幼い頃から一緒だった兄弟や、一緒に遊んでいた従兄弟が結婚。
身近な家族や親族の結婚式はとても感慨深いものです。

そんな『兄弟』『いとこ』といった親族の結婚式。
男性は、どのようなネクタイをスーツにあわせるのでしょうか。

「親族は白いネクタイが無難?」
「親族のみの結婚式にオススメのネクタイは?」
「赤は?ストライプは?親族のネクタイマナーが知りたい」

など、いろいろと気になりますよね。

ということで今回は、兄弟やいとこなど『親族の結婚式でのネクタイ』について解説。

結婚式に親族としてお呼ばれする男性必見。
スーツにあわせるネクタイの基本マナーはもちろん、オススメの色柄からネクタイの結び方までまとめて紹介します。

スポンサーリンク

親族の服装の基本マナー

結婚式において親族は『招待客を迎える立場』。
そのため友人といった一般のゲストとは異なり、『よりフォーマルな装い』が基本です。

スーツはもちろん、それに合わせるネクタイや靴などにも気を配ることが大切。
フォーマル度の高いアイテム、コーディネートを意識すると良いでしょう。

兄弟や従兄弟などは準礼装が一般的

一般的に親族の服装は、正礼装に準ずる『準礼装』が基本。

準礼装には、

  • ディレクターズスーツ
  • タキシード
  • ブラックスーツ

があり、時間帯によって相応しいものを選ぶことがポイントです。

同じ準礼装の中でも、ブラックスーツは『やや格下の装い』。
ただし、時間帯を問わず着ることができる便利なスタイルです。

なお、親族の基本は『準礼装』ですが、年齢が若い男性は『略礼装』である『ダークスーツ』を着用しても問題ありません。

今回は主に、『ブラックスーツ』や『ダークスーツ』を着用する場合でのネクタイについて解説。

『ディレクターズスーツ』『タキシード』でのネクタイについては、記事後半の『準礼装でのネクタイ』で紹介していますので参考にしてください。

親族の結婚式は白ネクタイ?

『結婚式では白いネクタイが基本』と、考えている男性も多いのでは。
しかし最近は、「白いネクタイは年配男性が着用するイメージ…」ということで、若い方には不人気のようです。

無難な色だけに...

