結婚式を検討中のカップルのお二人。
準備を始めるにあたり、どんな『結婚式』をイメージしていますか。

最近は結婚式のスタイルも豊富。
格式高い結婚式、カジュアルウェディング、1.5次会、結婚パーティーなど様々です。

いろいろな結婚式のスタイルがあり過ぎて、

「そもそも結婚式って何?」
「披露宴と結婚パーティーは何が違うの?」
「1.5次会や二次会って何?」

など、気になっている方も多いのでは。

ということで今回は、『結婚式とは何ぞや』といった疑問を解決。

挙式や披露宴、結婚パーティー、二次会など、それぞれの内容や違いについてまとめて紹介します。

スポンサーリンク

結婚式とは、結婚を誓う『儀式』

そもそも結婚式とは何でしょう…。

国語辞典などを調べると次のように記載されています。

神仏あるいはしかるべき人々の前で結婚の誓約をする儀式。

つまり結婚式とは、カップルの二人が結婚を誓う『儀式』のこと。
言葉の意味としては、『挙式』のことを結婚式と呼ぶのが正式です。

結婚式のイメージは人それぞれ

日本では、挙式と披露宴をまとめておこなうことが一般的です。
なので結婚式と聞くと、『挙式+披露宴』をイメージする方が多いのではないでしょうか。

本来の意味では『挙式』=『結婚式』ですが、最近は結婚式のスタイルも様々。
『挙式だけ』や『挙式+披露宴』はもちろん、『披露宴だけ』『食事会・パーティーだけ』などもあります。

その形式は違えど、全て『結婚式』で間違いありません。
結婚式のイメージやスタイルは、カップルや両家の考え方で異なるものです。

    披露宴とは?挙式との違い

    正式には『挙式』=『結婚式』ですが、日本では『挙式+披露宴』=『結婚式』が一般的です。

    結婚式をイメージする『挙式』と『披露宴』ですが、その内容は全く異なります。
    つづいては、『挙式』と『披露宴』の違いについて解説します。

    挙式とは

    『挙式』とは、冒頭でも紹介したとおり『結婚を誓う儀式を挙げること』。
    つまり『結婚の儀式』=『挙式』と考えて間違いありません。

    『挙式』は、カップルである二人が、これからの将来を共に支えあって生きていくことを誓う大切な儀式です。
    主な挙式スタイルは4つあり、結婚を誓う相手が異なります。

    教会式(きょうかいしき)

    『キリスト教式』とも呼ばれる『教会式』。
    イエス・キリストと会衆の前で結婚の誓いを交わします。

    主な挙式場は、教会やブライダルチャーチ、ホテル・結婚式場に併設のチャペルなど。
    愛の証に指輪を交換する儀式がおこなわれます。

    神前式(しんぜんしき)

    神社など『神殿』にて神々に結婚を誓い、三三九度の杯を交わします。

    主な挙式場は、神社やホテル・結婚式場に併設の神殿など。
    『家』と『家』のつながりを重視するため、挙式への列席は親族のみが基本です。

    仏前式(ぶつぜんしき)

    仏や先祖に結婚を誓うのが『仏前式』。

    主な挙式場は、寺院や自宅、一部のホテル・結婚式など。
    最近は少なくなっている挙式スタイルです。

    人前式(じんぜんしき)

    親族や友人など、参列者全員の前で結婚を誓うのが『人前式』。
    形式にとらわれず、自由なスタイルなのが特徴の挙式です。

    主な挙式場もレストランやホテルなど様々。
    「二人らしい挙式にしたい」と考えるカップルに人気がある、最近注目の挙式スタイルです。

    披露宴とは

    結婚式と聞いて『披露宴』のことをイメージする方も多いのではないでしょうか。

    披露宴とは、文字どおり『披露する宴』。
    新郎新婦が、友人や親せきなど、これまでお世話になった方々を招いて、結婚した旨を披露する宴会のことです。

    厳かな雰囲気の『挙式』とは異なり、披露宴はどちらかというと楽しいイメージ。
    美味しい食事を食べながら、新郎新婦ならではの演出や、ゲストによるスピーチ・余興などを楽しむ宴が披露宴です。

    披露宴と結婚パーティー・二次会の違い

    披露宴のスタイルも最近はカジュアルな傾向に。
    結婚(披露)パーティーや1.5次会と呼ばれる宴も増えています。

    結婚パーティーとは

    『結婚パーティー』は、

    「披露宴よりはカジュアルで、二次会程くだけていない」

    といった、中間的なお披露目パーティーのこと。
    『披露パーティー』や『1.5次会』とも呼ばれます。

    • 親族のみで海外挙式をしたけど、親しい友人にあらためて報告したい
    • 結婚式・披露宴に招待できなかった方々に結婚した旨を披露したい
    • 堅苦しさのないアットホームな結婚パーティーをしたい

    といったカップルに人気のスタイルです。

    自由度が高い結婚式スタイル

    『結婚パーティー』『1.5次会』は、新郎新婦オリジナルの結婚式にできることが魅力的。

    • ご祝儀制ではなく会費制にする
    • コース料理ではなくビュッフェスタイルにする
    • 着席形式ではなく立食形式にする

    など、自由度の高いウェディングスタイルが可能です。

    二次会との違いは?

    基本的に『二次会』とは、最初の宴会が終わった後に、再度催す宴のこと。
    『結婚式二次会』は、挙式・披露宴の後におこなわれるパーティーを指します。

    先ほど紹介した『結婚パーティー』や『1.5次会』と似ていますが、よりカジュアルな雰囲気なのが特徴。
    また新郎新婦が依頼した友人などが幹事を務め、パーティーを進行していくのが一般的です。

    『結婚式二次会』は、ゲストが中心となって新郎新婦をお祝いすること。
    準備や会計、司会進行、余興やゲームなどを幹事が取りまとめ、新郎新婦を祝福するのが目的のパーティーです。

    幹事代行サービスも

    最近は結婚式二次会の幹事代行サービスも多数。
    「友人に負担を掛けたくない」と考える新郎新婦に人気があります。

    おすすめ記事(一部広告を含む)
    スポンサーリンク