招待状の返信はがきが戻ってくると、結婚式の準備もゴール間近。
出席者の顔ぶれもわかり結婚式・披露宴のイメージも広がるのでは。

結婚式・披露宴の準備には少しでも余裕を持ちたいもの。
招待状の返信期限はいつに設定するのが良いか気になりますよね。

またゲストが多い場合、返信期限になっても返事がない…なんて問題も。
どのように対応して良いか迷います。

ということで今回は、『結婚式招待状の返信期限』について解説。

招待状の返信期限の決め方や、期限を過ぎても返信がない場合の対応などをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

招待状の返信期限はいつに設定する?

結婚式の準備に忙しいカップルの皆さん。
招待状の返信期限について、いつに設定するのが良いかお悩みなのでは。

返信期限は『1ヵ月から2ヵ月前』に

結婚式・披露宴当日のゲスト数を確定するためにも、『招待状返信の締め切り』をいつにするかは重要です。

招待状の返信期限は、結婚式・披露宴の『1ヵ月前』が一般的。

ゲストの人数が決まると、『席次表』『席札』『メニュー表』といったペーパーアイテムの制作を早めに開始できます。

準備に余裕を持つなら

準備には余裕を持ちたいものです。
特にペーパーアイテムを手作りにこだわる方は時間が必要なのでは。

制作準備に余裕を持ちたい場合は、招待状の返信期限を結婚式・披露宴の『2ヵ月前』に設定するのもオススメです。

事前確認もポイント

結婚式の日取りが決まった段階で、事前に出欠の確認をしておくのもポイントです。
『出席』『欠席』についてある程度わかっていれば、

  • 『出席』という方だけに招待状を発送できる
  • 事前にゲストの人数が把握できる

といったメリットがあります。

特にゲストの人数が把握できることで、招待状の返信期限を『1ヵ月前』としても準備が容易になります。

結婚式招待状の準備の流れ

結婚式招待状の準備の流れについて簡単に解説します。

いつまでやること
結婚式3ヵ月から4ヵ月前デザインや文面、差出人を決定する
結婚式3ヵ月前発注・校正・印刷、
完成品の受け取り
結婚式2ヵ月から3ヵ月前宛名書き・発送
結婚式1ヵ月から2ヵ月前返信はがきの締め切り

私自身の結婚式では

私自身、結婚式の招待状は『結婚式場に発注』しました。

事前連絡などで、ある程度のゲスト数を把握していたので、

  • デザインや文面決め&発注を『3ヵ月前』
  • 宛名書き(プロに依頼)・発送を『2ヵ月前』

に行ないました。

ちなみに返信はがきの締め切りは、結婚式・披露宴の『1ヵ月前』に。
発送までは余裕を持って準備していたはずだったのですが、その後のスケジュールはパンパン…。

私の場合は、自宅と結婚式会場が離れていて『まめに打ち合わせができなかった』のも原因の一つです。

『会場が自宅から遠い』『なかなか打ち合わせできない』といったカップルの方々も、早めの返信期限にするのがオススメですよ。

『結婚式招待状の発送時期』については、以下の記事も参考にしてください。

どうする?返信はがき&返事が来ない

私自身の結婚式でも、3名ほど期限までに返信はがきが戻って来ないゲストがいました。

返信はがきや出欠の返事がない場合の対応策について、私自身の経験もふまえ紹介します。

丁寧に催促しましょう

「返信はがきが戻って来ない」「電話やメールでも返事がこない」。

席次表や席札など、早く準備したいのに進められない…。
困りますよね。

そんな場合は『丁寧に催促する』ことが大切です。

催促して良いの?

新郎新婦側から『返信の催促』をして構いません。
私の結婚式でも3名のゲストからの返信がありませんでした。

どうしてよいか迷った私はプランナーさんに連絡。
すると「もう少し日が経っても来なかったら、その方に連絡してください」との回答が。

そんなアドバイスを受け、返事がなかった3名のゲストに連絡しました。

返事がこなかった3名に確認したところ、理由は全員『返信はがきを出すことを忘れていた』とのこと。
招待状が届いて1週間ほど過ぎてしまうと、何となく返事をしたような気になってしまうのでしょうね…。

こちらから連絡しない限り、返事は来なかったことでしょう…。
催促して良かったです。

催促のタイミング

私は返信期限の翌日にプランナーさんへ相談、期限から5日後に返信が遅れているゲストに連絡しました。
当初は返信期限から1週間経ったら連絡しようと考えていましたが、ちょうど週末があったので少々早いタイミングで確認を。

もちろん催促のタイミングに決まりはありません。

返信期限当日や翌日は『返信期限当日の投函』も考えられるので要注意。
まだ連絡はしない方が良いでしょう。

最低3日は様子をみることをオススメします。
どれだけ待ったとしても返信期限から1週間が良いと考えます。

どう伝える?催促のメッセージ

返信はがき&返事の催促はどのように伝えれば良いか悩みますよね。
私も実際に伝える際は迷いました。

返信が来ないゲストの方には、できるだけ丁寧に催促することが大切。

ただし、返信期限を過ぎているので丁寧になりすぎる必要はありません。
とはいえ、イライラをぶつけたり怒ってはいけませんよ。

以下のようなメッセージを電話やメール、LINEなどで伝えると良いでしょう。

メッセージ例

○○ちゃんから、まだ返信はがきが届いてないけど招待状届いてるかな?
正確な住所とかが必要だから、いそがしいところ申し訳ないけど返信はがき送ってね。

メッセージ例

すでに出してくれていたらごめんなさい。
まだ○○さんから招待状の返信はがきが届いていません。
会場側に至急連絡しないといけないので、出欠だけでも教えてください。

できるだけ返信はがきを

準備を先に進めるためには『出席』『欠席』どちらかわかれば大丈夫です。

ただし、できるだけ返信はがきを送ってもらうことがオススメ。

相手の名前や住所など、正しい情報があると『席札』や今後のお礼の際などに役立ちます。

『電話』だけのやりとりは、後々言った言わないになる恐れがあるので注意が必要。
理想は返信はがき、最低でもメール・LINEで出欠の確認をしましょう。

私は全員に電話し返信はがきをもらいました

私は返信がなかった3名のゲストに直接電話し、全員から返信はがきを送ってもらいました。

「結婚式の招待状送ったけど、もしかして届いてない?」

と伝えた段階で全員気がついたようで…。

返信はがきは催促から3日後には全て揃いましたよ。

まとめ

いかがでしたか。

結婚式招待状の返信期限の決め方と、期限を過ぎても返信がないゲストへの対応について解説しました。

新郎新婦側、ゲスト側、双方にとって無理のない返信期限を設けたいもの。
準備を順調に進めるためにも早めがオススメです。

また、ちょうど良い返信期限を設定した場合でも、いろいろ問題は起こります…。
そんなときは丁寧に対応しましょうね。

スポンサーリンク