西洋料理のテーブルマナー

結婚式でのマナー

結婚式の楽しみといえば豪華なお食事。
フランス料理といった西洋料理のフルコースが多いということで、あなたのテーブルマナーが試される場かもしれませんね。さぁ皆さん、ナイフとフォーク上手に使えますか?

結婚式で恥ずかしい思いをしないように、テーブルマナーの基本を紹介します。

スポンサーリンク

西洋料理のテーブルマナー:記事一覧

結婚式での西洋料理について

西洋料理にはフランス料理、イタリア料理、スペイン料理など様々な種類があります。そして料理の出し方は、「フルコース」と「一品料理(アラ・カルト)」の2つに大別されます。

結婚式での食事となると、一般的に多いのはフランス料理でしょう。最近はイタリア料理も増えているようです。出し方については「フルコース」が一般的ですね。

フルコースメニューとは

西洋料理の正式なフルコースでは、12~13品の料理が1品ずつ順番に出されていましたが、最近は10品前後に省略されることが多くなり、料理の内容も変化しているようです。

日本では肉料理を1品にしたり、食後のチーズを省略することも多く、口直しの冷菓のソルベが魚料理と肉料理の間に出されることもあります。

料理の品数は結婚式がおこなわれる会場により異なります。どのような料理が出されても、食事は楽しく、そして美味しくいただくのがマナーです。その際に料理のいただき方でオドオドしてしまわないよう、基本的な料理のいただき方を知っておくと良いでしょう。

フルコースメニューの順番

一般的なフルコースメニューの出される順番を紹介します。もちろん結婚式会場で出される食事により異なりますので、参考程度にしてくださいね。

  1. オードブル(前菜)
  2. スープ(パンが先に出される場合も)
  3. パン
  4. 魚料理
  5. ソルベ(口直しの冷菓)
  6. 肉料理(メインディッシュ)
  7. サラダ
  8. チーズ
  9. デザート(アイスクリームなど)
  10. フルーツ
  11. コーヒー、紅茶、プティフール(ひと口ケーキやクッキー)

日本ではイギリス式が主流になっています

西洋料理など洋食のマナーといっても、国や地域よってもかなり違いがあります。カトラリーのセットの仕方でも、イギリス式ではフォークやスプーンが上を向いた状態で、フランス式では伏せるように下を向いた状態で並べられます。また、スープをすくうときのスプーンの動かし方もイギリス式とフランス式では逆になります。

各々優雅さや合理性を追求して生まれてきたものですので、どちらが正しいとか間違っているというものではありません。

日本では基本的に、いちばん主流となっているイギリス式のマナーを覚えておけば、結婚披露宴などの正式な食事の席で困ることはないでしょう。

どんな場合でも共通していることがあります。それは周囲の人に不快感を与えないという食事作法の根本精神です。特に洋食の場合は、「音を立てずに食べる」ということが大前提となります。食事中の音には充分注意するようにしましょう。

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)
このページの先頭へ