結婚式に最適な曲を紹介する「ウェディングソングセレクション」。

今回ご紹介する曲は、2009年4月にリリースされ、沖縄県で結婚式人気ナンバー1ソングとなった、ji ma maさんの「大丈夫」です。

入場曲や両親への花束贈呈などの感動的なシーンに良く使われる曲ですが、余興での披露やお祝い動画のBGMなどにも最適ですよ。

スポンサーリンク

「大丈夫」という曲をご存知ない方のために...

ji ma maの「大丈夫」って何?という方のために、YouTubeのソニーミュージック公式チャンネルで公開されているショートバージョンの動画を。

出典www.youtube.com

この曲はji ma ma自身のことを歌っている

この曲は、ji ma maさんご自身のことを歌っているそうです。
当時所属していたレコード会社を移籍し不安でいっぱいだったji ma maさんを支えてくれたのが旦那様。「夫と一緒にいると不思議と優しい気持ちになれる」そんな気持ちをこの曲の歌詞に込めたそうです。

アーティスト名の「ji ma ma(ジママ)」とは、沖縄の方言で「自儘=わがまま」という意味との事。ji ma maさんは沖縄では知らない人がいないくらい有名なアーティストなんですよ。
「大丈夫」は、そんなji ma maさんの最大のヒット曲なのであります。
2009年にはCMソングとなり、泣ける歌として話題となりました。
ちなみに曲が生まれるきっかけとなった旦那様は、カメラマンのG-KENさんです。

「大丈夫」を披露する前のひとことスピーチ

女性アーティストの曲ですので、新婦の友人の皆さんで歌うのがおススメ。

披露する前にひとことスピーチされる際は、この曲の素敵な歌詞の一部を用いて行なうと良いのではないでしょうか。

「大丈夫」の披露前スピーチ例(約30秒)

○○ちゃん、○○さん、ご結婚おめでとうございます。
○○ちゃんが大好きなji ma maさんの「大丈夫」を歌います。

歌詞の中に「僕の大切な人、時を紡いで生きてゆこう」「未来の扉をともに開こう」という一節があります。

この歌詞のように、お二人仲良く、新しい人生を一緒に歩んでいっていただければと思います。
それでは聞いてください。

※皆さんで素敵なひとことスピーチを考えてみてくださいね

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)