結婚式・披露宴を控える新郎新婦の皆さん。
当日の余興についてお悩みなのでは。

結婚式の余興は友人などゲストの方に依頼するのが一般的。
しかし最近はゲストの負担を考え、余興の有無に迷うカップルも多いようです。

そんなお二人にオススメするのが『余興のプロ』
結婚式などを様々なパフォーマンスで盛り上げてくれるプロフェッショナルです。

「どんな余興をお願いできるの?」
「費用はどのくらい掛かるの?」
「依頼するにはどうすれば良いの?」

など気になりますよね。

ということで今回は、『結婚式余興のプロ』について解説。

私自身、結婚式の余興は友人に依頼せず『プロ』に頼みました。
そんな経験などをもとに、費用や依頼方法、最新の余興プロ事情をまとめて紹介します。

スポンサーリンク

余興のプロに依頼するには?

私は自身の結婚式にて、プロの演奏家(ピアノ&バイオリン)に余興&食事・歓談中のBGMを依頼しました。

依頼までの流れ(私の場合)

私の場合は、結婚式会場にて開催された『ブライダルフェア』でプロの演奏を聞いて決断。
そのままプランナーさんに伝え、依頼することになりました。

『演奏』や『歌』などは、ブライダルフェアで見学し依頼することも可能です。

目の前で体験すると迫力が違いますよ。

ネットから問い合わせが可能

最近は『プロの演奏家』以外にも、様々なジャンルのプロフェッショナルに結婚式余興を依頼することが可能です。

個人で受注されている方もいますが、ほとんど企画会社といった専門業者さんが仲介してくれます。

この記事の後半で結婚式に呼べる様々なパフォーマーを紹介しています。
あわせて連絡先も掲載しておきますので、興味のある方はご確認ください。

プロに依頼すると費用はどのくらい?

プロの方に余興を依頼した場合、どのくらいの費用がかかるか気になりますよね。

これだけ掛かった(私の場合)

私がお願いしたプロの演奏家は、二人で『15万円』でした。
選択できる『プロ演奏家プラン』には、

  • 事前に指定された曲を演奏するプロ『15万円』
  • 即興演奏も可能なレベルのプロ『30万円』

の2種類があり、私は『15万円』のプランを申し込みました。

即興演奏ができないとのことで、事前に演奏家の方が持っていない楽譜を準備する必要が。
幸い私の周りには、バンドスコア等を持っている友人が多かったので、コピーしてプロの方へFAX送信。
結婚式当日は、ピアノ&バイオリン用にアレンジされた素晴らしい演奏を楽しめました。

プロ依頼の料金相場とは

当然のことながらパフォーマンスの内容によっても異なります。
また私の場合のように、同じ内容でも依頼するプロのレベルによっても変わってきます。

プロに余興を依頼する場合は、必ずイベント会社や仲介業者に見積もりをお願いすることが大切です。

とはいえ大体の料金相場が気になりますよね。

ということで、簡単に余興のプロ依頼時の料金相場を調査してみました。
あくまでも私が調査した範囲での相場ですが参考にしてください。

楽器演奏(単体) 3万円~
楽器演奏(アンサンブル) 7万円~30万円
楽器演奏(バンド演奏) 10万円~30万円
歌(ゴスペル) 10万円~25万円
ダンス(フラッシュモブ) 15万円~30万円
ムービー 3万円~
マジック 5万円~15万円
タレント系 15万円~100万円
フレアバーテンディング 5万円~
マグロ解体ショー 20万円~
劇(メモリプレイ) 20万円~


プロに依頼できる余興の種類

最近は結婚式を盛り上げてくれる、イベント会社やプロ派遣の業者さんがたくさんあります。

結婚式・披露宴の余興として、その道のプロフェッショナルに様々なパフォーマンスの披露を依頼してみてはいかがでしょう。

ゲストの方も楽しめ、新郎新婦にとっても『素敵な思い出』になりますよ。

楽器演奏(ピアノ・バンド・三味線など)

私の周りでは、楽器演奏のプロに余興を依頼する友人が多く、様々なプロの演奏を結婚式・披露宴で見てきました。

また、私自身も演奏のプロに依頼した一人でもあります。

アンサンブル(ピアノ・バイオリンなど)

私は自分の結婚式で、ピアノ&バイオリンのプロ奏者に余興を依頼しました。
食事・歓談中のBGMとあわせて。

軽井沢での結婚式ということもあり雰囲気も抜群。
今でも素敵な思い出です。

クラシック系の楽器演奏は、優雅で清楚な雰囲気の結婚式にしたいというカップルにオススメですよ。

バンド演奏

私の友人の結婚式では、プロのバンドによる余興がありました。

友人はプロの方に、大好きな『The Shocking Blue』の『Venus(ヴィーナス)』という曲を演奏してもらっていました。
さすがプロという感じの迫力ある演奏が素敵でした。

