結婚式に遅刻!ご祝儀はどうする?事前連絡の方法とお詫びのマナー

結婚式での当日のマナー

「さあ、今日はお友達の結婚式に出席する日。朝も早起き、準備も大丈夫。いざ出発!」と思ったら、電車が信号トラブルで全面不通…。

「やばい、間に合わないかも…。」

結婚式や披露宴の当日、何らかのトラブルが発生して会場到着が遅れてしまう場合はどうしたら良いのでしょう?

今回は、結婚式に遅刻してしまった際のマナーを紹介します。

スポンサーリンク

遅刻時の連絡について

結婚式当日、急に遅刻しそうになった場合、どのように対処すれば良いのでしょう。

携帯電話が当たり前のこのご時世ですが、結婚式を控えている本人に直接連絡する事は避けましょう。新郎新婦は式の直前に携帯電話を手元に置いている可能性は低いですよ。

そもそも、新郎新婦に対し、結婚式直前に直接電話で連絡することはマナー違反です。

やむを得ない遅刻の場合は、招待状に記載されている会場の連絡先に、できるだけ早く連絡をし、会場担当者の方や新郎新婦の身内の方にどの程度遅れるか伝えましょう。

連絡無しの遅刻は絶対ダメ

連絡無しの遅刻は結婚式や披露宴の進行を妨げます。新郎新婦本人、また親族の方々に迷惑をかけないよう必ず遅れそうな場合は連絡をしましょう。

会場へ入る際のマナー

万が一遅れてしまった場合、焦って会場に駆け込むことは絶対に止めましょう。
主賓のスピーチなどの途中だったら大変失礼です。

遅刻した場合は、タイミングを計って会場に入るようにします。もしもスピーチなどの途中だったら終わるまで会場の外で待って、改めて会場に入りましょう。その際は壁づたいに目立たないように会場入りしましょうね。

基本的には、会場の係の方の指示に従えば間違いありません。

遅刻時のご祝儀とお詫びについて

本来は受付で渡す予定だったご祝儀。遅刻した場合は、いつ誰に渡せば良いのでしょうか。

遅刻した際のご祝儀は、宴の後に新郎新婦の親もしくは、兄弟に直接手渡しする事が基本マナーです。お詫びの言葉を添えて、丁寧に渡しましょう。

間違っても披露宴の最中に新郎新婦や、新郎新婦のご家族に渡すことのないよう注意しましょう。

後日、遅刻してしまった旨を新郎新婦に、あらためて謝罪するようにします。

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

結婚式での当日のマナー:記事一覧

このページの先頭へ