年齢が高めの男性に人気の白ネクタイ。
もちろん若い男性親族が結婚式で着用しても大丈夫です。

無難な色でもありますし、年配の方には人気の色ですから、他の親族の方から批判されることはないでしょう。

画像:白いフォーマルネクタイ

親族の結婚式でのネクタイ!オススメ色は

「白いネクタイはちょっと...」という方には、シルバーやゴールド系のネクタイをオススメします。

最近の主流は『シルバー系』&『ゴールド系』

最近は『シルバー系』や『ゴールド系』が結婚式ネクタイの主流カラー。
特にシルバー系のネクタイは、幅広い世代の方に人気のネクタイ色でもあります。

また格式高い結婚式からカジュアルウェディング、二次会まで活躍する万能なネクタイ色。
フォーマル度も高く親族男性に最適な色です。

画像:シルバーのフォーマルネクタイ

画像:ゴールドのフォーマルネクタイ

若い男性親族なら『パステルカラー』も

新郎新婦の弟や、学生・20代の従兄弟など、年齢が若い方には『淡いピンク』や『淡い青』といったパステルカラーのネクタイもオススメです。

親族の方がシルバー系以外のネクタイ色を選ぶ際は、あまり主張しすぎない淡い色味で、光沢感のあるものが良いでしょう。

色が派手過ぎたり、主張が強すぎるとカジュアル度が増してしまいます。
また光沢がないとビジネス感が強めに…。

フォーマル感のあるネクタイを選ぶことが重要です。

画像:淡いピンクのフォーマルネクタイ

画像:淡い青(ライトブルー)のフォーマルネクタイ

ストライプなど柄ネクタイでも大丈夫

親族の方が『ストライプ』や『ドット柄』といった、柄のあるネクタイを着用しても問題ありません。
ただし色と同様に、フォーマルを意識する事が重要です。

ストライプ柄はビジネス色を消す

ストライプ柄はビジネスイメージが強い柄でもあります。

同系色で光沢ある素材のネクタイを選び、できるだけビジネス色を消すようにしましょう。

画像:ストライプ柄のフォーマルネクタイ

ドット柄はカジュアル色を消す

ドット柄はドット部分が大きくなるとカジュアル度が増します。

親族の方がドット柄のネクタイを着用する場合は、遠めからは無地に見えるような、さりげないドット柄にすることをオススメします。

画像:ドット柄のフォーマルネクタイ

派手な柄はNG!

親族の方に限らず、結婚式では『奇抜な柄』や『派手な柄』のネクタイはNG。
アニマル柄(ヒョウ柄・ゼブラ柄)や、キャラクター柄といったネクタイは避けましょう。

ネクタイピンは必要?

親族だからネクタイピンをつけなければマナー違反...ということはありません。

しかし、結婚式は新郎新婦をお祝いする華やかな場でもあります。
仕事の時のネクタイ姿とは違った、おしゃれなスタイルを楽しむのも素敵ですよ。

さりげなくシンプルに

親族の方であれば、シルバー系のシンプルな『ネクタイピン』がオススメ。

ネクタイ&ポケットチーフと一緒に、さり気なく華やかなスタイルにすると良いでしょう。

画像:ネクタイピンのコーディネート

画像:ネクタイピンのコーディネート

出典ORIHICA様

親族の結婚式でオススメの結び方

ネクタイの結び方には様々な種類があります。
パーティーなど華やかな場に適した面白い結び方も。

しかし、兄弟や従兄弟といった親族の方には派手な結び方より、シャツのカラーにあった基本的な結び方がオススメです。

プレーンノットの結び方

出典www.youtube.com

セミウィンザーノットの結び方

出典www.youtube.com

準礼装でのネクタイ

『準礼装(ディレクターズスーツ・タキシード)』では、ネクタイに関するルールがあります。

ディレクターズスーツ

ディレクターズスーツは、『昼の結婚式での準礼装』。
ブラックスーツとは異なる装いをしたい親族の方にオススメです。

画像:ディレクターズスーツ

画像:ディレクターズスーツ

出典楽天市場:スーツファクトリーdpi様

ディレクターズスーツの着こなし
ネクタイ 白黒の縞柄やシルバーグレーの結び下げ
シャツ レギュラーカラーもしくはワイドカラーの白いシャツ
ポケットチーフ 白麻のチーフをスリーピークスで
靴下 黒無地のもの
黒の紐革靴で内羽根ストレートチップが基本。内羽根プレートゥでも可

タキシード

タキシードは、『夕方から夜の結婚式での準礼装』。
ブラックスーツとは異なる装いをしたい親族の方にオススメです。

最近は正礼装として

着用機会が減った燕尾服から、現在はタキシードが夜の正礼装とされています。

画像:タキシード

画像:タキシード

出典楽天市場:J-grows様

タキシードの着こなし
ネクタイ 黒の蝶ネクタイが基本
シャツ ウイングカラーでダブルカフスの白いシャツ
ポケットチーフ シルクの白無地チーフをスリーピークスで
靴下 黒無地のもの
エナメルのオペラパンプスが基本。エナメルの内羽根ストレートチップでも可

まとめ

ということで今回は、『親族の結婚式でのネクタイマナー』について解説しました。

よりフォーマルな装いが重要となる親族。
ゲストを迎える立場として、フォーマル度の高いコーディネートを意識することが大切です。

最近はシルバー系のネクタイが主流。
フォーマル感もあり親族男性にオススメのネクタイ色です。

親族男性のネクタイは『ストライプ柄』や『ドット柄』でも大丈夫ですが、『ビジネス色』『カジュアル色』を消すことが重要。
ネクタイピンを取り入れるなど『華やかさ』『フォーマルさ』を、より意識することが親族男性のネクタイコーデのポイントです。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)