2016年の10月に発売され、TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌として使用された、星野源さんのシングル曲「恋」。

このドラマのエンディングで、主演の新垣結衣さんや出演者が曲にあわせて披露するダンスが、「恋ダンス」と呼ばれて大人気に。既に結婚式の余興で披露されている方もたくさんいらっしゃいます。

スポンサーリンク

恋ダンスを知らない方のために・・・

通称「逃げ恥」とも呼ばれるこのドラマを観ていた方には当たり前の「恋ダンス」ですが、観ていなかった方にとっては何のことやら...。

という事で、「恋」&「恋ダンス」をご存じない方のために、まずは参考動画を。

公式チャンネルより

まずは星野源さんの公式チャンネルより「恋」のミュージックビデオを。

出典www.youtube.com

どのように結婚式の余興で披露しましょ?

ドラマのエンディングでは、出演者の方々が、曲の前半は個別、後半は複数名でフォーメーションを組んでと変化がありましたが、結婚式の余興でこのダンスを披露する際はどうすれば良いのでしょう?

ここは既に余興で披露されている方々の動画を参考に、自分たちなりのアイデアを考えると良いでしょう。

「恋ダンス」の余興参考動画

出典www.youtube.com

出典www.youtube.com

振付けは簡単?でも練習は必要!

子どもたちにも大人気のようですし、振付けも比較的簡単と言われている「恋ダンス」。でも、複数名で披露することが基本のダンスですので、1人だけ違っていると目立ってしまうかもしれませんね。

振付け練習用の動画も多数ありますので、個人でしっかりと練習して、メンバの並び方などフォーメーション部分だけ集まって練習すると良いでしょう。

「恋ダンス」の振付けレッスン動画

出典www.youtube.com

出典www.youtube.com

出典www.youtube.com

「恋ダンス」は結婚式に不向き?

人気の「恋ダンス」ですが、契約結婚がドラマの軸になっているせいか、結婚式の余興には向いていないという意見もあります。

しかし、主題歌を担当している星野源さんは「恋」という曲について以下のように述べています。

新曲 「恋」 は、踊りたくてムズムズする、生活を基にしたラブソングです。
わけのわからないパワーで溢れた楽しい曲になりました。
レコーディング中、マリンバを叩きながら 「これまでとこれからの自分を全部を使って作っている」 という不思議な感覚になりました。
早く皆さんに聴いて頂きたいです。 この曲を、新しい夫婦を形作る世界中の人たちへ捧げます。

曲を作られたご本人が「新しい夫婦を形作る世界中の人たちへ捧げます」と仰っているのですから、新郎新婦からNGでも出ない限り良いのではないでしょうか。

新郎新婦を楽しませたい、祝福したいという気持ちがあれば、とても素敵で余興に最適なダンスだと思いますよ。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)