バンド演奏は『うるさい』といったイメージがあるようですが、全くそんな事は無かったです。
お年寄りのゲストの方も手拍子をして楽しんでいましたよ。

ロックやポップスのほか、ジャズバンドによる演奏も結婚式にオススメです。

出典www.youtube.com

琴・三味線

和装の結婚式なら『琴』や『三味線』といった、日本ならではの伝統楽器の演奏がオススメです。

最近は伝統楽器アーティストを派遣してくれる業者さんも増えていますよ。

出典www.youtube.com

アコースティックギター

もし新郎新婦自らが『生演奏をバックに歌を披露したい!』ということであれば、プロのギターリストの方に伴奏をお願いすることも可能です。

出典www.youtube.com

歌(ゴスペルなど)

余興でプロの歌手に歌を披露してもらうのも素敵です。
ちょっとしたコンサートのようなイメージ。

ゴスペル

アメリカ発祥の音楽ジャンル『ゴスペル』。
結婚式の雰囲気にもピッタリなことから、余興でも人気があります。

出典www.youtube.com

クラシック・オペラ

美しいコーラスが魅力の『クラシック』や『オペラ』。
素敵なハーモニーを結婚式の余興で披露してもらうのも素敵です。

出典www.youtube.com

ダンス(フラッシュモブなど)

友人が披露する余興としても人気の『ダンス』。
一生懸命練習したゲストのダンスも楽しいですが、プロとして活躍するダンサーの踊りは迫力&切れが違いますよ。

フラッシュモブ

新郎新婦からゲストへ、また新郎もしくは新婦へのサプライズ演出として人気の『フラッシュモブ』。

出典www.youtube.com

出典www.youtube.com

プロダンサーとのコラボ

自らダンスを披露したいという新郎新婦にオススメ。
プロのダンサーとコラボレーションして、パフォーマンスを披露することもできます。

出典www.youtube.com

ムービー

新郎新婦自身が余興ムービーでゲストを楽しませるという演出もオススメ。
映像制作のプロが手掛けるムービーは感動的。
ゲストも楽しめて新郎新婦の思い出にもなりますよ。

新郎から新婦へのサプライズムービー

新婦にゆかりのある場所を新郎が巡る、感動的なストーリームービー。
新郎の皆さん、ゲストにも新婦にも内緒に制作してみては。

出典www.youtube.com

参考サイト

マジック

意外と目の前でプロの技って見たことないのでは。
そんな気になる『マジック』も結婚式の余興で披露してもらうことが可能です。

出典www.youtube.com

タレント系(芸人・ものまね)

テレビで活躍する『お笑い芸人さん』や『ものまねタレントさん』に、結婚式を盛り上げてもらうのもオススメです。

お祝いソング&出張

出典www.youtube.com

参考サイト

お祝いビデオメッセージ

出典www.youtube.com

フレアバーテンディング

フレアバーテンディングとは、バーテンダーがボトルやシェーカー、グラスなどを用いておこなう曲芸的なパフォーマンス。

ゲストの皆さんも楽しめる素敵なショーですよ。

出典www.youtube.com

マグロ解体ショー

最近は『マグロ解体ショー』も結婚式余興で人気。
解体したマグロを寿司職人の方が握ってくれたり、新郎新婦のファーストバイトをマグロでおこなうなど、迫力&面白さ満点ですよ。

出典www.youtube.com

劇(メモリプレイ)

テレビで紹介され大人気になった『メモリプレイ』。
新郎新婦と家族の思い出を、役者さんが表現する感動的な演出です。

出典www.youtube.com

まとめ

いかがでしたか。

プロによる結婚式余興について解説しました。

「友人に負担をかけるのが心配」
「へんな余興で結婚式雰囲気を壊されたらどうしよう」

なんて心配している新郎新婦のお二人に、『プロの余興』はとてもオススメです。

料金は掛かりますが『さすがプロ』というパフォーマンスで、二人の結婚式を楽しく盛り上げてくれますよ。

『結婚式余興』は結婚式・披露宴を盛り上げる大切なプログラムです。

以下の記事では、新郎新婦&余興を頼まれたゲストの方に役立つ『結婚式余興を成功に導くポイント』『余興のアイデア』『最新の余興事情』などをまとめて紹介しています。
ぜひ参考にしてください。
【最新版】結婚式余興!盛り上がる・面白いアイデア&成功させるポイント

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)