ご祝儀袋へのお金の入れ方&包み方!お札の向き・糊付け・厚紙は?

結婚式でのご祝儀のマナー

結婚式といった慶事(お祝い事)では、準備したご祝儀袋へのお金の入れ方にもマナーが。

お札の向きは?糊付けは必要?台紙みたいな厚紙は何?など、気になる事がたくさんあります。

今回は、ご祝儀袋・中袋へのお金の入れ方や包み方などのマナーを紹介します。

スポンサーリンク

ご祝儀袋へのお金の入れ方

結婚式といった慶事でのご祝儀袋へのお金の入れ方を紹介します。

市販されているご祝儀袋には、封筒タイプの中袋が付いているのが一般的です。結婚式のご祝儀は、この中袋に入れご祝儀袋(上包み)で包みます。

新札を準備する

結婚式といった慶事では、シワや折り目のない「新札」を用意します。

新札を贈る理由には、「新しい門出を祝う」「結婚式を心待ちにしておりました」という2つの意味があり、ご祝儀で新札を贈るのは「新郎新婦への心遣い」なのです。

ご祝儀袋へは、必ず新しいお札を入れましょう。

中袋へのご祝儀の入れ方

封筒タイプの中袋へは、お札の表側と中袋の表側を同じ向きで入れることがポイントです。

また、3万円など複数枚のお札を入れる場合は、必ずきれいに揃えて入れましょう。

画像:中袋へのご祝儀の入れ方

お札の表側(肖像画がある方)と、中袋の表側が同じ向きになるようにします。

中袋へのご祝儀の入れ方

画像:中袋の表側&裏側

中袋(封筒タイプ)は、継ぎ目がない方が表側です。

記入欄がある場合を除き、表側には金額を、裏側には住所と名前を記入します。

中袋の表側&裏側

中包み(包み紙)へのご祝儀の入れ方

フォーマル専門店等で取り扱っているご祝儀袋(特に高額なご祝儀を入れるもの)などでは、中袋ではなく中包み(包み紙タイプ)の場合があります。

結婚式といった慶事での中包みの正しい包み方は、角の三角部分が左側になるようにします。中包みへのお金の入れ方については、以下の動画が参考になります。

動画:中包みへのご祝儀の入れ方

出典:www.youtube.com

中袋・中包みが無い場合

中袋も中包み(包み紙)も付属していなかった場合は、奉書紙や厚手の半紙を用います。コピー用紙で代用しても構いません。

奉書紙やコピー用紙といった、半紙を使った場合の包み方を紹介します。

画像:左上と左下に三角部分ができる包み方

左上と左下に三角部分ができる包み方

包む手順は以下のとおりです。

  1. 奉書紙やコピー用紙といった半紙を斜めに置きます。紙幣は表側(肖像画のある方)を上にして縦に置きます
  2. 左側の角を右側の辺に揃えるよう折ります。その後、上側の角を下に折り下げ、下側の角を上に折り上げます
  3. 紙幣を折らないよう、紙幣の幅より少し広めに右側から折ります
  4. 余った角を裏に折り込みます
  5. 完成(左上と左下に三角部分ができる)

画像:左上だけに三角部分ができる包み方

左上だけに三角部分ができる包み方

包む手順は以下のとおりです。

  1. 奉書紙やコピー用紙といった半紙を斜めに置きます。紙幣は表側(肖像画のある方)を上にして縦に置きます
  2. 左側の角を右側の辺から少し離したところまで折ります。その後、上側の角を下に折り下げ、下側の角を上に折り上げます
  3. 紙幣を折らないよう、紙幣の幅より少し広めに右側から折ります
  4. 余った角を裏に折り込みます
  5. 完成(左上だけに三角部分ができる)

お札の向きについて

お札の向きについては、必ず「お札の表側(肖像画がある方)」と「中袋や中包みの表側」が同じ向きになるよう揃えて入れます。

中袋へのご祝儀の入れ方

中袋(封筒タイプ)は、継ぎ目がない方が表側です。

中袋の表側&裏側

お札の肖像画の向きは上?下?

お札の肖像画側を先に入れる(肖像画が下)、後に入れる(肖像画が上)については、どちらでも問題ありません。

お札の向きは、中袋・中包みの表側とお札の表側が揃っていることが大切です。

肖像画の向きは、有名マナー講師でも意見が違う...

