お呼ばれゲストの服装としてはNG?結婚式でのロングドレスのマナー

結婚式での女性の服装マナー

長い丈のスカートが、とても優雅なイメージのロングドレス。大人っぽい雰囲気に憧れる女性も多いのでは。

そんな華やかなロングドレスですが、結婚式のゲストが着ても大丈夫なの?と、気にされている方も多くいらっしゃいます。

今回は、結婚式でのロングドレスのマナーについて紹介。結婚式にお呼ばれする女性の皆さんの参考にどうぞ。

スポンサーリンク

ゲストのロングドレスはマナー違反?

結婚式に招待されたゲストの女性が、ロングドレスを着用しても大丈夫なのでしょうか。

フォーマルショップで働く知人と、マナー講師として働く知人に確認してみました。

ロングドレスでも大丈夫!

結論から言いますと、スカート丈が長いロングドレスを、結婚式でお呼ばれゲストが着用してもマナー違反にはなりません。

ただし、ロングドレスを着る際には、いくつか注意する点があります。一般招待客の基本的な装いを、もう一度おさらいしながら解説します。

お呼ばれゲストのロングドレスマナー&注意点

お呼ばれゲストのロングドレスのマナーや注意点について解説します。

ロングドレスのスカート丈について

一般的にロングドレスとは、ロング丈、マキシ丈、フロア丈といった長めのもの指します。

参考:スカート丈一覧

丈の名称 概要
ノーマル丈(ひざ下丈)丁度ひざが隠れる程度の丈のこと
ミディ丈(ミモレ丈)ふくらはぎの中ほどまでの丈のこと
ロング丈足首くらいまでの丈のこと
マキシ丈くるぶしが隠れるくらいの丈のこと
フロア丈床までの長い丈のこと
ひざ丈ひざの半分が見える程度の丈
ひざ上丈ひざの全体が見える程度の丈
ショート丈ひざ上10cm程度の丈のこと
ミニ丈太ももの中間くらいまでの丈のこと

昼の結婚式では肌の露出を控える

昼の結婚式では、肌の露出を控え、ロングドレスの素材も光沢感の少ないものを選ぶと良いでしょう。

背中や胸もとが大きく開いていたり、肩が出るデザインのロングドレスは昼の結婚式には不向きです。ジャケットやボレロを着用し、肌の露出を抑えると良いでしょう。

画像:昼の結婚式でのロングドレス

画像:昼の結婚式でのロングドレス

出典:レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

夜の結婚式では露出を多く

夜の結婚式では、昼の結婚式とは反対に肌の露出を多くし、光沢感のある素材のロングドレスを選ぶようにします。

ただし、主役の新婦より目立つような、あまりに華やか過ぎるロングドレスは避けましょう。主役は新婦です。あなたではありません...。

画像:夜の結婚式でのロングドレス

出典:楽天市場:フォーマルドレスshopドレスモード様

会場までの移動時は要注意!

ロングドレスの場合、会場までの移動時に、スカートの裾が汚れてしまう場合も。特に駅の階段等は要注意...。

なるべく会場で着替える事をオススメします。難しい場合はタクシーといった自動車での会場入りも検討してみましょう。

階段や水たまりといった、スカートの裾が汚れてしまいそうな場所では、特に注意しましょうね。

礼装ルールとロングドレスのマナー

正礼装や準礼装といった、礼装ルールとロングドレスのマナーを解説します。

アフタヌーンドレス

アフタヌーンドレスは昼の正礼装。7分丈以上の長い袖に長めのスカート丈と、露出を抑えたドレスです。また、シルクなど光らない素材で作られているのも特徴です。

ワンピースが正式ですが、アンサンブル、ツーピース、スーツでも可。正式なスカート丈はロング丈ですが、ノーマル丈のものもあります。

アフタヌーンドレスは、和装でいう「留袖」や「振袖」に相当する礼装です。新郎新婦の母親や、媒酌人夫人が着用するのが一般的ですが、格式高い結婚式では、主賓として招待された女性親族の方が着用することもあります。

参考画像:アフタヌーンドレス

参考画像:アフタヌーンドレス

出典:楽天市場:レンタル貸衣装なな様

セミアフタヌーンドレス

セミアフタヌーンドレスは昼の準礼装。アフタヌーンドレス同様、背中や肩が露出せず、光沢感も少ないドレスです。和装でいう「訪問着」に相当します。

準礼装は、正礼装ほど改まる必要がないため、スカート丈にも特に決まりはありません。バランスに注意すれば大丈夫です。特に制約がないことから、ノーマル丈からミディ丈が一般的ですが、ロング丈でも問題ありません。

