ハワイ結婚式!参列者の服装(アロハ&ムームーなど)を画像で解説

結婚式の服装マナー

大人気のハワイウェディング!招待された皆さんも多いのでは。

そこで気になるのが参列時の服装ですよね。「アロハやムームーを着る…」とは何となく知っているけど、コーディネートやマナーはわからない。

今回はハワイでの結婚式の服装を解説。参列者の基本マナー&コーディネートを紹介します。

スポンサーリンク

男性ゲストはアロハシャツ!

もう既に皆さんご存知。ハワイ結婚式での男性の正装は「アロハシャツ」です。ハワイではフォーマルウェアとして結婚式以外の様々な場面でも着用されています。

日本と同じようにスーツスタイルで出席しても問題はありませんが、ハワイでの結婚式を希望する新郎新婦は伝統的なハワイ挙式を好む方々がほとんど。

アロハシャツを着用してハワイの雰囲気を楽しみましょう。

新郎新婦に希望を確認

リゾートウェディングでは招待状にドレスコードが書かれていることが一般的です。

指定がなかった場合は新郎新婦への確認がオススメ。結婚式をどのような雰囲気にしたいか希望を聞くと良いでしょう。

明るめの色柄を選ぶ!

アロハシャツは明るい色を選びましょう。結婚式だからと落ち着いた色のアロハシャツを選ぶ必要はありません。

初めてアロハシャツを着る方は柄の選び方も気になると思いますが、アロハシャツには結婚式用の特別な柄というのはありません。

あなたの好きな柄と色を選ぶと良いでしょう。

画像:ネイビーのアロハシャツ

ネイビーのアロハシャツ:楽天市場『ムームーアロハレンタル宅配店』

画像:ホワイトのアロハシャツ

ホワイトのアロハシャツ:楽天市場『ムームーアロハレンタル宅配店』

ズボンは何をあわせる

アロハシャツにあわせるズボンは綿パンやチノパン、スラックスが基本。落ち着いた色や明るい色(白・ベージュ)をあわせます。

短パン・ジーンズは基本NG

カジュアルなイメージの強いハワイアンウェディングですが、ジーンズや短パンは基本的にNGです。フォーマルな装いが求められる伝統的なハワイ挙式では絶対に避けます。

ただしビーチウェディングなど結婚式のスタイルによっては短パン・ハーフパンツ、ジーンズがOKの場合も。新郎新婦に確認することをオススメします。

ミントグリーンのアロハシャツ&白スラックスのコーディネート:楽天市場『ムームーアロハレンタル宅配店』

靴の基本は「革靴」

ハワイ結婚式においてアロハシャツにあわせる靴は「革靴」が基本です。ドレスシューズやデッキシューズが一般的。

靴の色については特に決まりはありません。白やベージュなどの明るい色や黒・ネイビー・茶色など落ち着いた色でも大丈夫。ただし赤やオレンジといった原色系の派手なものは避けましょう。当日着用するアロハシャツと色味を統一するのも素敵です。

サンダルは?

サンダルは基本的にはNG。ビーチウェディングなど砂浜を歩くことが多い場合はデッキシューズがオススメです。

ただし結婚式のスタイルによっては短パン同様にサンダルがOKなことも。新郎新婦へ事前に確認しましょう。

画像:デッキシューズ

ハワイ結婚式でオススメの靴は「デッキシューズ」。デニムや綿素材のものはスニーカー的なのでNG。選ぶなら必ず「革」のデッキシューズを。

レザーデッキシューズ(茶色):楽天市場『ABC-MART楽天市場店』

画像:デッキシューズ(白)

男性にオススメは白のデッキシューズ。カラフルなアロハシャツとの相性も抜群!教会でもビーチでも大活躍です。

ホワイトレザーデッキシューズ:楽天市場『GMMSTORE』

スーツスタイルでもOK?

日本での結婚式同様にスーツで参列する方もいらっしゃいます。基本的なマナーは日本と同じですが、暖かな気候のハワイではブラックスーツではなく、白以外の明るい色(グレー・ネイビーなど)のスーツがオススメです。

女性ゲストはムームー&サマードレス!

ハワイの結婚式でのお呼ばれスタイルといえば「ムームー」。ムームーとは丈が長めの女性用ワンピースドレスのこと。袖が短くゆとりがありカラフルな柄やフリルなどが特徴です。

男性の「アロハシャツ」同様にムームーはハワイでは女性の正装。結婚式では一般的なドレスです。

画像:ムームー(ミントグリーン)

ミントグリーンのムームー:楽天市場『ムームーアロハレンタル宅配店』

画像:ムームー(ブルー)

