結婚式でのネクタイ!赤やストライプはアリ?色・柄マナー&結び方

結婚式での男性の服装マナー

スーツスタイルの要ともいえるネクタイ。選び方や結び方で印象が全く異なります。結婚披露宴や二次会などでは、どのようなネクタイを選べば良いか迷っている方も多いはず。

今回は、服装のマナーの中でも、より手軽に個性が出せる結婚式でのネクタイについて詳しく紹介します。

スポンサーリンク

結婚式でのネクタイの色について

結婚式にゲストとして出席することになった男性の皆さん。

いつもよりフォーマルな場所だけに、最適なネクタイの色は何色か?ダメな色はあるの?といったマナーが気になるのでは。

黒いネクタイはNG?

フォーマルの基本的な色でもある黒ですが、日本では黒いネクタイは葬儀で着用するものという事で忌み嫌われます。

特にお年寄りなど人生経験が多い方々は、結婚式での黒いネクタイを良く思わない傾向にあります。黒いネクタイは避けるようにしましょう。

本来、黒ネクタイは結婚式向き

外国では黒ネクタイはフォーマルの基本。結婚式でも着用されています。

フランスに住んでいる友人に確認しましたが、むしろ白いネクタイの方が少ないとの事でした。

ただし日本では「喪の色」として定着しています。黒地のネクタイに白いドットといったものでも、遠めに見ると黒無地に見える...といったネクタイは、残念ですが避けたほうが無難かもしれません。

白のネクタイは年配者向け?

一昔前は「結婚式=白ネクタイ」でした。最近は比較的年代が上の方が着用する色となっています。(もちろん若い世代の方が着用しても大丈夫です)

参考情報

ちなみに白ネクタイについて、ファッション雑誌「Gainer」2014年4月号の最新フォーマル特集では、"白ネクタイは海外ではマフィアと思われかねないアイテム"と紹介されていました...。

結婚式で人気!ネクタイのおすすめ色&コーディネート

それでは結婚式のような慶事ごとで、ネクタイの色はどんなものを選べば良いのでしょうか。

わかりやすくダークスーツとのコーディネートで紹介します。

ゴールド・シルバーグレーのネクタイ

結婚式での最近主流はゴールドやシルバーグレーのネクタイ。

カジュアルな披露宴から少々お堅いイメージの披露宴、二次会まで幅広く活躍する無難なネクタイ色です。

画像:ゴールド・シルバーグレーのネクタイのコーディネート

ゴールド・シルバーグレーのネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

赤・ワイレッドのネクタイ

華やかで明るイメージの赤色のネクタイ。

ワインレッドや深みのある赤のネクタイは、落ち着いた雰囲気で大人っぽい印象になります。光沢感のある素材のネクタイにすることで、ビジネスイメージをなくすようにしましょう。

画像:赤・ワイレッドのネクタイのコーディネート

赤・ワイレッドのネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

茶色・青(紺)色のネクタイ

30代以上の方におすすめなのは茶色やネイビーのネクタイ。

大人の男性にしか出せない、知的な雰囲気を強調してくれます。ただし地味な色でもあるので、光沢感のある素材のネクタイがおすすめです。

画像:茶色・青(紺)色のネクタイのコーディネート

茶色・青(紺)色のネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

ピンク・サックスブルーのネクタイ

若い年代の方におすすめなのはピンクやサックスブルーのネクタイ。

明るく華やかな雰囲気で、女性からも人気の色です。

画像:ピンク・サックスブルーのネクタイのコーディネート

ピンク・サックスブルーのネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

結婚式でのネクタイの柄について

結婚式で着用するネクタイの柄にもマナーはあるのでしょうか。

結婚式のようなフォーマルの場では、アニマル柄(ヒョウ柄・ゼブラ柄)やドクロ、迷彩といった奇抜なデザインのものは避けるようにします。

ストライプ柄のネクタイ

ビジネスのイメージが強いストライプ柄。

光沢のある素材で、同系色のストライプ柄にするとフォーマル度がアップします。結婚式のような場では、できるだけビジネス色をなくすようにしましょう。

画像:ストライプ柄のネクタイのコーディネート

ストライプ柄のネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

チェック柄のネクタイ

ストライプ柄とは反対に、カジュアル色の強いチェック柄。

こちらも光沢のある素材でフォーマル感を出せば、遊び心いっぱいの若々しいイメージになります。レストランウェディングや二次会にオススメです。

画像:チェック柄のネクタイのコーディネート

チェック柄のネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

ドット柄・小紋柄のネクタイ

結婚式ではドット柄・小紋柄も人気があります。

大きいドットはカジュアル色が強くなりますが、遠めでは無地に見えるようなドットは、さりげないおしゃれができる人気の柄です。

画像:ドット柄・小紋柄のネクタイのコーディネート

ドット柄・小紋柄のネクタイ

出典:オーダースーツ注文紳士服アベ様

こんな柄のネクタイはNG!

結婚式のようなフォーマルな場には、あまり奇抜なデザインのネクタイは不向き。アニマル柄(ヒョウ柄・ゼブラ柄)や、キャラクター柄といったネクタイは避けましょう。

ネクタイの素材について

フォーマルシーンでは、光沢のある素材のネクタイがおすすめ。光沢感のあるシルクのネクタイなどが良いでしょう。

レストランウェディングなど比較的カジュアルな結婚式や二次会では、ニット素材といった遊び心あるネクタイを着用するのも素敵ですよ。

スーツやシャツにあわせて

一緒に着用するスーツの色やシャツにあわせて、ネクタイを上手にコーディネートすると良いでしょう。

ポケットチーフやネクタイピン、ラペルピンといったものを上手に組み合わせる事で、より素敵なスタイルになりますよ。

結婚式や二次会でのスーツやシャツのマナーについては、以下の記事を参考にしてください。

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

関連記事

このページの先頭へ