結婚式での両親の服装マナー!洋装・和装を両家で合わせる必要は?など

結婚式での服装のマナー

結婚式での服装については、新郎新婦のご両親もいろいろと悩みが多いのではないでしょうか。

結婚式のスタイルは決まっているけど、どのような服装が良いのか、両家で洋装や和装のどちらかに統一する必要があるのかなど…。気になりますよね。

今回は、結婚式での両親の服装マナーについて紹介。様々な疑問をまとめて解決します。

スポンサーリンク

まずは基本を!結婚式での両親の服装マナー

様々な結婚式のスタイルが増えている現在、新郎新婦の両親は、どのような服装を着用するのが良いのでしょうか。

新郎新婦の両親は、ゲストの方々を迎える立場として、会場や披露宴の雰囲気にあった装いを心がけることが大切。

以下の3つの基本ポイントを守ると良いでしょう。

両家で服装の「格」を合わせる

結婚式での両親の装いにおける、最も大切なポイントは「両家で格を揃える」という事です。両家で事前に着用する服装について、話し合って決めておくと良いでしょう。

装いの「格」とは

結婚式といったフォーマルな場での装いには、正礼装や準礼装、略礼装といった「礼装」があります。

正礼装が最も「格」が高い装いであり、新郎新婦の両親は、この正礼装を着用するのが一般的です。

準礼装の場合も

形式にとらわれない、カジュアルな結婚式や結婚パーティーなどでは準礼装などを着用する場合もあります。

洋装と和装は統一する?

装いの「格」がそろっていれば、両家で洋装・和装と異なっても構いません。

一般的な両親の装いは、お父様が「モーニングコート」、お母様が「黒留袖」の組み合わせ。このような父親が洋装で母親が和装という組み合わせや、その反対でも大丈夫です。

最近は、ドレスを着用するお母様も増えています。例えば、新郎側の両親が「モーニングコート」と「黒留袖」、新婦側が「モーニングコート」と「アフタヌーンドレス」といった組み合わせでも構いません。

新郎新婦の衣装との格をあわせる

新郎新婦がフロックコートとウェディングドレスでお母様が黒留袖。それなのにお父様がブラックスーツでは、お父様だけ格下の装いになってしまいます。

特に記念写真を撮影した際など、残念ながら1名だけ浮いた印象となってしまいます。

他の親族、ゲストより格上の装いを

ご両親以外の親族や、招待したゲストの方より装いを格上にすることも大切。招かれた側がしっかりとした装いで来たのに、招く側がカジュアルな装いだと大変失礼です。

礼装について

礼装とは、冠婚葬祭といった儀式に出席するための正式な服装のことで、その際に着用する衣服の事を「礼服」「フォーマルウェア」と呼びます。

フォーマルウェアには、「正礼装」「準礼装」「略礼装」があり、洋装では着用する時間にもルールがあります。

結婚式が午前中から18時(冬は17時)までであれば「昼の装い」、18時(冬は17時)以降からであれば「夜の装い」を着用します。

男性の正礼装(洋装)

お父様が洋装を着用する場合、昼の結婚式では「モーニングコート」、夜の結婚式では「燕尾服」「タキシード」が、最も格の高い正礼装です。

その中でもモーニングコートは、「結婚式での父親はモーニングコート」と言われるほど、一般的で人気のある装いです。

画像:モーニングコート

画像:モーニングコート

出典:楽天市場:花あかり様

画像:燕尾服

画像:燕尾服(テールコート)

出典:楽天市場:Wonder Stage様

画像:タキシード

画像:タキシード

出典:楽天市場:J-grows様

男性の正礼装(和装)

お父様が和装を着用する場合は、黒紋付きが正礼装です。和装の場合は時間帯による装いの違いはありません。

画像:黒紋付き

画像:黒の五つ紋付き羽織袴

出典:楽天市場:着物レンタルLIFE様

女性の正礼装(洋装)

お母様が洋装を着用する場合、昼の結婚式では「アフタヌーンドレス」、夜の結婚式では「イブニングドレス」が、最も格の高い正礼装です。

画像:アフタヌーンドレス

画像:アフタヌーンドレス

出典:ママズドレス様

画像:イブニングドレス

画像:イブニングドレス

出典:楽天市場:カル楽天市場店様

女性の正礼装(和装)

お母様が和装を着用する場合は、「黒留袖」「色留袖(五つ紋)」が正礼装です。和装の場合は時間帯による装いの違いはありません。

画像:黒留袖

画像:黒留袖

出典:楽天市場:京都かしいしょう様

画像:色留袖(五つ紋)

色留袖(五つ紋)

出典:楽天市場:京都かしいしょう様

男性の準礼装(洋装)

