ご祝儀袋の中袋には『贈る金額』を漢数字で記入するのが一般的。
金額を書く際は『大字(だいじ)』という旧漢字で書くのが正式マナーです。

「3万円はどう書くの?」
「2万円は?5万円は?」

なんて気になりますよね。

ということで今回は、『ご祝儀金額の書き方』について解説。

ご祝儀でよく使われる金額の『旧漢字での書き方』を、大きくわかりやすい画像で紹介します。

スポンサーリンク

金額は大字(だいじ)で書くのがマナー

結婚式では、ご祝儀を贈る際に祝儀袋の中包み(中袋・内袋)に金額を書きます。

漢数字で記入する金額は、大字(だいじ)という旧漢字で書くのが正式なマナー。
ちなみに通常の漢字で書くことは略式となります。

現在では『略式で書いても良い』とされてはいますが、やはりここは正式なマナーである旧漢字で書いてみるのはいかがでしょう。

何故わざわざ旧漢字を使う?

金額を『旧漢字で書くのが正式なマナー』というのには理由が。

一説には旧漢字はその字体が複雑なので『書き直される心配がない』ということで、大字が用いられると言われてます。

也(なり)は付けても付けなくても良い

『金参萬円也』のように『金参萬円』の後、『也(なり)』を付けるか付けないか迷われる方も多いかと思います。

昔ながらのマナーでは『也』を付けるようですが、最近では付けなくても間違いではありません。

横書きでのご祝儀金額の書き方

中袋に印刷されている記述欄が『横書き』の場合は、金額を算用数字で記入しても構いません。

横書きでの金額記入例(三万円の場合)

  • 30,000円
  • 金30,000円
  • 金三万円
  • 金参萬円
  • 金参萬圓

算用数字には「金」を付ける?

都内デパートにて筆耕をされている方に確認したところ、算用数字で金額を書く際の『金』の有無はどちらでも良いとの事。

ちなみに今回お話を聞いた筆耕の方は、横書きでも金額を大字(旧漢字)で書くそうです。
参考にしてください。

三万円はどのように書くの?

結婚式のご祝儀でよく包まれる金額『三万円』は、以下のように書きます。

30,000円(三万円)

30,000円(三万円)

三万円以外の旧漢字

三万円以外の金額の漢字も、大きなサイズの画像で紹介します。

今回は、結婚式のご祝儀で良く使われるであろう金額をまとめて紹介。
それでは5,000円からスタート。

5,000円(五千円)の書き方

5,000円(五千円)

10,000円(一万円)の書き方

10,000円(一万円)

20,000円(二万円)の書き方

20,000円(二万円)

50,000円(五万円)の書き方

50,000円(五万円)

100,000円(十万円)の書き方

100,000円(十万円)

中包みにどうやって金額を書くの?

いかがでしたか。

かなり大きめに旧漢字を紹介してみました。
ぜひ記入時に参考にしてください。
このぐらい大きなサイズであれば、きっと記入する際に間違えることはないでしょう。

中包みのどこに金額を書けば良いか、ご祝儀袋へのお金の入れ方や包み方などについては、以下の記事を参考にしてください。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

スポンサーリンク