてお札を入れます。

結婚式は慶事なので必ず新品のお札を準備し、しっかりとそろえて中袋に入れましょう。

見本画像:中袋へのお札の入れ方

見本画像:中袋へのお札の入れ方

ご祝儀袋(上包み)の包み方

お金を中袋や中包みに入れたらご祝儀袋(上包み)で包みます。

ご祝儀袋の包み方については以下の動画が参考になります。

参考動画:ご祝儀袋の包み方

出典www.youtube.com

上と下を間違えると大変なマナー違反!

結婚式は慶事なので上、下の順で折ります。これが逆になると弔事での包み方に。絶対に間違えないようにしましょう。

横からみた祝儀袋

ふくさの選び方&包み方

袱紗(ふくさ)とは、小さな風呂敷のような布のこと。最近では札入れのような簡易型の「金封ふくさ」といったものもあります。

ご祝儀袋を持参する際は「ご祝儀を汚さない」という意味でも、ふくさに包んで持参しましょう。

結婚式での袱紗の選び方

結婚式では「赤色」や「紫色」などの赤系統(暖色系)のものを使用するようにします。

特に「紫色」のふくさは、慶事・弔事の両方で使用でき持っていると便利。男性にもオススメの袱紗です。

袱紗への祝儀袋の入れ方

袱紗を左手で持った際に右開きとなるように祝儀袋を入れます。

参考動画:簡易型の袱紗への入れ方

出典www.youtube.com

結婚式でのご祝儀の渡し方

本来は挙式前に新郎または新婦の自宅まで直接届けるのが正式なマナー。

しかし最近は結婚準備で忙しい新郎新婦の事を考え、挙式や披露宴に招待されている場合は当日にご祝儀を持参し受付にて渡すのが一般的です。

受付でのご祝儀の渡し方

当日持参したご祝儀は受付で受付係に渡します。その際「本日はおめでとうございます」など、お祝いの言葉を述べ渡すと良いでしょう。

結婚式などの慶事では、袱紗は右側に開いてご祝儀袋を取り出し両手で受付係に渡します。

渡す際はご祝儀袋の文字を受付係が読めるよう向きを整えて渡しましょう。

参考動画:袱紗からの渡し方

出典www.youtube.com

スポンサーリンク