参考画像:セミアフタヌーンドレス

参考画像:セミアフタヌーンドレス

出典:楽天市場:フォーマルドレスshopドレスモード様

イブニングドレス

イブニングドレスは夜の正礼装。袖がなく、背や胸もとが開いた肌の露出が多いドレスで、スカート丈も床までのフロア丈や、靴先が見えるヒール丈といった、ロング丈以上の長めの丈が一般的です。

一般招待客といったお呼ばれゲストが、正礼装であるイブニングドレスを着用することは一般的ではありません。イブニングドレスは新婦がお色直し等で着用するくらいです。

ドレスコードが「ブラックタイ」といった、男性ゲストがタキシードの着用を指定される結婚式等では、女性ゲストもイブニングドレスを着用する場合があります。

参考画像:イブニングドレス

参考画像:イブニングドレス

出典:楽天市場:ユニベティ様

ディナードレス

ディナードレスは夜の準礼装。衿なしで袖のついたものが基本で、ロング丈のスカートが特徴です。

イブニングドレスとは異なり、肩や背中の露出は控えめなドレスです。

参考画像:ディナードレス

参考画像:ディナードレス

出典:レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

セミイブニングドレス

セミイブニングドレスは夜の準礼装。イブニングドレスより肌の露出を抑えたドレスで、スカート丈はロング丈でも大丈夫です。

参考画像:セミイブニングドレス

参考画像:セミイブニングドレス

出典:楽天市場:フォーマルドレスshopドレスモード様

カクテルドレスとイブニングドレスの違い

夜の準礼装には「カクテルドレス」があります。カクテルドレスは、イブニングドレスよりもデザインが様々で広範囲に活躍するドレス。スカート丈がノーマル丈からミディ丈が一般的です。

ロングドレスのコーディネート

大人っぽさと優雅さを演出できるロングドレス。結婚式や二次会で役立つ、参考コーディネートをいくつか紹介します。

ゴールドジャケット&ロングドレス

ゴールドの七分袖ジャケットをあわせたロングドレス。新郎新婦の親族の方、40代、50代の女性におすすめのロングドレススタイルです。

画像:ゴールドジャケット&ロングドレス

画像:ゴールドジャケット&ロングドレス

出典:楽天市場:レンタル貸衣装なな様

ネイビーロングドレス&ボレロ

ネイビーのロングドレスに、明るめの色のボレロの組み合わせ。大人っぽさを演出したい若い女性の方にも、おすすめのロングドレススタイルです。

画像:ネイビーロングドレス&ボレロ

画像:ネイビーロングドレス&ボレロ

出典:レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

パープルのロングドレス&ボレロ

紫のロングドレスに、明るめの色のボレロの組み合わせ。落ち着いた配色で、20代の若い女性から40代、50代の大人の女性まで、幅広い年代の方におすすめのスタイルです。

画像:パープルのロングドレス&ボレロ

画像:パープルのロングドレス&ボレロ

出典:楽天市場:フォーマルドレスshopドレスモード様

ブルーのロングドレス

グリーンに近いブルーのロングドレス。クリスタルプリーツ加工がされ、シンプルながらエレガントな雰囲気のスタイルです。

画像:ブルーのロングドレス

画像:ブルーのロングドレス

出典:楽天市場:フォーマルドレスshopドレスモード様

黒のロングドレス

ウエストのラインストーンがアクセントの黒のロングドレス。20代、30代の女性におすすめのロングドレススタイルです。

画像:黒のロングドレス

画像:黒のロングドレス

出典:楽天市場:パーティードレス&小物フリージア様

レンタルで初めてのロングドレス!

コーディネートに自信がない方や、結婚式にお呼ばれする機会が多く「毎回同じドレスはイヤ!」という方には、料金も安いレンタルがおすすめ。初めてロングドレスにチャレンジ!という方にもピッタリです。

ドレス単体のレンタルはもちろん、コーディネートを参考にボレロやバッグ、袱紗などの小物類もレンタルできます。

おしゃれコンシャス

業界最大級のレンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」。

有名ブランドのドレスも、お手軽な料金でレンタルが可能。ドレスセットも充実しているのでコーディネートに自信がない方も安心です。

Cariru

結婚式や二次会に便利な、ドレスレンタルショップ「Cariru」。

ドレス以外にも、アクセサリーや靴、パーティーバッグ等の小物類が充実。きっとあなたの探している素敵なアイテムが見つかるかも!?

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

関連記事

このページの先頭へ