お札の肖像画の向きについては、テレビ出演される有名なマナー講師の方でも意見が異なります。

現代礼法研究所の岩下宣子さんの著書では、「お札の肖像画を上に」と書かれていますが、「清紫会」新・作法学院の近藤珠實さんの著書では、「お札の肖像画を下に」と書かれています。

当サイトでは、受講したマナー講習の内容をもとに「肖像画を上」とした画像を紹介しています。

厚紙・台紙について

まれに、祝儀袋内に台紙のような厚紙が入っている場合があります。

これは商品(祝儀袋)の型崩れを防ぐためのものです。使用時に厚紙は抜いてください。

中袋の糊付けは必要?

お金を中袋に入れた後、のりで封をする必要はありません。

ただし、入れる金額が多い場合には糊付けする事もあります。

ご祝儀が2万円の場合の入れ方

ご祝儀を2万円とした場合「偶数は割り切れる」との理由から、1万円札1枚と5千円札2枚を包む方法が一般的でした。

最近は、1万円札2枚でも大丈夫です。1万円札1枚と5千円札2枚の方法だと、1万円札が無かったのかなと、勘違いされる場合もあるようです。

ただし、地域のしきたりや、新郎新婦のご家族で気にされる方がいる可能性もありますので、同じ金額を贈る友人がいる場合は、相談して決めると良いでしょう。

ご祝儀袋(上包み)の包み方

お金を中袋や中包みに入れたら、ご祝儀袋(上包み)で包みます。

上包みに入れる際も、中袋・中包みの表側と上包みの表側を揃えて入れます。

上下を間違えない!

祝儀袋(上包み)は、必ず上、下の順で折ります。

画像:横からみた祝儀袋

横からみた祝儀袋

結婚式は慶事なので上、下の順で折りますが、これが弔事だと下、上の順なのです。

結婚式などの慶事は「嬉しくて万歳をする(上を向く)」という風に覚えて、上、下の順で折り、下の折り返しが上を向くように折るという事を間違えないように気をつけましょう。

市販のご祝儀袋の包み方

たたんであったご祝儀袋をいったん開いたわけですから、ある程度の折り目は残っていますよね。それにあわせて順番に、マナーを守ってたたんでいきましょう。

ポイント

中袋の表側とご祝儀袋の表側は、同じ方向を向くように包みましょう。また、祝儀袋を横からみたとき、下からの折り返しが上になるように折りましょう。

画像:表書きが中央にあるご祝儀袋の場合

ご祝儀袋の包み方(表書きが中央の祝儀袋)

  1. ご祝儀袋を開いて裏返します
  2. ご祝儀袋の真ん中辺り(元の折り目を参考)に、中袋の裏側を上に向け(住所・名前が書いてある方を上にして)のせる
  3. 左側を真ん中へと折る
  4. 右側を真ん中へと折る
  5. 上側を真ん中へと折る
  6. 下側を真ん中へと折って完成

画像:表書きが左側にあるご祝儀袋の場合

ご祝儀袋の包み方(表書きが左側にある祝儀袋)

  1. ご祝儀袋を開いて裏返します
  2. ご祝儀袋の真ん中辺り(元の折り目を参考)に、中袋の表側を上に向け(金額が書いてある方を上にして)のせる
  3. 左側を真ん中へと折る
  4. 右側を真ん中へと折る(表書きが手前にきます)
  5. 裏返して上側を真ん中へと折る
  6. 下側を真ん中へと折って完成

動画:ご祝儀袋(上包み)の包み方

ご祝儀袋の包み方については、以下の動画が参考になります。

出典:www.youtube.com

袱紗(ふくさ)への入れ方

ご祝儀を持参する際は、「ご祝儀を汚さない」という意味で、袱紗(ふくさ)という小さな風呂敷のような布で包み持参するのがマナーです。

簡易型の袱紗がおすすめ

最近は簡易型の袱紗もあります。このような袱紗へは、左手で持った際に右開きとなるよう、ご祝儀袋を入れます。

動画:簡易型の袱紗への入れ方

出典:www.youtube.com

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

関連記事

このページの先頭へ