お父様が洋装を着用する場合、昼の結婚式では「ディレクターズスーツ」、夜の結婚式では「タキシード」が、準礼装(正礼装に準ずる装い)です。

また、やや格下扱いにはなりますが、「ブラックスーツ」も準礼装であり、時間帯を問わず着用できる便利な装いです。

画像:ディレクターズスーツ

ディレクターズスーツ

出典:楽天市場:スーツファクトリーdpi様

女性の準礼装(和装)

お母様が和装を着用する場合は、「色留袖(三つ紋、一つ紋)」「訪問着(格調高い柄のもの)」「色無地(三つ紋、一つ紋)」が準礼装です。和装の場合は時間帯による装いの違いはありません。

教会や神社仏閣での結婚式の場合

挙式のスタイルは様々です。日本では特にキリスト教式が人気があり、約6割のカップルがキリスト教式を行なっています。

他にも神社仏閣で行なう、日本の伝統的な結婚式もありますが、両親の服装はどうしたら良いのでしょうか。

和装・洋装は問わない

キリスト教の挙式に和装で参列する事も、神社仏閣での挙式に洋装で参列する事もマナー違反ではありません。

先に解説したように、両家の装いの格が同じであれば大丈夫です。

式場によっては

教会式を行なう結婚式の会場によっては、モーニングコートなど洋装の着用をお願いされる場合もあるようです。スタッフの方に予め確認すると良いでしょう。

神社仏閣での挙式についても予め確認することをオススメします。

ハワイ・沖縄での結婚式の場合

最近は、ハワイや沖縄といったリゾート地での挙式も人気です。

リゾートウェディングの場合は、モーニングコートや留袖といった服装でも大丈夫ですが、挙式を行なう土地の装いで参列することもオススメです。

ハワイの場合

ハワイアンスタイルでの服装ということであれば、お父様はアロハシャツで、お母様はムームーといったハワイアンドレスが良いでしょう。

アロハシャツとムームーは、ハワイでは正装として定着しています。

沖縄の場合

沖縄での結婚式であれば、「かりゆしウェア」がオススメです。かりゆしには「めでたい」といった意味があります。

かりゆしシャツは、結婚式などでの正装としても認められていますので、沖縄で結婚式を挙げる際にはオススメの装いです。

両家で統一するのがオススメ

モーニングコート、留袖といった一般的なスタイルにするか、「ハワイアンスタイル」や「かりゆしウェア」を着用するかは、事前に両家で話し合って統一しておくと良いでしょう。

両家で服装がバラバラだと、集合写真などでバランスが悪い印象になってしまいます。

結婚式での両親の服装Q&A

結婚式での両親の服装について、気になる疑問を解決します。

夏でもモーニングコートや黒留袖を着るの?

結婚式が行なわれる会場は、夏でも冷房がしっかりと効いています。しかし結婚式当日は、何かと動き回ったりと、暑さを感じる事もしばしば。

最近は夏用の素材で作られた衣装がありますので、それらを活用するなど対策すると良いでしょう。

黒留袖は長襦袢に工夫を

絽など、夏に適した涼しい生地の黒留袖もありますが、記念撮影時などでは白っぽく写ってしまうことも。

暑さ対策ということであれば、長襦袢のみを夏用のものに変更するというのもオススメです。

カジュアルウェディングの場合は?

レストランウェディングや、親しい方だけでのカジュアルウェディングも最近は増えています。

このような場合は、正礼装ではなく準礼装でも大丈夫です。ただし、両家で格を合わせるという基本ポイントは守るようにしましょう。

準礼装の組み合わせ

カジュアルな結婚式であれば、お父様がディレクターズスーツやブラックスーツ、お母様がセミアフタヌーンドレスやディナードレス、和装であれば色留袖や訪問着、紋付き色無地などがオススメです。

結婚式での両親の服装はレンタルで!

黒留袖ではなくドレスを着用したいけど、コーディネートやドレス選びに自信がない...といったお母様には、料金も安いレンタルがおすすめ。

ドレス単体のレンタルはもちろん、コーディネートを参考にボレロやバッグ、袱紗などの小物類もレンタルできます。

また、レンタルなら夏用の衣装も充実。夏用の涼しいモーニングコートなどをお探しのお父様にもピッタリです。

おしゃれコンシャス

業界最大級のレンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」。

有名ブランドのドレスも、お手軽な料金でレンタルが可能。ドレスセットも充実しているのでコーディネートに自信がない方も安心です。

レンタルドレス留袖しあわせ創庫

洋装から和装まで、男性女性問わずトータルでレンタルが可能なショップ「レンタルドレス留袖しあわせ創庫」。

サイズも豊富で、細身の方もふくよかな方も安心です。

ワタベウェディング

結婚式のトータルプロデュースを行なう「ワタベウェディング」のレンタル衣装。

専門ショップなので、夏用のモーニングコートや、留袖に最適な夏用襦袢なども充実しています。

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

関連記事

このページの先頭へ