◆ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています ◆

最近の結婚式お呼ばれでは『袖ありドレス』が人気。
『長袖』や『七分袖』などの『ワンピース』『パンツドレス』が定番のスタイルになっています。

「袖があるドレスをお呼ばれゲストが着ても良いの?」

なんて心配されている方も多いようですが大丈夫。
結婚式に『袖ありドレス』でお呼ばれしてもマナー違反ではありません。

以前と比べ、『袖ありドレス』の種類も増えてきました。
様々なメリットがある『袖ありドレス』は、結婚式にオススメのスタイルです。

もちろん、

「全ての『袖ありドレス』が大丈夫」

ということではありません。
結婚式お呼ばれならではの注意点もあります。

ということで今回は、『結婚式お呼ばれでの袖ありドレス』について解説。

  • 『袖ありドレス』のメリット
  • 覚えておきたい『袖ありドレス』のマナー
  • オススメの『袖ありドレス』&コーデ集

などをまとめて紹介します。


【「素敵だね」「似合ってるね」と言われたい!】
スタイリスト&ファッションアドバイザーなどの『専門家』が診断!
『パーソナルカラー』『骨格タイプ』『顔タイプ』で『似合うファッション』を明確に。

→ 便利なオンライン診断は『ココナラ』で。


掲載画像について

結婚式でのスカート丈は『ひざ下丈』など長めの丈がマナーです。
掲載画像ではモデルさんの身長等により『ひざ上丈』になっているものもあります。

あくまでも配色や小物との組み合わせといった、『コーディネートの参考』としてご覧ください。

マナーは大丈夫!『袖ありドレス』のメリット

最近の結婚式では、

  • 長袖
  • 七分袖
  • 半袖~五分袖

といった、『袖ありドレス』が人気です。
マナーも問題なしの『袖ありドレス』には、以下のようなメリットがあります。

肌の露出を抑えることが可能

『フォーマルウェア』には『時間』でのルールがあります。
結婚式が、

  • 午前中から18時(冬は17時)までであれば『昼の装い』
  • 18時(冬は17時)以降からであれば『夜の装い』

を着用します。

『昼の装い』では肌の露出を控えるのがポイント。
『袖ありドレス』は肌の露出を抑える意味でも最適なドレスです。

夜の結婚式にも

もちろん『袖ありドレス』は、夜の結婚式での着用もOK。
きらびやかな『アクセサリー』などで、華やかに演出すると良いでしょう。

羽織もの(ボレロ・ジャケット)が不要

日本の結婚式・披露宴では、昼でも夜の礼装である『ディナードレス』『カクテルドレス』を着用する習慣があります。

『カクテルドレス』は、夜の雰囲気に合うよう『肌の露出が多いデザイン』が特徴。
『ノースリーブドレス』などが一般的です。

『ボレロ』『ジャケット』をあわせるのは、

  • 『カクテルドレス』の肌の露出を抑え『昼の装い』とする

といった考えから。
『袖ありドレス』であれば、もともと肌の露出が控えめなので『羽織もの』が不要になります。

様々な挙式スタイルに対応可能

『キリスト教結婚式』などでは、教会内での過度な露出はNG。
ドレスによっては『ボレロ』『ショール』といった『羽織もの』が必要になります。

『長袖』『七分袖』といった『袖ありドレス』であれば大丈夫。
『羽織もの』が必要になるといった心配もありません。

神への尊敬の念から

教会内では『神への尊敬の念が表れていること』が第一とされ、『裸足』や『ショートパンツ』、『キャミソールスタイル』はマナーとして禁止されています。
このような理由から、結婚式でも肌の露出が少ないデザインの衣装を選ぶことが大切です。

『素敵だね』『似合ってるね』って言われたい

スタイリスト&ファッションアドバイザーなどの専門家が診断!
『パーソナルカラー』『骨格タイプ』『顔タイプ』で、あなたに『似合うファッション』が明確に。

便利なオンライン診断は『ココナラ』で。

ココは守る!『袖ありドレス』のマナー

結婚式お呼ばれにオススメの『袖ありドレス』ですが、以下のポイントには注意しましょう。

お呼ばれドレスの基本マナーは守る

結婚式へのお呼ばれですから、最低限のマナーを守ることが大切。

  • 新婦の色である『白』のドレス
  • 派手・奇抜なデザインのドレス

などは基本NG。
主役の新婦より目立ってはいけません。

また『袖あり』だけど、

  • 袖以外の肌(背中・太もも)などが大きく露出している

といったドレスも選ばないようにしましょう。

結婚式のお呼ばれでは『スカートの丈』に注意

以前と比べ『袖ありドレス』の種類はとても増えています。
特に、ドレス購入時やレンタルドレスを借りる際に注意したいのが『スカートの丈』。

結婚式のお呼ばれゲストは、

  • 長過ぎる丈のドレス(ヒール丈・フロア丈)
  • 短すぎる丈のドレス

などはNG。
長くても『くるぶし』程度、短くても『膝』が隠れるくらいの『スカート丈』がオススメです。

お呼ばれドレスの『スカート丈マナー』については、『結婚式お呼ばれドレスのスカート丈マナー!短い?長め?正解の丈とは』という記事で詳しく解説しています。
ぜひ参考にしてください。

羽織ものをプラスしてもOK

基本的に『羽織もの』が不要となる『袖ありドレス』。
もちろん『羽織もの』をプラスしたからといってマナー違反になることはありません。

もし『羽織もの』をプラスするのであれば、

  • ストール・ショール
  • 長袖の羽織もの(ドレスの袖丈よりも長い)

などがオススメ。
『長袖のドレス』に『半袖ボレロ』をあわせると、『ちぐはぐ』な印象になりますので注意しましょう。

夏の結婚式に『袖ありドレス』はアリ?