ブルーのムームー:楽天市場『ムームーアロハレンタル宅配店』

フォーマルドレス・サマードレスも人気

ハワイでの結婚式に参列するなら「女性はムームー」というイメージがありますが、日本の結婚式で着るようなフォーマルドレスやサマードレスも人気です。

ハワイは暖かいので薄めの生地のドレスを選んだり、黒といった暗い色ではなくパステルカラーなど明るい色のドレスを選ぶと良いでしょう。

過度な露出はNG

開放的なハワイだからといって過度な肌見せはNGです。

画像:パステルピンクのフォーマルドレス

パステルピンクのフォーマルドレス:楽天市場『パーティードレス通販!PourVous』

画像:ブルーのサマードレス

Vネックサマードレス(ブルー):楽天市場『Rutile』

靴はミュール・サンダルもOK

ハワイウェディングでの靴はパンプスのほかミュールやサンダルでもOK。ビーチウェディングなど砂浜を歩く機会がある場合は、ヒールが低いものやウェッジソールがオススメです。

ハワイ結婚式がカジュアルなイメージだとしても、ビニール系のビーチサンダルやスニーカーは避けます。

画像:ウェッジソールサンダル

ビーチでも歩きやすいウェッジソール。ハワイの結婚式ではつま先が出るサンダルでも大丈夫です。

ウェッジソールサンダル:楽天市場『for MUSE』

画像:ウェッジソールサンダル

リゾート感のあるサンダルはハワイの正装「ムームー」との相性も抜群!ビーチも歩きやすく快適です。

ウェッジソールサンダル:楽天市場『ARKnets』

教会での結婚式ではパンプスを

挙式が行なわれる教会によってはサンダルがNGの場合もあります。

きれいめのサンダルであれば大丈夫な事がほとんどですが念のため確認しましょう。パンプスであれば間違いありません。

両親・親族もアロハ&ムームーで

ハワイでの結婚式では両親や親族もゲスト同様に、男性は「アロハシャツ」女性は「ムームー」を選ぶことが一般的です。

両親でお揃いのコーデを

お父様のアロハシャツとお母様のムームーの色や柄をあわせてみたり、親族の方も夫婦や家族で参列するのであればアロハ&ムームーの色柄を揃えると素敵です。

画像:アロハシャツ&ムームーコーデ

ミントグリーンのアロハシャツ&ムームーのお揃いコーデ。ご両親やご夫婦で出席する方にオススメです。

出典:楽天市場:ムームーアロハレンタル宅配店

画像:アロハシャツ&ムームーコーデ

赤のアロハシャツ&ムームーの組み合わせ。ハワイの青い空&海、白い砂浜にピッタリの赤を。

出典:楽天市場:ムームーアロハレンタル宅配店

モーニング&黒留袖でもOK

もちろん日本での結婚式のように、お父様がモーニングお母様が黒留袖でも大丈夫です。

ただし新郎新婦両家で統一することが大切。せっかくのリゾートウェディングですのでアロハ&ムームーがオススメです。

着付けは自分で

お母様が黒留袖を着ても大丈夫ですが、ハワイ挙式では着付けができるスタッフが現地に少ないというデメリットも。

ご自身や参列者に着付けができる方がいるということが重要です。

教会式での父親の服装は?

教会での挙式では新婦と共にバージンロードを歩く父親。ハワイ挙式では父親がアロハシャツでバージンロードを歩く事はもちろんOK。

始めにも紹介したとおり「アロハシャツ」はハワイの立派な正装です。

子供の服装もハワイアンスタイル

子供の服装も男の子ならキッズアロハシャツ、女の子ならガールズハワイアンドレスがハワイ結婚式の定番。

子供の場合は大人よりカジュアルな感じでもOK。男の子ならアロハシャツにハーフパンツでも大丈夫です。

男の子の靴はスニーカーでも

男の子の靴はスニーカーでも白くてきれいなら大丈夫。スニーカーといっても布地のデッキシューズがオススメ。スポーツタイプのスニーカーはアロハスタイルにはオススメしません。

画像:男の子&女の子&赤ちゃんコーデ

家族でのお揃いコーデ。赤のアロハ&ムームーがリゾートウェディングの雰囲気にピッタリです。

出典:楽天市場『ムームーアロハレンタル宅配店』

衣装はレンタル?メリット・デメリット

普段めったに着ることのないアロハシャツやムームー。ハワイへ頻繁に旅行するのであれば購入がもちろんオススメ。

今回のハワイ結婚式だけのため...という事であればレンタルが良いでしょう。

最近はネットでレンタルも

最近はインターネットでアロハシャツやムームーがレンタルできます。

ネットでレンタルする場合は、出発前に自宅に届けてもらうのが一般的。ハワイへは自分で持っていきます。

ハワイでレンタルすることも

荷物が多くなるのが面倒という事であれば、ハワイについてからレンタルする事も可能。

店舗でのレンタルなので実際に商品を見て借りることができ便利です。

レンタルのデメリット

レンタルは基本的に早い者勝ち。あなた好みのデザインやピッタリあうサイズのアロハシャツやムームーが既に借りられている事も。

便利なレンタルですが活用するのであれば早めに行動するのがオススメです。

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

関連記事

このページの先頭へ