結婚式でのアスコットタイ!色のマナー&友人・親族の着こなしについて

結婚式での男性の服装マナー

最近の結婚式では、男性ゲストの方のファッションも華やかになってきました。

ブラックスーツやダークスーツが一般的なスタイルですが、タイをアスコットタイにするだけでも印象が変わります。

今回は、友人や男性親族の方必見!アスコットタイのマナーや、その着こなしについて紹介します。

スポンサーリンク

アスコットタイとは

主にモーニングコートやディレクターズスーツなど、昼の礼装で着用される幅広の蝉型ネクタイです。

最近は、ブラックスーツやダークスーツなどの略礼装に取り入れられることも多く、華やかさをプラスできるアイテムとして人気があります。

アスコットタイの種類

アスコットタイには、スカーフのように首元で結ぶストールタイプ(アスコットスカーフ)や、タイリングでとめるリングタイタイプなどがあります。

1つのアスコットタイで様々な表情が

アスコットタイは、その結び方や巻き方を変えることで、様々な表情を楽しむことが可能です。

披露宴では通常のネクタイのように、その後の二次会ではスカーフのようにといった華やかな演出もできますよ。

画像:ネクタイのような結び方

アスコットタイ:ネクタイのような結び方

出典:ノービアノービオ preto様

画像:リングをつけて

アスコットタイ:リングをつけて

出典:ノービアノービオ preto様

画像:スカーフのように

アスコットタイ:スカーフのように

出典:ノービアノービオ preto様

アスコットタイの結び方・巻き方

アスコットタイは結び方や巻き方によって表情が変わります。

今回は、結婚式などのフォーマルシーンにおすすめの方法を紹介。あなたにあったコーディネートを楽しみましょう。

結ぶのが面倒...

結ぶのが面倒という方にはフック式のアスコットタイがおすすめ。ただしスカーフのようにはできないなど、応用が利かないものもあります。

ネクタイのような結び方

ウイングカラーのシャツに合わせる際におすすめの結び方です。

アスコットタイの基本的な結び方であり、フォーマル度の高い方法です。

動画:アスコットタイの結び方

出典:www.youtube.com

リングタイプ

アスコットタイをタイリングで留める結び方は、リングを通すだけで簡単にできる方法です。

動画:リングタイプの結び方

出典:www.youtube.com

ストールタイプ

スカーフのように首元に巻くイメージの結び方です。

ストールタイプは、アスコットタイの結び方の中でも比較的カジュアルな方法。レストランウェディングや二次会といったカジュアルな結婚式に適しています。

動画:ストールタイプの結び方

出典:www.youtube.com

アスコットタイのマナー

友人や親族の結婚式でアスコットタイを着用する場合、どのようなマナーがあるのでしょうか。

基本は昼の礼装

アスコットタイは昼の礼装アイテム。午前中から夕方までの結婚式に出席する際に、最適なおしゃれアイテムですので、基本的には昼の結婚式で着用します。

アスコットスカーフは夜でもOK

アスコットタイをスカーフのように巻くことで、夜の結婚式や二次会にも使えます。

ただし、カジュアルな使い方になりますので、レストランウェディングや二次会で着用するようにしましょう。

色・柄のマナー

フォーマルの基本的な色でもある黒ですが、日本では黒いネクタイは葬儀で着用するものという事で忌み嫌われます。

フォーマルなアイテムのアスコットタイですが、黒いものや、柄があっても遠めに見ると黒無地に見えるといったものは避けたほうが無難かもしれません。

また柄については、アニマル柄(ヒョウ柄・ゼブラ柄)やドクロ、迷彩といった奇抜なデザインのものは避けるようにしましょう。

本来、黒ネクタイは結婚式向き

外国では黒ネクタイはフォーマルの基本。結婚式でも着用されています。

フランスに住んでいる友人に確認しましたが、むしろ白いネクタイの方が少ないとの事でした。

ただし日本では「喪の色」として定着しています。黒地のネクタイに白いドットといったものでも、遠めに見ると黒無地に見える...といったネクタイは、残念ですが避けたほうが無難かもしれません。

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

関連記事

このページの先頭へ