『長袖』『七分袖』のお呼ばれドレスは、基本的に防寒が目的ではありません。
夏の結婚式に招待された場合でも『礼装』としてオススメのドレスです。

結婚式・披露宴が行なわれる会場は『空調設備』が整っているもの。
どうしても気になる場合は、

  • シフォン
  • レース
  • オーガンジー

など、涼しげな素材の『袖ありドレス』を選ぶと良いでしょう。

『素敵だね』『似合ってるね』って言われたい

スタイリスト&ファッションアドバイザーなどの専門家が診断!
『パーソナルカラー』『骨格タイプ』『顔タイプ』で、あなたに『似合うファッション』が明確に。

便利なオンライン診断は『ココナラ』で。

最近のトレンド!オススメの『袖ありドレス』&コーデ集

『袖ありドレス』は結婚式へのお呼ばれに最適な装い。
最近は様々なデザインの『袖ありドレス』が増えています。

つづいては、結婚式にオススメの『袖ありドレス』&参考コーディネートを紹介。
あなたにピッタリの装いで結婚式を楽しみましょう。

20代・30代の女性にオススメ

20代・30代の女性には、

  • 『華やかさ』&『可愛らしさ』
  • 『華やかさ』&『大人っぽさ』

といった雰囲気を楽しめる『袖ありドレス』がオススメ。
『バッグ』『アクセサリー』などを上手に活用して、あなたらしさを演出しましょう。

参考画像:ピンクベージュの七分袖ドレス

参考画像:ラベンダーカラーの五分袖ドレス

参考画像:ブルーグレーの五分袖ドレス

40代・50代以上の女性にオススメ

40代・50代以上の女性には、

  • 新郎新婦との関係性を考えた装い
  • 落ち着いた印象の装い
  • エレガントで品格のある装い

などが求められます。
『華やか』で且つ、上品な雰囲気を楽しめる『袖ありドレス』がオススメです。

参考画像:ダークグレーのスリット袖ドレス

参考画像:アーミーカーキカラーの五分袖ドレス

参考画像:ネイビーのシャーリング袖ドレス

カジュアルな結婚式・二次会にオススメ

『袖ありドレス』は、

  • カジュアルな結婚式
  • 結婚パーティー
  • 二次会

でも大活躍するアイテム。
このようなパーティーに招待された場合は、

  • パンツドレス
  • 個性的なワンピースドレス

といった『袖ありドレス』がオススメです。

参考画像:ネイビーの長袖ワイドパンツドレス

参考画像:ダークブラウンの長袖ドレス

フォーマルな印象に!『黒』の袖ありドレス

結婚式のお呼ばれで人気のドレスカラーといえば『黒』。
最近は『黒』の袖ありドレスも増えています。

『黒』のお呼ばれドレスを着る際は、

  • 黒一色のコーデにしない
  • 華やかさを心がけたコーデにする

など、『喪』の印象にならないよう注意しましょう。

参考画像:黒の七分袖ジャガードレースドレス

参考画像:黒の長袖チュールレイヤードドレス

『素敵だね』『似合ってるね』って言われたい

スタイリスト&ファッションアドバイザーなどの専門家が診断!
『パーソナルカラー』『骨格タイプ』『顔タイプ』で、あなたに『似合うファッション』が明確に。

便利なオンライン診断は『ココナラ』で。

初めての『袖ありドレス』はレンタルがオススメ

結婚式でのドレス選び・コーディネートは面倒なもの。
初めて結婚式にお呼ばれする方は特に悩むのでは。

  • コーディネートに自信がない
  • 「いつも同じドレスを着てる」って思われたくない
  • いろいろなデザイン・ブランドのドレスを着てみたい

という方には、料金もお得な『レンタルドレス』がオススメ。

「オシャレだね」
「似合ってるね」

と言われる素敵なドレス&スーツが見つかりますよ。

おしゃれコンシャス

業界最大級のレンタルドレスショップ『おしゃれコンシャス』。
有名ブランドのドレスなどが、『6泊7日2,900円~』というお手軽料金でレンタルが可能。
ドレスセットも充実しているのでコーディネートに自信がない方も安心です。
レンタルドレスはおしゃれコンシャス

Cariru

結婚式や二次会に便利なドレスレンタルショップ『Cariru(カリル)』。
新作ドレスからハイブランドドレスまで、常時3,500点以上がラインナップ。
週末はもちろん平日もレンタル可能で、2泊3日から長期レンタルまで対応しています。
ドレスレンタルショップ Cariru

ワンピの魔法

20代から60代を中心に13万人以上が利用!レンタルドレスの『ワンピの魔法』。
レンタル日程は『土日・祝日3泊4日』、料金は一律『5,980円』の簡単&便利なシステム。
わかりやすい商品紹介&たくさんのコーデ画像など初めての方でも安心です。
→ レンタルドレスのワンピの魔法

まとめ

ということで今回は、『結婚式お呼ばれでの袖ありドレス』について解説しました。

結婚式へのお呼ばれで『袖ありドレス』を着用しても大丈夫。
基本的な結婚式での『服装マナー』さえ守れていれば何も問題ありません。

『袖ありドレス』には、

  • 肌の露出を抑えることが可能
  • 羽織もの(ボレロ・ジャケット)が不要
  • 様々な挙式スタイルに対応可能

など様々なメリットがあります。

特に初めて結婚式にお呼ばれする女性には最適なドレス。
あなたらしいドレスで結婚式を楽しみましょう。

『素敵だね』『似合ってるね』って言われたい

スタイリスト&ファッションアドバイザーなどの専門家が診断!
『パーソナルカラー』『骨格タイプ』『顔タイプ』で、あなたに『似合うファッション』が明確に。

便利なオンライン診断は『ココナラ』で。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。